2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Lachenmann/ラッヘンマン 

1 :7分74秒:2007/12/25(火) 01:05:19 ID:QLXlvi3I
聖なる夜はやっぱマッチ売りの少女だろ


ってスレないのかよ! てめーら正気か?

しゃーねえ、  ラッヘンマン聞き始めて三日目の俺がたてちゃる

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_m?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=lachenmann
HMV
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?target=MUSIC&category=1&adv=1&keyword=lachenmann


さあ、このマッチの灯し火が消えないうちに語れ

2 :7分74秒:2007/12/25(火) 02:52:05 ID:dUYpKWCo
ポスト・シュトックハウゼン。
すでにスター作曲家。
作曲科の先生辞めてフリーになったら収入が倍になったとか?
現在アメリカのハーヴァード大学で高収入で客演教授しとる。
これはシュトックハウゼンがやっていたポスト。

3 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:10:04 ID:QLXlvi3I
あ そーなんだー

>>すでにスター作曲家

そーだよね〜  各地でテーマ作曲家に取り上げられたみたいだし
2009年には武満徹作曲賞審査員やるらしい

オレが入手したのECMのマッチ売りとardittiの弦楽四重奏なんだけど
弦楽四重奏きいたときちょっと衝撃的だった 

特殊奏法デハートって言うけど非常に有機的に機能していて自然に音楽に溶け込んでるって感じ


来年一月にardittiで弦楽四重奏1〜3まで出るみたいだし非常に楽しみ


4 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:19:07 ID:dUYpKWCo
ヘルムートの作曲審査はおかしな曲しか選ばないよ。
頼まれたらやるけど責任は持たないといっている。
もちろん調性・メロディー・リズム・動機展開・クライマックス・オクターヴ・繰り返しは問題外。
図形楽譜や偶然性も好きでない。

SQは結局第二番が一番いいね。
3番は付けたしって感じ。

5 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:39:12 ID:QLXlvi3I
きびしい笑
そうなんですか かなりの変態ですね

6 :7分74秒:2007/12/25(火) 03:58:27 ID:4stHAFun
>>3
>特殊奏法デハートって〜
そりゃ70年代までのいくつかの曲の特徴だもの。
例えば、pression、gran torso、gueroなど。


7 :7分74秒:2007/12/25(火) 04:06:37 ID:QLXlvi3I
wikiにも書いてあったんだけど一番過激な時に比べ学習しやすくなった、
というか特殊奏法詰め込むこと自体が彼の一時の作風の特徴だったということ?

というと最近の彼の作風の特徴どんなんでしょ?

8 :7分74秒:2007/12/25(火) 05:19:45 ID:dUYpKWCo
ペンデレツキがあの「広島」などでの凄い特殊奏法やめたので、
ラッヘンマンが出て来やすくなった。
彼の場合は普通の楽器で鳴る音自身が「退屈」を引き起こすため原則として使えなくなった。
曲の構造も従来のやり方だとその繰り返しになり「退屈」になるので、
全部否定して新しく音楽を考え直した。
その結果出てきたのが和声法でも対位法でもない得体の知れない形式。
名前はまだ付いてない。
ラジカル変容法とでも言っておこうか?
彼のような特殊奏法はよほど楽器に精通してないと使えない。
楽器奏者よりも遥かにすべての楽器を知ってないと思い通りの音が出てこないよ。
演奏の制限が無数にある。
特殊奏法そのものが彼の作曲技法で極めて高度なもの。
日本の音大であそこまで教えられる作曲家はいないと思う。
ヴァイオリンとかピアノは進化しつくしたので、
重箱の墨のような特殊奏法も立派に学問体系として成り立つのがミソ。
何でも出来るアンサンブル・モデルンのメンバーも彼らよりも知っているのでびっくり。
最近の彼はもう新しい境地は出てこないね。
もうあの手法で円熟の境地に達したとでも言うべきか?



9 :7分74秒:2007/12/25(火) 08:20:40 ID:QLXlvi3I
ほえー

10 :7分74秒:2007/12/25(火) 10:27:26 ID:9yk3A92Z
昔むかし、どんな変なの聞いても逃げなかったうちの猫タンが、ラッヘンマン聞き出した途端に、飛んで逃げてった

11 :7分74秒:2007/12/25(火) 17:41:09 ID:FBbGslMI
>>8
楽器の機能、というものを無視しているから演奏家では思いつかないんだと、グラーツ音大の某教師は笑って言っていたよ。
ラッヘンマンは楽器を熟知しているわけではなく、それを全く違うものだと考える事で様々な特殊奏法を生み出した。だから、説明がうまいわけ。もちろん、楽器の基本的な構造や発音原理を知った上での話だけれど。
ラッヘンマンは特殊技法を特殊に使って、特殊な音響を生み出す事に興味があるわけだから、通常の楽器法やら形式に難色を示すのも理解できる。
へたしたら楽器の機能をそこなう特殊技法を多用するのもそのせいだろう。

シャリーノみたいに、自分が出したい音を出す手段として特殊奏法使う人とは根本から違うわけだよね。


12 :7分74秒:2007/12/25(火) 18:40:47 ID:upJJ9UZ1
彼自身は自宅に安ヴァイオリンなどを持っていて、
自分でいつも特殊奏法探してますね。
それで曲を書いて音の出し方をいちいち指揮者と奏者に教え込む。
楽器が完成しているので特殊奏法の音は世界共通。
そこが毎年改良されるエレクトーンと違うところ。


13 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:27:51 ID:VKBxFGCQ
>>曲の構造も従来のやり方だとその繰り返しになり
kwskプリーズ
反復進行のこと??セリー主義者たちは反復進行は絶対しなかったらしいけど

14 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:29:10 ID:VKBxFGCQ
すまん
>>8 ね

15 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:35:33 ID:7tKp4532
クラリネットのリードを噛んで雑音をたてるとか
そんなのに何の価値があるの

16 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:46:23 ID:b9f3jNpS
「クラリネットのリードを噛んで雑音」は独特の雑音が出る。
それを音楽の素材に使えば響きが新しくなり、
素材そのものの退屈さからは開放される。

彼の繰り返し概念はすべてを含む。
セリエル的パラメーター、構造、歴史的認識、オクターヴ、楽器法など。
独特のポリフォニー音楽を書いただけで、
それは過去のポリフォニー音楽の繰り返しでマンネリ化に過ぎない。
オクターヴしかり。
Beethovenの繰り返し。
彼に反復進行はもちろん存在しない。
チェロとホルンのユニゾンは伝統的管弦楽法の繰り返し。
イサン・ユンでさえ禁止している。
例えばトランペットの弱音器フラッターツンゲと、
チェロのフラジオレットのトラット・トレモロのユニゾンだったら許容される。
そういう意味。

17 :7分74秒:2007/12/26(水) 02:54:38 ID:VKBxFGCQ
おー さんくす(ほんとは昨日の朝投稿したかったんだけど制限でできんかった)
要するに過去に常用化されてたテクニックだとか観念自体を否定したってわけか

18 :7分74秒:2007/12/26(水) 03:01:21 ID:7tKp4532
それは何年前の話だ

19 :7分74秒:2007/12/26(水) 03:10:57 ID:VKBxFGCQ
それを非生産的な不毛なことと捉えるマンネリズムとする独特の美学
そして「かれの考えるマンネリズム」に対する徹底的な忌避

ちょっとこの姿勢に軽く衝撃

20 :7分74秒:2007/12/26(水) 06:15:14 ID:b9f3jNpS
ダルムシュタットに行ってみな、今でも通用するから!

21 :7分74秒:2007/12/26(水) 18:13:59 ID:PWE3tG95
OKベイビー

22 :7分74秒:2007/12/26(水) 22:08:18 ID:Es4FASsL
ドナウエッシンゲンでも良いとも!

23 :7分74秒:2007/12/27(木) 00:35:29 ID:qa4H3vaM
どっちでも通用してないと感じるがね。
確かに、マニアから見ればクールなんだろうけど実際の聴衆の反応を見る限りでは…('A`;)

24 :7分74秒:2007/12/27(木) 01:29:23 ID:5H2XfK0Q
確かに繰り返しがないので彼の音楽の理解は難しい。
「マッチ売り」も聞き込んで行ったが実演ではノーノのようにきつかったし、
途中で数人は出て行った。
じゃ認められていないのかというと、
実際に何を上演するか決める人は違う意見を持っている。
重要なのは衆愚な民主的な投票で決めるのではないということ。
専門家だけがその権限を持っているということだ。
なぜこういった曲が未来に認められるのかというと、
過去のクラシック音楽がみんなそうだったからそうなるであろうという予測に基づく。
日本は聴衆の反応を見て上演曲を決めるが、
ヨーロッパはそれ専門のドラマトゥロギーが一つのオペラハウスで数人はいて、
常に議論して決めている。
上演されれば次の日以降に批評が「地方紙」に出るし音楽雑誌にも書かれネットにも出る。
放送局もしかり、指揮者はこういうものを振れるという実績がないと放送響の常任は難しい。
また聴衆の反応に関係なく同じ曲でも演奏家を換え、場所を換え、ドラマトゥロギーを換え何度も演奏して試すわけだ!
CDもしかり。
「マッチ売り」だけで2枚目だろう。
これが「タブロー」や「塵」・「終止音」になると数枚は出ている。
WergoやKairosなんかは公的な補助で作っているらしい。
現代音楽専門のCDだけでやっていけるわけがないから。
売れるのは97%日本の顧客のみ。
音楽大学の作曲科でもゼミなどで何回もアナリーゼされる。
時には本人をゲストで呼んで説明させ質問する。
ドイツの音大はどこでもこういうことはやっているしそのための予算も十分にある。
また同様に楽譜やCD・本もそれぞれの市立図書館においてあって誰でも借りられ公開される。
こういう仕組みが出来上がっていて初めて曲は再演に再演が重ねられる。
それがFM放送でも何回もかけられるわけだ。
「マッチ売り」だけでSWRは3回ぐらいFMでOn・Airしたと思う。
ハンブルクとシュトットガルトとバーデン=バーデンの演奏。
TVでは全部見てないがそのインタビューを数回やったと思う。
そして最終的に残されるわけだ。
日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

25 :7分74秒:2007/12/27(木) 01:42:05 ID:cYE9kslb
ほえー
やるねーヨーロッパ

26 :7分74秒:2007/12/27(木) 05:53:49 ID:5H2XfK0Q
日本の「マッチ売り」はあれが最初で最後であろう。

27 :7分74秒:2007/12/27(木) 07:03:30 ID:cYE9kslb
なんで?
例の演奏会バージョン?

28 :7分74秒:2007/12/27(木) 13:24:25 ID:8txPEVl0
>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。



>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

29 :7分74秒:2007/12/27(木) 15:04:18 ID:rg7e9MQo
>>24
おいおい ドラマトゥロギー ってなんだよ 情けな・・・

30 :7分74秒:2007/12/27(木) 18:04:02 ID:qa4H3vaM
>>24って、何かいけない薬やってるか、いけない妄想に取りつかれてるかのどっちかだよね。

31 :7分74秒:2007/12/27(木) 18:13:02 ID:HMU5Zwth
ドラマトゥロギー:舞台演出法を考える人のこと

32 :7分74秒:2007/12/27(木) 21:05:40 ID:8txPEVl0



>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。

>売れるのは97%日本の顧客のみ。



>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。

>日本もこのような現代曲を残す仕組みが是非欲しい。




33 :7分74秒:2007/12/27(木) 21:50:11 ID:cSCNy/po
>WergoやKairosなんかは公的な補助で作っているらしい。
>現代音楽専門のCDだけでやっていけるわけがないから。

これは必ずしもそうではないようだ。
ヨーロッパではかえってクラシックのCDが売れない、
アンサンブル・ルシェルシュなんかはコンサートを開くたびに
自分のとこのCDを全部持ってってせっせと売り、
その売り上げが結構馬鹿にならないらしい(3年くらい前に聞いた話)。

34 :7分74秒:2007/12/27(木) 22:18:45 ID:8txPEVl0
ジャズとノイズとクラとゲソに関しては、日本人が買わなくなったら確実にマーケットが壊滅する。
幸い日本の景気はどんどん悪化しているので、ゲソのCDは全て廃盤になれ。新譜も出すな。

35 :7分74秒:2007/12/28(金) 00:52:26 ID:cwJKtVba
やっぱり病気の人だ。

36 :7分74秒:2007/12/28(金) 01:11:42 ID:jfjPmUYV
>>34
そんなに日本人しか買ってないの?
日本てそんなに大きなマーケット?にわかに信じられん

37 :7分74秒:2007/12/28(金) 01:25:57 ID:kXQ8r9dA
ヨーロッパではしょっちゅうラッヘンマンは直に生で聞けるし直に会えるし、
ラジオでもいつでも流すし、
CDが聴きたけりゃ近くの音楽図書館でいくらでも貸し出してくれる。
売ってもいるけどよほど安くないと買いたくないなあ!

38 :7分74秒:2007/12/28(金) 02:22:57 ID:jfjPmUYV
うらやましい。。

39 :7分74秒:2007/12/28(金) 06:25:22 ID:cwJKtVba
>>37
ヨーロッパ在住わりと長いけど、みんなCD買ってるよ?
値段は日本とあまりかわらないけど。

40 :7分74秒:2007/12/28(金) 06:56:51 ID:kXQ8r9dA
全然ないわけではないが買わないなあ。

41 :7分74秒:2007/12/28(金) 07:12:13 ID:jfjPmUYV
色々いるようですねえ
音楽図書館でCD貸し出しできるの?はいいなあ


42 :7分74秒:2007/12/28(金) 18:16:13 ID:xO088prH
東京の区立図書館もそうでしょう?
ラッヘンマンがあるのかどうかしらないけれども。

43 :7分74秒:2007/12/28(金) 19:04:22 ID:cwJKtVba
大学の図書館いけば持ち出しは不可能でも、録音は可能。

44 :7分74秒:2007/12/28(金) 22:47:34 ID:jfjPmUYV
うん 
けど学外の場合はむりっしょ?
学校はコピー禁止してる


45 :7分74秒:2007/12/28(金) 22:50:47 ID:xO088prH
貸しCD屋だったらコピー可能かも?
国立音大なんか学外生にも貸してくれるね。

46 :7分74秒:2007/12/28(金) 23:06:11 ID:SCBH1a/d
違法コピーについて語るスレですか?

47 :7分74秒:2007/12/29(土) 06:19:49 ID:lK6afZIZ
そうです。

48 :7分74秒:2007/12/30(日) 06:36:08 ID:LKT2gv1H
『ワルシャワの秋』でルペルト・フーバー指揮のSWRオケでラッヘンマンの日本で初演した「Schreiben」がポーランド初演。
残る曲というのはこのようにいろいろな演奏家によって世界を一回りする。

49 :7分74秒:2007/12/30(日) 06:55:41 ID:Zo1ct26q
んだんだ
この人の曲の中で最も熱いやつって何?
うわさではマッチ売りの少女以外にもう一つオペラ作品あるらしいけど

50 :7分74秒:2007/12/30(日) 07:50:39 ID:EEWKiIOQ
>>49
個人的にはコントラカデンツが一番熱い。

51 :7分74秒:2007/12/30(日) 14:20:43 ID:CWheR8nd
まー「セミナーで信者増やして権力握れば評論家も聴衆もお金もついて来る」という伝統芸の一ページであることは確かだな

52 :7分74秒:2007/12/30(日) 18:25:29 ID:PDXrn7WS
オペラはもう書かないだろう。

「セミナー」は自分の作曲法を確信するために必要。
どんどん質問させて批判させて、それに確実に答えれば相手も納得してくれる。
日本人はこれやらないだろう?
だから日本人作曲家は不信感の塊なのさ。
誰も信用しないからせいぜい初演だけで消え去る。

53 :7分74秒:2007/12/30(日) 19:27:25 ID:QVPK6NG1
言葉の意味通りの「セミナー」であればね。
実体は政治家の「セミナー」と同じになってしまっている。

54 :7分74秒:2007/12/30(日) 23:57:10 ID:NPudAhli
>>53
あなたはラッヘンマンの「セミナー」に参加したことがある?

55 :7分74秒:2007/12/31(月) 05:57:35 ID:6CkLrqhF
ラッヘンマンはフーバーやシュトックハウゼンのように個人的に音楽政治にかかわるのが大嫌いだ。
だから誰にも自分の曲をやってくれとか一切言わない。
自分の音楽の防衛のためにだけセミナーで答える。

アンサンブル・モデルンから広告が来た。
また「終結音」と「ヌン」の新録音だって。
54分45秒、41分18秒。
ステンツ指揮のあそこのオケ。
この人同じ曲でもいろいろなオケの録音がありすぎて全体がつかめない。

56 :7分74秒:2007/12/31(月) 21:12:17 ID:nu/HATUI
>>54
どんな感じだった?

57 :7分74秒:2007/12/31(月) 21:52:51 ID:lKCtRLvj
彼ほど長くダルムシュタットに来た人はいない。
宿敵の質問にも的確に一言で答えると場内はみんなシーン!
決しておっかない人ではないが、
音楽論になると泣く子も黙るぐらい説得力があった。
言うことがすべて正しく思わされるのはウォルガング・リームと似ている。

自分の曲は演奏家に押し付けないで、
自然に興味を持って勝手に演奏してくれるのを待っていた。
彼のところに今度演奏するんだけど特殊奏法などどうしてやるのかわからないと聴きに行くと、
レッスン料なしで丁寧に詳しく教えるので演奏家から喜ばれている。
時には自宅まで呼んでレッスンしてくれて、
最後に菅原さんの自慢のシャブシャブを食わせて返してくれる。

58 :7分74秒:2007/12/31(月) 22:25:05 ID:nu/HATUI
>>菅原さんの自慢のシャブシャブ
なんすかそれ!笑

へ〜
あんさん楽器奏者とお見受けしますがやはりどうですか?
あんさんから見て自分の専門楽器についてもラッヘンマンは相当わかってる感じですか?
それとも時に見当違いなこと言う?

59 :7分74秒:2008/01/01(火) 07:07:32 ID:6ScI77mk
今のピアニストの奥さんはシャブシャブを作るのが上手い。
それで本人もいちころとなって前のドイツ人の奥さんを捨てた!

この話はアンサンブル・レッシェルシェやアンサンブル・モデルンのメンバーから聞いた話!

60 :7分74秒:2008/01/01(火) 10:19:43 ID:g6pW0ff7
それは違うシャブシャブが上手かったからだと思われ…ジュポ…んっ…ジュル…。

61 :7分74秒:2008/01/01(火) 13:34:55 ID:YbcNrOHo
いいえ、ノーパンしゃぶしゃぶです。

62 :7分74秒:2008/01/01(火) 13:39:01 ID:Rm6ZlfP0
ラッヘンマンはアレグロソステヌートみたいな曲が似合ってると思うのだけれど。

63 :7分74秒:2008/01/01(火) 18:43:18 ID:eBbVOsvv
61:夫のラッへンマンの監視が行き届いているので、
菅原さんはそこまでは出来ないでしょう。
それにしても二人の娘の綺麗なこと綺麗なこと!

64 :7分74秒:2008/01/02(水) 02:57:19 ID:Rj4cweBI
何歌ってもテクノじゃけえとか言ってるのがいいんじゃん。
のっちとかしゆかはテクノじゃないのに気づきつつあるけど
あ〜ちゃんはまじでテクノだと思ってる。

65 :7分74秒:2008/01/02(水) 02:58:32 ID:Rj4cweBI
何でもいいんだよ。
本人たちはテクノっつってんだから。
あ〜ちゃんは一生テクノやってくって宣言してるんだから
演歌歌ってもテクノなんだよ。

66 :7分74秒:2008/01/02(水) 17:52:35 ID:L9un0jpV
テクノなのはシュトックハウゼンだろうぞ。

67 :7分74秒:2008/01/02(水) 20:49:21 ID:9/dJ8raw
さっきからお前ら何の話してるんだ?

68 :7分74秒:2008/01/02(水) 22:59:36 ID:L9un0jpV
ラッヘンマンの電子音楽?

69 :7分74秒:2008/01/02(水) 23:08:46 ID:9/dJ8raw
本人電子音楽作品とかあるの?

70 :7分74秒:2008/01/02(水) 23:43:31 ID:L9un0jpV
ゲントで作った一曲だけ!
永遠に未発表。

71 :7分74秒:2008/01/03(木) 21:21:45 ID:dnrJYrXJ
菅原とは別れたと聞いていたが、より戻したのか?

72 :7分74秒:2008/01/03(木) 23:12:58 ID:6aekJbU8
イタリア以外にレオンベルクにも住んでいると去年言っていたので、
ヘッヒンゲン以外泊まるところはないはずだから別れていない。

73 :7分74秒:2008/01/05(土) 05:36:26 ID:ADJXFTIW
取り敢えず、新譜が楽しみだな。

74 :7分74秒:2008/01/05(土) 05:59:16 ID:c8HDUvPK
でも昔の曲の演奏家を換えての再録音よ。
この人ほど初演よりも再演ばっかしが多い人はいない。

75 :7分74秒:2008/01/05(土) 18:50:52 ID:ADJXFTIW
>>74
むしろ、そっちのほうが正常なんだがな。


76 :7分74秒:2008/01/05(土) 20:36:26 ID:2PRIH/1a
>>70
「ヘント」だろ

77 :7分74秒:2008/01/05(土) 20:44:53 ID:GZyVWSVq
昔見つけたが全然完成しない。
h ttp://www011.upp.so-net.ne.jp/saisourou/lachenmann/top.html

78 :7分74秒:2008/01/05(土) 23:13:13 ID:BOHZibQX
76 :スペインじゃなくベルギーだから「ゲント」だろう。?

79 :7分74秒:2008/01/08(火) 13:29:33 ID:3ov8445h
>>78
ふらまん語読みでヘント フランス語読みでガン だ

80 :7分74秒:2008/01/08(火) 17:55:15 ID:BbP+yzjG
あそこはフラマンかフランスか?

81 :7分74秒:2008/01/09(水) 00:53:49 ID:3VTRlux8


この人の作品でどこら辺がいちばんおもしろい?
いくつかあげてもらえるとうれしい
こんど少ないCD予算から買おうと思ってるんで参考にしたい



82 :7分74秒:2008/01/09(水) 01:52:41 ID:cKNe50a5
CDにはないが「ハルモニカ」や「アカント」などの協奏作品が面白い。
「ファッサーデ」や第二SQなんかも悪くない。
合唱曲の「慰め」I,II,IIも加えておこう。

83 :7分74秒:2008/01/09(水) 11:25:54 ID:7qJXxdKI
ハルモニカってCD無かったっけ?どっかで聴いた覚えが…。
ECMから出てる白いアルバム(Movementとか入ってるやつ)や、KAIROSから出てる緑のアルバム(コントラカデンツ入ってるやつ)あたりを買えば大体の傾向はわかると思う。個人的にはアレグロソステヌートとか、好きだけど。
弦四も全集出るし、コルレニョから出てる入門盤みたいなやつもあるし、自分が好む編成から選ぶのも乙な気がする。

84 :7分74秒:2008/01/09(水) 17:07:11 ID:3VTRlux8
>>82 >>83
サンキュー
参考になりますた

85 :7分74秒:2008/01/09(水) 17:19:07 ID:OsGYwrsE
accantoだってCD音源はあるよ。でも、入手困難。

86 :7分74秒:2008/01/09(水) 17:57:29 ID:g3ghMlKo
Accantoは初演以来かなり録音されたね。

87 :7分74秒:2008/01/09(水) 20:17:05 ID:2XEEcDfX
>>86
録音が多いのは、Allegro Sostenutoで、Accantoの録音は1つだけ。
Metz音楽祭のコンピのみ。

88 :7分74秒:2008/01/09(水) 23:43:12 ID:g3ghMlKo
レコード時代のブルンナーとツェンダーのでしょう?
SWRもAccantoは録音しているはずです。
いつかCDで出てくるかもしれません。

89 :7分74秒:2008/01/10(木) 00:05:21 ID:AXADD2eb
他は知らないがザール放送とSWRの録音が少なくともあるはず。

90 :オスのさが:2008/01/12(土) 02:01:10 ID:x2REMvmk
>>69>>70
おまいら!ついに彼の電子音楽が!?
http://www.subrosa.net/index_fr.htm

91 :オスのさが:2008/01/12(土) 02:07:58 ID:x2REMvmk
ごめん、詳細はこちら。これは楽しみ!!!
Helmut Lachenmann - Scenario (1965) 12'30
IPEM-Studio Gent
http://www.posteverything.com/releases/23680

92 :7分74秒:2008/01/12(土) 02:14:34 ID:5LqfXrI8
電子音楽ヲタのDTMERきめえ
死ねよ

93 :7分74秒:2008/01/12(土) 02:18:33 ID:iWihIHlD
おおサンクス
アンソロジーの内の一曲だね
もう出とるか 1月7? かおうかどうかは迷う

94 :7分74秒:2008/01/13(日) 01:34:55 ID:3fFhpjYp
彼が一曲しか作ってないのは、
その仕事自体がつまらないからだそうだ!

弟子にはそのくせ電子音楽を必修にさせる。
メシアンも同じことをやってたね。

95 :7分74秒:2008/01/13(日) 02:07:32 ID:+bJf5/mw
そういえばメシアンも一曲あったよね笑?

96 :7分74秒:2008/01/13(日) 03:57:46 ID:3fFhpjYp
インタビューでは全然ないとか?

97 :7分74秒:2008/01/13(日) 10:39:02 ID:OaXvrQ09
「音色=持続」だろ。
CD化済み。
けっこうミニマルな内容。
ペンデレツキにもあるぜ。

98 :7分74秒:2008/01/13(日) 13:20:09 ID:D7e51GD5
シャリーノも1曲作ってたな、確か。
しかし、ラッヘンマンもメシアンもシャリーノも、音響の実験で得た知識を生の楽器で再生するからおもしろいんだろうな。

99 :7分74秒:2008/01/13(日) 18:09:13 ID:yzKAx/dK
シャリーノはオペラを電子音楽で伴奏したり複数あるはず。
ラッヘンマンよりは専門家だろう。
ラッヘンマンは自分では電子音楽の素人だといっている。


100 :7分74秒:2008/01/13(日) 21:58:21 ID:D7e51GD5
>>99
作品表を見る限り、純粋な電子音楽は1曲しかない筈なんだけど…。
オペラの伴奏にエレクトロニクス使った曲あったっけ?ノーノの曲の電子音響担当したやつは聴いた事あるが。
で、>>100

101 :7分74秒:2008/01/13(日) 22:49:11 ID:yzKAx/dK
シャリーノの「ペルセウスとアンドロメダ」だったと思う。
初演を見たので覚えれ入る。
オケピットはコンピューターと指揮者だけ。

102 :7分74秒:2008/01/23(水) 13:09:06 ID:yKbHqZtv
久保に幽霊話オペラにしてくれって

103 :7分74秒:2008/01/23(水) 17:58:23 ID:+gjLeXge
彼女はいつまでたってもラッヘンマンの語法が抜けないね。

104 :7分74秒:2008/01/24(木) 16:18:43 ID:I+Dh8ba2
彼の弟子(または影響受けた人)はみんなそうでしょ。
ある意味で、ラッヘンマンの存在が偉大すぎるんだと思う。
フラーみたいに、ラッヘンマンの影響下から抜け出して独自の世界に到達する人は稀。
久保さんはピアノ協奏曲が良い。

105 :7分74秒:2008/01/24(木) 17:49:34 ID:cB94vwU7
彼が実際にレッスンで厳しくそう教えたわけだね。
フラーは実際にレッスンは受けてないのに、
どういうわけか昔は真似していた。

106 :7分74秒:2008/01/24(木) 19:40:09 ID:I+Dh8ba2
フラーは指揮して影響を受けたみたいだよ。ラッヘンマンとシャリーノに。


107 :7分74秒:2008/01/24(木) 20:17:49 ID:cB94vwU7
20年前彼を呼んでそればっかり指揮していた。
Wienでは当時変質者扱いだったね。
でもそれが教授への昇格への絶対条件となった。
最近はやたらと独創的なピアノ曲を作曲している。

ラッヘンマンの理論は完璧なので、
作品を批判されると結局ラッヘンマン・スタイルしか逃げ道がない。
ファニホーの作品はベルクみたいなロマン派的感性音楽と批判。
ベリオはポップス音楽だって!

108 :7分74秒:2008/01/24(木) 23:26:40 ID:I+Dh8ba2
別にロマンティックでもポップでもいいじゃないね。


109 :7分74秒:2008/01/24(木) 23:39:03 ID:cB94vwU7
彼は批判的に見ることがとても得意でそれを商売にしている。
アメリカの大学もそれが面白いらしい。
ダルムシュタットの中心人物は、
ファニホーもそうだけどみな頭が完全に出来上がって梃でも動かない。
日本人には全くいない頭のタイプ。


110 :7分74秒:2008/01/25(金) 03:46:14 ID:V/A5TF8v
>>109
>完全に出来上がって梃でも動かない。
>日本人には全くいない頭のタイプ。
ほう…どんな感じ?破綻の殆どない論理を操り、具体性と説得力にあふれた話し方をする、とか?


111 :7分74秒:2008/01/25(金) 05:40:31 ID:LdDPEKOW
具体性と説得力にあふれた話し方をする
------------------------------------
これそのもの!
自信の塊。
納得のしないやつはいないね。

112 :7分74秒:2008/01/25(金) 10:56:02 ID:HXUpjoJ5
カンノは至る所に情報通的な書き込みしてるけど全部鵜呑みにしない方がいいっぽい

113 :7分74秒:2008/01/25(金) 20:20:53 ID:O+U0CbqM
>破綻の殆どない論理を操り、具体性と説得力にあふれた話し方をする

つまり現代は弁が立つのが成功の絶対条件か
ブルックナーは絶対世に出られないな

114 :7分74秒:2008/01/26(土) 00:28:52 ID:fpNiqRjL
ミカエル・ジャレルとかはあんまり弁が立つとは言えないけど成功してるな…。
まぁ、ドイツ人はリームとかラッヘンマンみたいに自信に満ちあふれた人が多いかも。


115 :7分74秒:2008/01/26(土) 07:50:16 ID:zkZxYUxF
ツィンマーマン…

116 :7分74秒:2008/01/26(土) 09:06:41 ID:+UKajbPw
ジャレルは調子が良いときは良いがだめなときは怯えてばかりいる。

117 :7分74秒:2008/01/26(土) 23:32:30 ID:VY5ROEwM
たしかに、ラッヘンマンのしゃべりっぷりは見事なもの。
書いている文章はかなり難しげだが、話はユーモアたっぷりで、
思わず引き込まれてしまう。

118 :7分74秒:2008/01/27(日) 04:22:39 ID:sMjNwHnV
アナウンサーとしたら下手だが理論的にしっかりとしている。

ノーノの講演を昔ウイーンで聞いたとき、
こういう感じでもっと酷い声だった。

119 :7分74秒:2008/01/27(日) 12:30:52 ID:lxzjD9jq
ベリオの話しかたは味があって好きだったな。


120 :7分74秒:2008/01/27(日) 19:49:05 ID:IUlNw03c
ラッヘンマンがベリオをポップスと呼ぶ割には、
ベリオ作品はどきどき前衛的な作風があるので驚く。

121 :7分74秒:2008/01/27(日) 22:20:03 ID:lxzjD9jq
それはラッヘンマンの偏見ですよ。
ベリオは自分が出したい音を出したいように自由に書いていただけですからね。

122 :7分74秒:2008/01/28(月) 04:45:44 ID:bOIs8sbm
berioはあれでも前衛だよ。
舐めてはいけない。

123 :7分74秒:2008/01/28(月) 17:36:50 ID:0ThT5/IX
ラッヘンマンは、その発言をしたときにはベリオの作品を
シンフォニアといくつか有名なのを聞いただけだったらしい。

最近、家でセグエンツァ全曲CDで聞いて考えを直したと行っていた。

「すまない。訂正する。ベリオは「良質な」ポップスだ」

こういう発言に、本当に性格がでているな

124 :7分74秒:2008/01/28(月) 21:19:43 ID:meXoIeLj
皮肉の塊だな。
そういえばあの尊敬するシュトックハウゼンにも立ち話でいろいろと文句を言う。

125 :7分74秒:2008/01/28(月) 21:20:05 ID:a2KH6eRu
ほんとっすか、それ?wwwww

126 :7分74秒:2008/01/29(火) 02:38:48 ID:kaqaGCmO
何と言うか、永遠のいたずら少年みたいなもんか。
皮肉を言う、批判をする、と言うのが普通だからそれを疑問に思わない人なのでしょう。


127 :7分74秒:2008/01/29(火) 05:33:26 ID:TvIS6jU4
何か・・・・このスレノ賛辞を読んでいると音楽を創るのは二の次で別の目的で作曲家やっているのではないかと思えて来た。

128 :7分74秒:2008/01/29(火) 06:20:07 ID:O2eJ/9bI
外ではみな気楽に茶化して批判してるよ。
海外のメジャーはみなダルムシュタットなどで議論は散々鍛えているからみな口は超一流。
彼らはどんな批判でも耐えられるしいくらでも反論できる。
だから他のスレにあったように「現代音楽は何の役に立つのか?」の説明は朝飯前。
そういう意味で政治家や公務員を説得するのは朝飯前。
だからあれだけ多くの文化予算が付くのさ。
伝統があるから文化予算が付くのではないよ。
説明が上手く彼らの言動には説得力があるのだ。
音大でもそう教えている。(しかし作曲も教えるが)
作曲科の卒業試験:どれだけ良い曲を書けるかじゃなくて、
「どれだけ音楽についてしゃべれるか?」のみで合否を採点する。
作品が良いかどうかはコンクールでも受ければいいわけさ。
そのやり方が「芸大アカデミズム」などのボンクラと違うところ!

129 :7分74秒:2008/01/29(火) 06:37:25 ID:ENkJ+gUj
なるほど、納得

130 :7分74秒:2008/01/29(火) 06:41:20 ID:TvIS6jU4
>>128
音楽はどうでもいいのか・・・・それが本音なんだな。

131 :7分74秒:2008/01/29(火) 10:42:27 ID:kaqaGCmO
>>130
>>128は極論な。
音楽の内容がすばらしいのは当たり前、と言う前提はかならずあるから。

132 :7分74秒:2008/01/29(火) 18:06:19 ID:khygGsmo
音楽の追求は当然やってるよ。
それだけでは到底足りないのだ。
だからラッヘンマンやクラウスフーバーの個人レッスンは一回少なくとも2時間かける。

133 :7分74秒:2008/01/29(火) 20:32:43 ID:IE8DlxUX
128は、極論とも思えんな。
相当の説得力がある。

>音楽の内容がすばらしいのは当たり前、と言う前提はかならずあるから。

その前提は共有されていないね。129、130の発言が出るのもうなずける。
まあ、彼が、ではなく、彼を日本に紹介しながら、
自分を売り出そうみたいな連中のことだが。


134 :7分74秒:2008/01/29(火) 22:30:44 ID:khygGsmo
>音楽の内容がすばらしいのは当たり前、と言う前提はかならずあるから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんな最善は尽くしていると思うよ。
問題なのはいつも現代音楽界の足を引っ張るやつがいるちゅうこと。
昔武満も「今日の音楽」誌で「オペラハウスは要らないと」対談で半ば冗談で結論付けたなあ。
ああいう偉い人が公の場で言うもんだから文化庁の役人は本気にしてしまって、
新国の開館が数年遅れた経緯がある。
地位のある人は政治家じゃなくとも凄く言動に気をつけないと、馬鹿官僚と政治家先生達がすぐに信じるよ!
今でも公的補助がないとラッヘンマンでもシュトックハウゼンといえどもすぐ死んでなくなるよ。
シュトックハウゼンの今年の最晩年の作品の初演は10曲近くあるらしいけれども、
みんな公的資金か放送の受信料の補助が入っている。
彼のチケットがまともに20万円ぐらいしたら誰も来ないだろが!
現代音楽というものはこういうもの。
カゲロウのように弱いもの、大切に育てないとすぐ死ぬよ。
それが雑草であるポップスと違うところ。

135 :7分74秒:2008/01/29(火) 22:40:50 ID:ENkJ+gUj
同意

136 :7分74秒:2008/01/29(火) 23:24:25 ID:zDYjkDcx
良スレだね。

137 :7分74秒:2008/01/30(水) 01:16:28 ID:pVVuU21H
最近出た、武満徹対談選(ちくま学芸文庫)を読んでいたら、
武満がヘンツェの家に行って、ヘンツェが大金持ちなのに驚いた、
という話が出ていた。で、ヘンツェが言うには、お金が欲しければ
オペラを書くことです、だそうだ(笑)

まあ、かなり古い話ではあるが、良くも悪くもヨーロッパでは
オペラで金が動くところはあるんだろうな。
(ラッヘンマンはマッチ売りで儲けたのかなあ)

138 :7分74秒:2008/01/30(水) 05:43:53 ID:shHJEYo1
オペラは儲かるね。
大編成だし何回も暗譜して上演するのでその回数だけ金が入ってくる。
ラッヘンマンもオペラで儲けて、
ヘンツェみたいにイタリアに家買って住んでいるらしい。
もっと書けばいいのに!
でもヘンツェとはミュンヘンなどで凄く仲が悪い。
会うたびに必ず喧嘩になる。
昔シュトットガルト音大が1982年にヘンツェを読んでラッヘンマンとわざと喧嘩させて、
SWRのFMで流したカセットテープをシュトックハウゼンの9.11のインタビューとともに持っている。
ヘンツェは紙と鉛筆がここにあったら何で好きなものを書いてはいけないのか?と反論。
ラッヘンマンは歴代の作曲家が音楽の革新のために散々苦労したことを知らないのは残念だといっている。
一方は典型的な商業主義でもう片方は芸術至上主義の旗手。

139 :7分74秒:2008/01/30(水) 10:29:22 ID:O3Wxs6Df
>>138の対談概要を読んで思ったのだが
ラッヘマンに限らずどうも芸術至上主義というのは実は芸術権威主義なのではないかと思うのだが。
他のジャンルを貶める事によって自の権威を高めて自己を保つといった権威によって動く機構なのではないだろうか?

140 :7分74秒:2008/01/30(水) 11:40:33 ID:pVVuU21H
素朴な感想だな。

141 :7分74秒:2008/01/30(水) 19:16:41 ID:F1b6eQp6
139 :
あれだけダルムシュタットに通うとある種の権威ができるのは確かだが、
日本のそれと違って理論的には正しくともコンクールなどで特に通用するわけではない。
ケージのよってセリエルの理論が壊されてからダルムシュタットは、
さまざまな考え方が混合されるようになった。
それでミニマルやったりウイルヘルム・キルマイヤーなどのニ長調の作曲家まで呼ばれるようになった。
それでもラッヘンマンやファニホーのように昔からの考え方を大切にする作曲家も残っているわけだ。


142 :7分74秒:2008/02/10(日) 19:46:03 ID:/P1+etjO
>>102
どちらかっつーと「うつほ物語」の方がいいんじゃね?

143 :7分74秒:2008/02/11(月) 04:31:16 ID:digO7QSe
142 :やってもなあー!
欧米のオペラハウスはそれを面白いとも何とも思わないのだよ。

144 :7分74秒:2008/02/11(月) 05:22:43 ID:dsKH88VW
そっか・・・音楽に超常な能力を持つ一族とペルシャの秘琴を巡る一大ファンタジーなのだが。
ついでに漫画化したのに「うつほ草子」というのがある。テロリズムをテーマに追加した作品だ。

145 :7分74秒:2008/02/11(月) 05:42:25 ID:4obyKTYw
、、、ちょっとおもしろそう

146 :7分74秒:2008/02/11(月) 05:53:23 ID:dsKH88VW
>>144
余談だが漫画化した人は三国志の某軍師をフィールドワークな社会学者として捉えた漫画も描いてる。

147 :7分74秒:2008/02/11(月) 06:00:43 ID:digO7QSe
ノーノやシュトックハウゼン以降、
オペラに台本などという古臭い習慣はないのだよ。

だからラッヘンマンはマッチ売りとダヴィンチとテロリストを同時にやったのさ!


148 :7分74秒:2008/02/11(月) 08:41:48 ID:oyIjENiX
>>147
得意になってるところスマンが
>オペラに台本などという古臭い習慣はないのだよ
という考え自体古臭くなってるぞ。すでにテクストの方法の一つに過ぎん。

149 :7分74秒:2008/02/11(月) 12:13:00 ID:GoKik778
アンチ・オペラに対してアンチ・アンチ・オペラの概念が出てきたのが70年代。
今や、メタ・オペラなんてのは時代遅れだしなぁ。
台本をどうするか、は作曲家の戦略でもあるから一番重要だよね。

150 :7分74秒:2008/02/11(月) 18:39:44 ID:7R0kinmY
台本を使うとすぐ保守主義といわれるからそうやすやすとは戻れないのだ!

151 :7分74秒:2008/02/11(月) 19:19:12 ID:jozF7X5b
>>150
そういう態度がもはや”保守的”。
もう21世紀だぜ。

152 :7分74秒:2008/02/11(月) 23:35:31 ID:7R0kinmY
じゃまた「桃太郎」の台本でも使ってニ長調の序曲や、
イ短調のアリア、変ホ長調のレチタティーヴォに戻るか?

153 :7分74秒:2008/02/11(月) 23:51:22 ID:oFmUG+9X
オペラの時代が終わったのだ
やはりブレーズは正しい

154 :7分74秒:2008/02/12(火) 00:35:51 ID:mUa0HSnP
>>152
仮にも現代に生きる芸術家が、そんなしょうもない二元論を振りかざしてどうするの。
それこそ何世紀も遅れてるよ。ドイツではみんなそうなの?

155 :7分74秒:2008/02/12(火) 05:42:05 ID:eY66UujS
二元論じゃなかったらアイディアを出せ、アイディアを!

ブーレーズは今オペラを書いてるよ!

156 :7分74秒:2008/02/12(火) 16:30:04 ID:/897h27/
ヨーロッパではその二元論に囚われたがゆえにオペラで新しい物語を語る事が出来なくなった、と結論していいのかな?
>>155
ブーレーズは書いてるふりだよ。

157 :7分74秒:2008/02/12(火) 16:42:58 ID:/897h27/
>>152
それは実に面白そうだ。ブーレーズのオペラ(作る気が本当にあるのなら、だがw)より興味がわく。

158 :7分74秒:2008/02/12(火) 18:06:19 ID:qwuwK9VM
>>155
まずは林光スレでも読んでくれ。
台本に加藤直が入るとアンチ・オペラもビクーリな出来になる時がある。

159 :7分74秒:2008/02/12(火) 23:37:38 ID:WpDu46Xo
ブーレーズがオペラ書いても完成できるかどうか?
クセナキスも向かす「爆破しろ」といったが結局は打楽器のオペラ会で死んだ!

160 :7分74秒:2008/02/13(水) 05:21:45 ID:ou5QwL40
「書いて」の間違い。

161 :7分74秒:2008/02/15(金) 00:03:27 ID:ls2ehM1v
>>158
読んでもわかんなかった。
「アンチ・オペラもビクーリな出来」って、もう少し具体的に教えてくれない?

162 :7分74秒:2008/02/15(金) 01:34:13 ID:JHHloS6v
そんなにびっくりならもう世界中に広まってるよ。

163 :7分74秒:2008/02/21(木) 18:32:58 ID:hVz8zq3r
イタリアに住んでいる作曲家と言うとヘンツェのほかに、
クラウス・フーバーも住んでるといってたなあ。

164 :7分74秒:2008/03/18(火) 21:43:02 ID:0Ljd6nUo
>>162
自分で現場へ赴き調べる能力が致命的に欠けていると白状したようなものか。
C木みたいにこんにゃく座あたりに同じ事を問いかけたら小1時間理路整然と覆されて心身症持ちになった事例があるから。


165 :7分74秒:2008/03/18(火) 21:55:31 ID:0Ljd6nUo
マイスター制度が家元制度より優れてるから欧州ゲソは日本よりも優れているといった変な論をぶった人がいたが、
調べてみたらクラに関する限りマイスターは他のマイスター制度と違って一種の洗脳機構なのだな。恐ェエエ!!
確かに家元よりは合理的だが、理路整然としてい分徒弟共は親方の意見はパーペキ、親方はスーパー・エメラルドデラックス素晴らしいと信じて疑わない狗に成り下がってしまう。
(この現象はどうも日本人限定の様だ。情けねえ ⊃Д`)
家元は論理的にスカスカなものがある分だけ「自分には師匠とは相容れない部分がある」と感覚の中で価値観の自由が保証されている。


166 :7分74秒:2008/03/19(水) 16:14:29 ID:iVRsdxhO
萩尾望都の漫画「残酷な神が支配する」後半に登場する「他人に対する配慮が致命的に欠けているヒゲ男」のモデルはやはりラッヘマンなのか。

167 :7分74秒:2008/03/19(水) 17:04:29 ID:GZrvsgv9
164:一人で勝手に思っていたまえ!

168 :7分74秒:2008/03/20(木) 01:02:29 ID:j6A1E8KA
うーん、大人になって振り返った時
心酔してたのを恥ずかしく思うだろうね
この手の音楽って

169 :7分74秒:2008/03/20(木) 06:56:39 ID:tPTqb3ud
家元とは浅岡のこと?

170 :7分74秒:2008/03/20(木) 16:00:23 ID:IQsZc/Se
久保氏には世界のニナガワが原作を原形留めぬ位改変した戯曲「貧民倶楽部」(原作:泉鏡花)をオペラ化してほしいものだなw
乞食共がブルジョアの蛮行に対しアルジャジーラも真っ青な情報戦争を仕掛けるという奴。

171 :7分74秒:2008/03/20(木) 18:13:31 ID:euRnnBdd
プロレタリアートはどうした?

172 :7分74秒:2008/03/21(金) 08:23:11 ID:B/08iTQD
日本には厳密な意味で欧米と同じプロレタリアートは存在しないよ。
良くも悪くも温い文化なんだよ日本は。

173 :7分74秒:2008/03/21(金) 17:17:51 ID:/jfJCnJ/
確かに日本人は温いよね!
北朝鮮に自国民を拉致されても、中国や韓国に領土を侵犯されても、
アメリカの兵士に自分の国の女を慰み物にされても、文句の一つも言わず、
仇も取ろうとしない情けない政府や外務省。そのくせ国民の血税を外国にばら撒き、
感謝されるどころか「もっとよこせ!」とぶん取られ続けているにも関わらず、
「どうぞお持ちくださいませ」とぺこぺこし「逆らいませんから仲良くさせてください」と
土下座を繰り返し、世界中の笑い者になってるありさま。
国民も国民で、サービス残業や長時間労働をさせられても、容赦なく税金取られまくっても、
正社員に就くことができなくされても、職場でセクハラやパワハラの被害にあっても、
その他目上の者から理不尽な扱いや酷い仕打ちを受けても、
「そういうもんだから仕方がないよ」「我慢してこそ大人だよ」などと卑屈な台詞を吐いて
だんまり決め込むくせに、不条理や暴力に対して批判したり、それに立ち向かおうとする者を
「大人じゃない」「社会人失格だ!」などとなじり、バッシングする情けなさ。
さらに自分達より劣るものを見て「あんなところよりはマシだ」と悦に浸り、
「そういう問題じゃない!」と批判する者をこれまたバッシングする愚かしさ。
日本人は奴隷だね!何も文句言わないんだもの!

174 :7分74秒:2008/03/22(土) 07:37:26 ID:3rBHSZ62
>>173
まあその通り。その温さに惹かれて逃げ込む外国人もいるわけ。
「また逆に○○人はどうしてわたしらみたいに温くなれないの?」と諸外国に問いかける事は出来ないか?

175 :7分74秒:2008/03/22(土) 19:47:01 ID:sXa4+KSe
プロレタリアートは日本共産党の党員であろう。
昔から日本はアメリカの51番目の州に過ぎない。

176 :7分74秒:2008/03/22(土) 23:08:38 ID:sXa4+KSe
講習は彼の第三SQが推薦盤。
SWR2 Neues vom Klassikmarkt
Sendung am Samstag, 22.03.2008, 15.05 bis 16.00 Uhr

Vorgestellt von Claus Spahn

?Lebenslust und Sterbekunst“
Johann Sebastian Bach/Henry Purcell
Kantaten und Motetten
Balthasar-Neumann-Chor
Balthasar-Neumann-Ensemble
Leitung: Hengelbrock
dhm 88697115702 (Sony/BMG)

Helmut Lachenmann
Grido, Reigen seliger Geister, Gran Torso
Arditti-Quartett
Kairos 0012662 (harmonia mundi)


177 :7分74秒:2008/03/22(土) 23:10:40 ID:sXa4+KSe
今週の推薦盤は彼の第3SQ。

SWR2 Neues vom Klassikmarkt
Sendung am Samstag, 22.03.2008, 15.05 bis 16.00 Uhr

Vorgestellt von Claus Spahn

?Lebenslust und Sterbekunst“
Johann Sebastian Bach/Henry Purcell
Kantaten und Motetten
Balthasar-Neumann-Chor
Balthasar-Neumann-Ensemble
Leitung: Hengelbrock
dhm 88697115702 (Sony/BMG)

Helmut Lachenmann
Grido, Reigen seliger Geister, Gran Torso
Arditti-Quartett
Kairos 0012662 (harmonia mundi)


178 :7分74秒:2008/03/24(月) 06:03:07 ID:pEj1a7/r
誤字・誤変換が多いのは相変わらずだな。

179 :7分74秒:2008/03/24(月) 18:06:35 ID:uksEJ/wC
書いたのではなくコピペだろうが。

180 :7分74秒:2008/03/24(月) 22:40:31 ID:Xz7YIfbY
ていうか板違いだろ
いまほりがいたらいまごろ削除依頼出されてるとこだ

181 :7分74秒:2008/03/24(月) 22:44:53 ID:aHEuDxh+
板じゃなくてスレだろ。

182 :7分74秒:2008/03/25(火) 05:27:36 ID:52I4K30t
180 「ていうか板違いだろ いまほりがいたらいまごろ削除依頼出されてるとこだ 」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ていうかこれ自身がコピペだろ。他の板で見た。

183 :7分74秒:2008/03/25(火) 08:04:54 ID:ddh+5SBI
>>173
>さらに自分達より劣るものを見て「あんなところよりはマシだ」と悦に浸り、
>「そういう問題じゃない!」と批判する者をこれまたバッシングする愚かしさ。
これについちゃドイツの方が酷いのではないかな?

このスレ読んで明らかになったのは
ラッヘマンの弟子が師匠から学んだのは
強弁・詭弁と差別的価値観
という事でよろしゅうございますね?

第一、ポップスをあそこまで卑下する感覚は日本人離れしているだろ?
古くて現代に当てはめるには辛いとこもあるが「肉食の思想」でも読んで自己点検してくれや。

184 :7分74秒:2008/03/25(火) 17:48:23 ID:uqRD6liY
ちゃんとまともな反論しろよ。
ここではポップスは扱わないぞ。

185 :7分74秒:2008/03/25(火) 18:14:32 ID:oHSLkSXL
>>184
ポップスに対する態度からゲソを語っているだろう?
それとも都合の悪い要素を出したくないのかえ?

186 :7分74秒:2008/03/25(火) 18:55:05 ID:toNSiq4Y
ミヒマルGTとラッヘンマンでは知名度と売り上げの点で前者が勝っている。
ミヒマルGTが飽きられる頃にはラッヘンマンは老人になっているし前衛でも伝統でもなくなる。

187 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:12:00 ID:oHSLkSXL
>>186
>ミヒマルGTが飽きられる頃にはラッヘンマンは老人になっているし前衛でも伝統でもなくなる。

この文章は少々疑わしい。
確かにラッッヘマンは老人になるし前衛では無くなっているかもしれない。しかし、
長年調教し世に放った徒弟達によってしばらくはゲソ界の伝統の一つとして認めざる得なくなるだろう。
ノーノやシュトックハウゼンが徒弟を通じて邪魔者を排除し、覇権を手に入れた様に。

188 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:18:48 ID:toNSiq4Y
ノーノもカールも伝統になった時点で古典だし
その亜流が「前衛」だと思ってるなら笑わせる。
ただの覇権争いならネオ・ミヒマルGTを聴いてたほうが楽しい。

189 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:24:41 ID:toNSiq4Y
第一徒弟をつくらにゃならんのは作曲だけでメシが食えないからだろwww。

190 :7分74秒:2008/03/25(火) 19:34:36 ID:NGBMBWm+
覇権を手に入れ って日本語ヘンじゃね?

191 :7分74秒:2008/03/25(火) 20:09:02 ID:K4clw1wc
>>188
>ただの覇権争いならネオ・ミヒマルGTを聴いてたほうが楽しい。
そりゃそうよ。


192 :7分74秒:2008/03/25(火) 23:36:19 ID:v7kHb4OB
ミニマルはこの段階でもうポピュラー。
ロックあたりのスレでやると良い。
ラッヘンマンは音大の教授時点で作曲だけで飯食えた。
でも危ないのでかなり後まで作曲教えていた。
いざ定年前に作曲科の教授辞めたら、
入ってくるギャラが急に教授時代の倍になったと悔やんでいる。
もっと早く辞めたかったらしい。

193 :7分74秒:2008/03/25(火) 23:50:32 ID:b7tLBh/3
ミニマル?
ドイツからの勘違いレス、わざわざご苦労様。

194 :7分74秒:2008/03/26(水) 01:40:49 ID:ZOqd4Waz
193 お前にとってはままごとも大人生哲学のひとつ。

195 :7分74秒:2008/03/26(水) 02:02:39 ID:2+L/4gn1
>>192
堀内孝雄についてどう思う

196 :7分74秒:2008/03/26(水) 02:48:37 ID:83vQZ09/
>>192
村下孝蔵についてどう思う

197 :7分74秒:2008/03/26(水) 05:01:11 ID:ZOqd4Waz
そんな全く無名なやつ全く知らないよ。
ここに譜面でも掲載して欲しいな。
だったら何か言ってやるとも。

198 :7分74秒:2008/03/26(水) 11:39:46 ID:zDq2qYMv
>>197
すまんが馬脚丸見えだぞ。それとも露出癖か?

199 :7分74秒:2008/03/26(水) 18:09:56 ID:NA8/ChaV
それよりもまず楽譜出せ!

200 :7分74秒:2008/03/26(水) 18:18:20 ID:WDAN24bl
http://jp.youtube.com/results?search_query=%E5%A0%80%E5%86%85%E5%AD%9D%E9%9B%84&search_type=

201 :7分74秒:2008/03/26(水) 19:04:14 ID:zMjOMJnP
勝手に楽譜を掲載したら著作権違反になるだろばーーーか
死ね

202 :7分74秒:2008/03/26(水) 22:20:15 ID:MKl3Gb/Q
>>199>>201同一人物だとしたら最低な奴だな。
親方からそういったケンカ方法を学んだのだろうか。


203 :7分74秒:2008/03/26(水) 22:37:47 ID:NA8/ChaV
本人に断ればいいだろうが、アホか?

題名見ただけで見る気がしなくなった。

204 :7分74秒:2008/03/27(木) 19:00:32 ID:y1CXP+7l
>>202
まぁそんなこといってお子ちゃまねー。おっぱい飲みたいの?

205 :7分74秒:2008/03/27(木) 19:56:46 ID:hJFqvbLc
ここに書き込むと学校で点数もらえるらしいよ。

206 :7分74秒:2008/03/27(木) 22:59:47 ID:0uf/OY1W
今度またラッヘンマンは日本に来るから直接聞けばいいだろう。

207 :7分74秒:2008/03/27(木) 23:30:52 ID:y1CXP+7l
>>206
プゲラ

208 :7分74秒:2008/03/28(金) 07:49:35 ID:xYa+tXZI
はてしなく話がかみ合ってない。笑

209 :7分74秒:2008/03/28(金) 14:04:41 ID:TS8QQvQI
>>208
論点をずらしていって「相手が自分の意見を理解していない」と言い張る所は流石親方ゆずり。

210 :7分74秒:2008/03/28(金) 16:35:00 ID:2hH4tazI
もうすぐ世界の終わりってときに最後に一曲聞くなら?ってよくある質問だけど
現代音楽好きな人ってまさか現代音楽から選んだりしないよね?
そこまで現代音楽を愛してる人いる?


211 :7分74秒:2008/03/28(金) 19:16:28 ID:XiZSvbIl
まあゲソに足突っ込んじゃって気づいたら社会人経験もバイト経験もない40歳過ぎになっちゃったような人が
ゲソにしがみついて2ちゃんねるなんかで必死になってるんだろうな。
パソコン捨てちまえよ。

212 :7分74秒:2008/03/28(金) 19:18:39 ID:XiZSvbIl
つまりそういう人なら世界が終わるまでゲソ聴いてるんじゃないか。

213 :7分74秒:2008/03/28(金) 21:49:16 ID:1GwBFZcK
俺が10代の頃はラッヘンマンなんか全然興味なかったな
おっぱい、とにかくおっぱいで寝ても覚めてもおっぱい
もう生で見たくて触りたくて揉みたくてちゅうちゅう吸いたくて
夜中に布団の中で「もみてぇよ・・・おっぱいもみてぇよ・・・」って
涙ボロボロ流しながら過ごした日もあったくらいなのに

214 :7分74秒:2008/03/29(土) 06:56:51 ID:37BOOgL9
俺は25年前NHK・FMがこの作曲家を2週間特集したとき、
何やってんだか全くわからなかった。
覚えたのはその音楽よりも作曲者の名前だけだった!

215 :7分74秒:2008/04/01(火) 17:50:39 ID:ov1hgGxR
最近引用の回数が多いね。

216 :7分74秒:2008/04/01(火) 19:55:02 ID:jtHQa9X3
>>215
モーツァルトに謝れ!

217 :7分74秒:2008/04/01(火) 23:34:44 ID:ov1hgGxR
リームは自分がMozartの生まれ変わりと思っているよ。
ラッヘンマンは自分がベートーヴェンの生まれ変わりと思いたいらしい。


218 :7分74秒:2008/04/03(木) 16:58:45 ID:txdvYPxS
ベルリン芸大作曲科の教授の要請を受けたのに断った人は2人いる。
B・A・ツィンマーマンとこの人だ。
二人とも故郷で教えることを選択した。

219 :7分74秒:2008/04/03(木) 18:56:30 ID:6piPdPQY
ラッヘンマンのお尻の穴に口を付けて肺一杯に吸い込みたいね。僅かでも逃したくない。
肺に入った彼のおならは血液に溶けて僕の体を隅々まで巡るんだ。
何て素晴らしい、考えただけで亀頭が張り裂けそうな程、痛い位に勃起してしまうよ‥

220 :7分74秒:2008/04/03(木) 19:06:23 ID:wgPovffE
ドイツ人ってまじめだからSMとかそういうかくれ変態が多いらしいよ

221 :7分74秒:2008/04/03(木) 20:55:01 ID:l95j+ynu
>>147>>170
正直マッチにダヴィンチとテロ足しても夜叉ケ池の白雪に負けている。
おかしいなあ、物理的には村焼き討ちにするより溶岩テロの方が強そうなんだがなぁ。

222 :7分74秒:2008/04/03(木) 21:40:18 ID:txdvYPxS
彼は女性志向だよ、男には性的な興味は無い。

223 :7分74秒:2008/04/03(木) 21:42:25 ID:txdvYPxS
当時ラッへンマンの後任のベルリン芸大教授にはノーノがなったが、
受講者が全く来ず、3日目でかんかんに怒ってすぐ辞めた。

224 :7分74秒:2008/04/04(金) 18:13:16 ID:yG2n5jYw
教授教授って・・・・・センセーマンセーの権威主義に犯されたか?
この勢いだと教授になったことの無い作曲家を馬鹿にするのだろうなあ。

225 :7分74秒:2008/04/04(金) 18:13:59 ID:yG2n5jYw
>>224
親方主義でもいいかもな

226 :7分74秒:2008/04/05(土) 00:43:07 ID:XT/BL/YP
ラッヘンマンが若いころベネチアのノーノに付くときに、
彼がベネチア音楽院の作曲科の教授じゃなくて非常に当惑したそうだ!
仕方なく自腹でプライベートレッスンの料金を払って作曲を学んだそうだ。
音楽院じゃないのでその期間の2年間は全く音を出してもらえなかったそうだ。
だって当時はノーノは作曲科の教授じゃないのでそんな学生を持っているはずがない。
今だってアルヴォ・ぺルト、ソフィア・グバイドリーナらは作曲科の教授でもなんでもないよ。
そんなの関係ない。
ケージもフェルドマン音大の先生ではない。


227 :7分74秒:2008/04/05(土) 01:17:03 ID:RwBR6qT7
>>226
それは。せいぜい権威主義の一例でしかない。というか、そもそも引用は「不寛容」かよ。
普段、「アインシュタインによれば」とか「ヘーゲルの弁証法に従えば」とか。
そういう普通の文章を読んだことない、無教養な猿だから、その程度を「不寛容」と感じるんだよ。

そもそもたいがいの認識など借り物だ。エジプト人さえ「すべての言葉はすでに書かれた」と壁画に書いた。

>ケージもフェルドマン音大の先生ではない。

いやよくもまあ、こんな頭の悪いこじつけができるものだ。
あんた年、いくつだ。真剣に小学校へ行けと言いたくなる。

ヒトラー以来、あんたみたいは無知な猿が僻み根性だけで、
「伝統音楽こそ、心の音楽だ」みたいな>>851のコピペみたいなことを言い出すんだよ。
いや、そんな不自由な心に生まれついたことには同情するが。

そもそもそれは恥じるべきことであって、堂々と主張していいことじゃないことくらいは知っておけ。

228 :7分74秒:2008/04/05(土) 01:55:46 ID:wxISJYwi
日本語でおk

229 :7分74秒:2008/04/05(土) 05:06:23 ID:XT/BL/YP
227はちゃんと文句があるならわかる日本語で書けとよー!

230 :7分74秒:2008/04/05(土) 07:25:15 ID:P2f1yVqx
>>229
あんたの日本語も怪しいぜ?

231 :7分74秒:2008/04/05(土) 10:06:39 ID:pJ1JbFGe
>>227はコピペ


232 :7分74秒:2008/04/05(土) 17:12:49 ID:bFbxskVl
230 日本語ではない。

233 :7分74秒:2008/04/05(土) 23:08:25 ID:P2f1yVqx
>>232
じゃ、何語?

234 :7分74秒:2008/04/06(日) 05:25:26 ID:6xaNytDE
キチガイ語。

235 : ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :2008/04/06(日) 10:08:58 ID:r1IjRbCg
オマン語なめたい

236 :7分74秒:2008/04/06(日) 15:07:47 ID:BjrMPgdy
く、狂ってる!

237 :7分74秒:2008/04/07(月) 23:05:59 ID:tBfI+OnE
上。

238 :7分74秒:2008/04/12(土) 22:23:19 ID:tubC5a4u
また今週も推薦盤が登場!

Franz Schubert
Klaviersonaten G-Dur D 894 und a-Moll D 537
Helmut Lachenmann
Schubert-Variationen. Guero
Herbert Schuch, Klavier
Oehms Classics OC 593

239 :7分74秒:2008/05/10(土) 01:35:21 ID:AaEpw24C
活性化あげ

240 :7分74秒:2008/05/10(土) 03:16:30 ID:79go/iKC
最近ではアメリカでの演奏が凄いね。
大学などが主催して学生などが積極的に取り上げているよ。
本人も奏法がわからないのでしょっちゅう呼ばれているみたい。

241 :7分74秒:2008/05/10(土) 20:17:54 ID:k5jg9WTm
どんどん演奏されてほしい

242 :7分74秒:2008/05/11(日) 16:04:18 ID:+GtM35Z4
日本ではとても技術と予算が追いつかない。

243 :7分74秒:2008/05/17(土) 22:42:43 ID:moNJIhSu
今日のCDも推薦盤。
理由は曲が良いという次元ではなく、
演奏がとりわけ優れているからだそうだ。
もうこういう段階。

SWR2 Neues vom Klassikmarkt
Preis der Deutschen Schallplattenkritik 2/2008
Sendung am Samstag, 17.05.2008, 15.05 bis 16.00 Uhr
Vorgestellt von Ines Pasz
Helmut Lachenmann
Streichquartette
?Grido”, ?Reigen seliger Geister”, ?Gran Torso”
Arditti String Quartet
Kairos 0012662KAI (Helikon Harmonia Mundi)

244 :7分74秒:2008/05/21(水) 17:54:50 ID:MsVkgpYL
>>142>>144
国文学の一説によると「宇津保物語」のテーマは膨大な時空間を一挙に空洞と化す、ということらしい。
ワケワカランw

245 :7分74秒:2008/06/05(木) 21:53:04 ID:35RV0se6
ラッヘンマンは天才だよ、キミぃ〜

246 :7分74秒:2008/06/06(金) 06:15:56 ID:I1Te3oE3
<『セックスしかすることがない』でニッポン放送が携帯コミック参入>

ニッポン放送がラジオ局としては初となる携帯コミック事業に参入する。

配信第1弾作家として起用したのは、ヒット作品『セックスしかすることがない』の摩耶薫子。
同氏による描き下ろし続編『同 3』のシリーズ新作1作、ならびに携帯未発表の『同 2』3作の
合計4作品の配信を携帯電話向け電子コミック配信サイト「comic.jp」にて6月4日より配信する。

●『セックスしかすることがない』フォトアルバム
http://www.barks.jp/feature/?id=1000040567

『セックスしかすることがない』は、恋人との心の隙間をセックスで埋めようとする不器用な
十代の女の子の姿を描いた短編集。“好きな男の子のことをプラトニックに思い続けながら、
彼へのプレゼントを買うお金を援交で捻出することには何の抵抗も感じない少女”、“セックスが
一番大事な愛情表現だと思い込むあまり、カレの“普通の恋人”としての他愛ない要求は全く
無視してしまう少女”などなどの純愛とセックスの狭間で揺れ動く十代の物語が同年代の女性に受け、
ロングヒットを続けている。

最新の話題作から、すでに廃刊してしまった名作まで、多彩なコミックを携帯電話の画面上で手軽に
読むことができる携帯コミック。年々市場は拡大し、現在、男女・年代問わず幅広いユーザーを
抱えている。長年、ラジオを軸にエンターテインメントを提供してきたニッポン放送が同市場の
新たな風となりえるのか、今後の動向に注目したい。

●ニッポン放送の第1回 提供作品(すべて著者は摩耶薫子)
『初恋』(描き下ろし・短編集『セックスしかすることがない 3』シリーズ)
『グラディエイト』(短編集『セックスしかすることがない 2』シリーズ)
『コップのなかのおさかな』(短編集『セックスしかすることがない 2』シリーズ)
『浮気なロリポップ』(短編集『セックスしかすることがない 2』シリーズ)

●携帯電話向け電子コミック配信サイトcomic.jpについて
【アクセス方法】
[iモード] iMenu ⇒ メニューリスト ⇒ コミック/書籍 ⇒ コミック
[EZweb] au one トップ ⇒ カテゴリで探す ⇒ 電子書籍・コミック・写真集 ⇒ コミック
[Yahoo!ケータイ]メニューリスト ⇒ 書籍・コミック・写真集 ⇒ 電子コミック

2008-06-03 BARKS

247 :7分74秒:2008/06/06(金) 22:24:17 ID:Un8vU9vy
ザールブリュケンで「ムーヴマン」が初演者アンサンブル・モデルンにより再演。

248 :7分74秒:2008/06/26(木) 20:23:59 ID:vm4B62At
http://www011.upp.so-net.ne.jp/saisourou/lachenmann/top.html

249 :7分74秒:2008/06/26(木) 20:36:29 ID:xdmIKmEq
>>248
21世紀の作品ないの?

250 :7分74秒:2008/06/29(日) 06:36:55 ID:TR5JyND7
古い作品ばっか書いてあるなあ。

251 :7分74秒:2008/06/29(日) 21:11:30 ID:5HKxhm/C
日本に向けて作曲するとしたらダヴィンチより日本一のテロ作家泉鏡花でもテクストにすべきだw

252 :7分74秒:2008/06/30(月) 01:25:59 ID:UJDc/JLE
それは繰り返しに過ぎないので、もうテロはやらないであろう。

253 :7分74秒:2008/06/30(月) 08:41:31 ID:FbVAgnAl

「“しゃせい”したいのでモデルに」合意の女性仰天

 名古屋緑署は27日までに、名古屋市緑区有松町桶狭間生山、会社員広田秀郎容疑者(45)を
公然わいせつ容疑で逮捕した。

 調べでは、広田容疑者は26日午後4時15分ごろ、同区潮見が丘2の病院駐車場で近くを
歩いていた女性美容師(21)に自分の下半身を露出するなど、わいせつな行為をした疑い。
容疑を認めている。 ?
 供述などによると、広田容疑者は自分の乗用車を止めた駐車場付近で女性を発見「“しゃせい”
したいのでモデルになって」と言い寄り、女性を車の陰に案内。女性は当初“写生”のモデルだと思い、
容疑者の言葉に従ったが、容疑者は突然「手でやってくれたら5000円、見てるだけなら3000円
あげる」と言いながら下半身を露出したという。驚いた女性は腕をつかむ容疑者の手を振り払って逃げた。 ?
 女性の通報を受けた署員が耳鼻科の診療を受けるために病院内にいた容疑者に事情を聴き、逮捕した。

[meitai.net 2008年6月27日]



254 :7分74秒:2008/06/30(月) 17:37:36 ID:lzPUv+VT
相変わらず変態国家だなあ!

でもラッヘンマンの次のテーマになるかも?

255 :7分74秒:2008/06/30(月) 21:40:23 ID:jqlfi3BX
誰もが美術の授業で移り行くよしなごとを実行に移したこの漢は
ラッヘンマンより前衛的かつ破壊的。シュトックハウゼンのヘリコプターと並び賞されて良い。

256 :7分74秒:2008/06/30(月) 22:47:22 ID:2kHukM/b
・現代日本人の性風俗にまれた野蛮人ぶりと
・禅の修行中に代伍しそこねて堕ちたワビサビ魔境の美しさ
をテーマとしていただこう

257 :7分74秒:2008/07/01(火) 02:40:48 ID:S/ByHKkV
ヘッヒンゲンの本人に電話かけてくれー。

258 :7分74秒:2008/07/01(火) 04:39:06 ID:Uy2jAUrw
プリーズとフリーズを聞き違えて撃たれてしまう国にくらべて心温まるニュースじゃん

259 :253:2008/07/01(火) 10:10:07 ID:4zTgxEJ3
>>254-258
おまえらすごいなー
荒らしで貼ったんだけど俺の負けだわ
心を入れ替えてラッヘンマン聴いてみるわ
なんかオヌヌメ盤ある?

260 :7分74秒:2008/07/01(火) 16:46:07 ID:KIEibI7x
「ハルモニカ」!!!

261 :7分74秒:2008/07/20(日) 15:34:30 ID:vPbnnXvx
ヒゲ

262 :7分74秒:2008/07/20(日) 16:38:07 ID:w0dsyuiM
もう十分生活できるので曲作らないんじゃないか?

263 :7分74秒:2008/07/23(水) 17:28:44 ID:SH+H92zl
はいはい菅野茂とっとと消えてね

264 :7分74秒:2008/07/25(金) 22:35:50 ID:4AErrBdZ
彼の全作品に対してイタリアのベネチアから金獅子賞を受賞。
10月3日に表彰式。

265 :7分74秒:2008/07/26(土) 02:47:59 ID:z/w9BCxM
更なる受賞理由は世界の2世代以上の若い作曲家に大きな影響を与えたとか?

266 :7分74秒:2008/07/30(水) 19:12:37 ID:5lcKRk3W
それはなにかの狂気だな。理性的な判断とは思えん。ドイツは本当にヒットラーと手を切ったのか?

267 :7分74秒:2008/08/16(土) 20:50:57 ID:FRsBeXjL
ダルムシュタットでは亡きシュトックハウゼンに次ぐスターだったなあ。

268 :7分74秒:2008/08/16(土) 22:18:32 ID:qheJLWlB
ラッヘンマンは本当に鑑賞用にはきっつい

269 :7分74秒:2008/08/17(日) 00:28:25 ID:h53Xm9+7
繰り返しがないからな。

270 :7分74秒:2008/08/17(日) 09:16:47 ID:V6WUF+sf
シュパーリンガーはわびさびがあって聞けるんだけどな

271 :7分74秒:2008/08/17(日) 10:38:59 ID:YNGkRjOp
>>270
結構かっこいいしな。

272 :7分74秒:2008/08/17(日) 16:12:20 ID:agPxVFpE
シュパーリンガーは意外と地味だよな。

「パッサージェ」の続編に期待する。

273 :7分74秒:2008/08/18(月) 05:16:29 ID:I6W6od8M
しかしシュパーリンガーは日本ではほとんど知られてないな。

ぼくもCDはドナウエッシンゲン1990の2枚組みのCDに入ってるPassage/paysageしか持ってないや。

274 :7分74秒:2008/08/18(月) 16:37:05 ID:U5EgIxUv
日本に来たことあんの?
Passage/paysageは彼の代表作。
後はみんな地味だね。
フライブルクのクラウス・フーバーの後任教授として委嘱された。
彼は今年で作曲教授退官だろう。
後任になるとボンクラしかいないなあ、残念!

275 :7分74秒:2008/08/18(月) 17:29:21 ID:I6W6od8M
>>274
http://homepage2.nifty.com/kinoko2001/archives/spahlinger/spahlinger.html

福井とも子さんとこのnext mushroom promotionが2005年に講演会と演奏会をやって
ます。

ちなみにわたくすも行きますたよ。

276 :7分74秒:2008/08/18(月) 19:17:29 ID:ZhCeNZNR
来年のコンポージアムに期待するか

277 :7分74秒:2008/08/19(火) 00:17:24 ID:v1G4/e0Q
福井とも子の経歴って全然わかんないのだけど!

278 :7分74秒:2008/08/25(月) 08:56:49 ID:3q/SmRYS
作曲家本人がいなくなったら忘れ去られそうな感じはあるわな。弟子が頑張れば少しは保つだろうが。

279 :7分74秒:2008/08/28(木) 05:08:55 ID:gmrjQiOr
これほど再演があるとちょっとやそっとではなくならないよ。
でもレッヘンマンも出てくるまではシュトックハウゼンに押されて散々苦労したみたい。
今はもういないから障害がなくなったようだ。

280 :7分74秒:2008/08/28(木) 05:30:09 ID:D5MHM3PN
ルッヘンマンとシャラップハウゼン

281 :7分74秒:2008/08/28(木) 09:53:47 ID:Yq/5Mj++
>>273
KAIROSやNEOSからアルバムが出たから買ってあげて。

282 :7分74秒:2008/08/28(木) 14:17:10 ID:YCAD66GJ
シャウエッセン

283 :7分74秒:2008/08/28(木) 16:44:54 ID:Kwev/s1x
シュトックハウゼンはかなり若いうちから作曲だけで食えたので早めに教授辞めたけど、
ラッヘンマンは教授になっても作曲だけで食えるかどうか怪しかった。
80年代も初演しては必ずブーをいう人が必ずいた。
それで辞めたのは定年の少し前になった。
そしたら収入が教授時代の2倍になってかなり後悔した。

284 :7分74秒:2008/08/28(木) 17:53:33 ID:YFpVlKSz
十分恵まれてるほうだろ
ラッヘンマンが尊敬するブルックナーの生涯を考えてみてほしい

285 :7分74秒:2008/08/28(木) 18:55:37 ID:zCkZ9IZ3
ていうかポピュラーも書けばいいだろ。
ポピュラー書けば金も入るのにそれを書かないんじゃ自業自得。

286 :7分74秒:2008/08/28(木) 20:21:03 ID:qfhoMufi
書けないのよ

287 :7分74秒:2008/08/30(土) 10:02:58 ID:KpqJ+9MY
>>281
検索しても出てこないね。まだ発売になってないのかな?

288 :7分74秒:2008/08/30(土) 12:36:42 ID:tspuHnMU
>>287
とっくに出てるって。
https://neos-music.com/?language=english&page=output.php%3Ftemplate%3Denglish-album-details.php%26content%3DAlben/10710.php
http://www.kairos-music.com/R/Spahlinger.html

289 :7分74秒:2008/08/30(土) 17:42:32 ID:K0cTgJC+
ラッヘンマンが「ブルックナーは繰り返しをしていない」というのが面白い!
あとはジョージ・ロペスのスコアを見て「何と単純な曲だ!」とか、
最近は反対ばかり言う。
ポピュラーは書かないよ。
Webernみたいに最後まで正攻法で行くようだ!
どっち道死ぬまで寝ていても食えるようだから、委嘱されてもめったに書かない・
しかしロック音響に堕落したシュトックハウゼンをバカにしているね。
シュトックハウゼンの作曲技法の出所をすぐに指摘するのが彼の得意技!



290 :7分74秒:2008/08/30(土) 18:08:31 ID:41qBvhaF
すみません、ラッヘンマンは何で寝てても食えていけるんですか?


291 :7分74秒:2008/08/30(土) 18:25:32 ID:KpqJ+9MY
>>288
あ〜HMVで検索しても出てこんかったから。
もう出てるんだ、買おうかしらん。


292 :7分74秒:2008/08/30(土) 21:09:35 ID:K0cTgJC+
290 再演がやたら多いから、
CDも売れるし楽譜もノダケンのようにダルムシュタットで買う人がいるので良く売れる。
でも最大の収入は放送権だろう。
今日もラッヘンマンかかっているよ。

20.03
Festlicher Radiosommer

Schwetzinger Festspiele

"Schönheit als Abenteuer der Wahrnehmung"

Im Kontext: Helmut Lachenmann
Arditti Quartet
Helmut Lachenmann:
"Gran Torso",
Musik für Streichquartett
Ludwig van Beethoven:
Streichquartett f-moll op. 95
"Quartetto serioso"
Helmut Lachenmann:
"Grido", Streichquartett Nr. 3
(Konzert vom 29. Mai
im Schwetzinger Schloss)

ensemble recherche
Helmut Lachenmann:
Allegro sostenuto für Klarinette,
Violoncello und Klavier
(Konzert vom 31. Mai
im Schwetzinger Schloss)


293 :7分74秒:2008/08/30(土) 21:40:12 ID:41qBvhaF
>>292
あ、そういうことなんですか!教えてくれてありがとうございました。

294 :7分74秒:2008/08/31(日) 04:15:22 ID:TT7GopFE
毎日、世界のどっかの放送局から放送されていると思いますよ。
SQ一回一曲で20万円近く行くんじゃないでしょうか?
だから寝ててもお金は入ってくる。
委嘱してもめったに書かないで断る人ですね。

295 :7分74秒:2008/08/31(日) 21:45:39 ID:NtGEN1TW
すげーなあ。
日本だとラッヘンマンなんて一年に一曲かかるかかからないかでしょ。
どこでそんなにかかってるんだ。
しかも一回放送で20万か。

296 :7分74秒:2008/08/31(日) 22:57:43 ID:uf+gLZDM
ドイツだけでも各州のFMは大体独立しているからいつも勝手にやるだろう。
現代音楽の放送時間帯は日本の3倍ぐらい。州に3時間?
更に電子音楽などの枠は更に別にある。
放送オケが14あって、まずその半分はラッヘンマンの経験があるだろう。
でも普通のオペラのオケやフィルハーモニー・オケもラッヘンマンやらないわけじゃないしね。
後はアンサンブル、モデルンやレッシェルシェ、アルディティは常時世界のどこにでも持っていける体制。
ちゃんと安定した公的補助があるので潰れるなんて事はないね。
これらの放送も定期的にかかるしその放送権もアンサンブルにドンと入るし、
ドナウエッシンゲンやダルムシュタットに定期的に呼ばれるし、
作曲者と演奏者とも安定して活動ができる。
更にオーストリアやスイスのFMでもかかる。
フランスにもよくもって行くし、
イギリスでも放送する。
でもイタリア人が黙っているわけではない。
ちゃんと評価してベネチアでは賞をやっている。
彼の音楽は大体音大の学生が自主的に弾くね。
そこでコンサートすると著作権が発生する。
その著作権は音大が皆持ってくれる。
だから学生でもチケット売らないで安心して練習できる。
同じことがアメリカでもやっているし、イスラエル、ラテンアメリカ、オーストラリア、ロシアでもどこでもやっている。
同じようにFMでもやるし時々TVも来る。


297 :7分74秒:2008/09/20(土) 12:58:49 ID:3or03VMH
でも本人がいなくなったら数年で消える(⊃Д`)

298 :7分74秒:2008/09/23(火) 14:22:09 ID:qZ3uIrce
新国立は売れてる内に水木しげるの「墓場鬼太郎-怪奇十番勝負」のオペラ化を委嘱すること。

299 :7分74秒:2008/09/23(火) 17:07:19 ID:Y9V+CKu0
まあ相当金貰っても書かないだろう。

300 :7分74秒:2008/09/23(火) 21:55:33 ID:CwMYv7p0
それは残念

301 :7分74秒:2008/09/24(水) 07:02:58 ID:na8JcLP2
再演が多すぎて何もやらなくとも食っていけるから書かないのでしょう。

302 :7分74秒:2008/09/30(火) 08:26:31 ID:Q7gfQP1z
でも本人がいなくなると廃れる音楽。残念なことだ。

303 :7分74秒:2008/09/30(火) 12:41:07 ID:5NV5gN5c
>>299
A・ベスターの「ゴーレム100」をオペラ化委嘱

304 :7分74秒:2008/09/30(火) 17:18:31 ID:O7DhB2gn
ああ、書かない、書かない。

『マッチ売りの少女』だって元々はツェンダーがハンブルクの音楽監督のときに委嘱したもの。
でも全然書かないのでツェンダーは愛想をつかして辞めて、ルチツカ体制になったとき、
彼らがツァグロセックともう一回尻をひっぱたいたのでぶつぶつ文句を言いながら何とか書き上げた。

305 :7分74秒:2008/10/01(水) 17:37:55 ID:pj/RcGpr
>>304
自分がオペラに不適格だということを作品で証明したわけだ。でも音楽として聴けば素晴らしいよ。

306 :7分74秒:2008/10/01(水) 22:43:54 ID:kFgfx05P
元々声楽作品を書くことが嫌いな人だ。

307 :7分74秒:2008/10/04(土) 03:50:33 ID:uuP9NZxK
今日はフランクフルトから「ドイツリートによる舞踊組曲」の生中継だなあ!

308 :7分74秒:2008/10/04(土) 13:51:56 ID:YQf/GWFb
>>307
「独逸国歌付舞踊組曲」だろ

309 :7分74秒:2008/10/05(日) 01:29:51 ID:T3HJdlyg
ジャンルとしてはバルトークの舞踊組曲と同じだが、これじゃ踊れない。

310 :7分74秒:2008/10/05(日) 23:08:58 ID:HQCOpYFL
>>307
そういう情報ってどこで仕入れてくるの?



311 :7分74秒:2008/10/05(日) 23:20:21 ID:IC5nMMIm
>>310
307はドイツに住んでる人

312 :7分74秒:2008/10/06(月) 01:23:33 ID:wDr2kIUg
楽譜持ってるよ。
もちろんCDもある。
誰かがラッヘンマンの「ドイツリートによる舞踊組曲」のアナリーゼやったときゼミに出たよ。

313 :7分74秒:2008/10/06(月) 22:00:38 ID:v8oZuYmq
だからドイツ国歌だと

314 :7分74秒:2008/10/07(火) 06:19:11 ID:lpeWbtbF
右翼的なものには興味はないね。

315 :7分74秒:2008/10/08(水) 21:01:13 ID:RgsOlvSO
ブレヒトの未完と思われていた「下田のユディット」が完成稿が発見され
先月ウィーンで上演されたもよう。

316 :7分74秒:2008/10/08(水) 22:32:47 ID:1YqJNetc
あれって、「ドイツ国歌」よりも「クリスマス・オラトリオによる舞踊組曲」であろう。

317 :7分74秒:2008/10/09(木) 06:29:30 ID:j/zguTY8
野望:IRCAMの叡智を集めて開発された音声変換ソフトAudioSculptを使って
男手だけで同人エロゲーのボイスを作れる環境を整備すること。
要するに同人ベースの創作活動に音響・音楽の技術面で貢献したい。
一言あれば:奈々美かわいいよ奈々美(;´Д`)ハァハァ彼女が数ヶ月来の俺の人生を狂わせてまつ
(by 今堀拓也センセイ)

318 :7分74秒:2008/12/02(火) 07:24:51 ID:5oXJVs7F
あの「ムーヴマン」は初演したアンサンブル・モデルンだけでも全世界で150回の演奏歴があるそうだ。


319 :7分74秒:2008/12/12(金) 22:26:39 ID:We1cuhX6
そんなにあんのか

320 :7分74秒:2008/12/12(金) 23:00:07 ID:GYSYbTvJ
アンサンブル・モデルンが自分で言ってたよ。
あれだけ毎月世界中に持っていったらそれくらいになるだろう。
作曲して初演して25年以上経っているしね。
そのほかにクラング・フォールム・ウイーンとか、ムジーク・ファビリックとか、
アンターコンテンポランとか、音大の学生アンサンブルでもやっているので全体は数え切れないようだね。
最近はハーヴァード大学の学生らにもやらせて指導に行っているとか?

321 :7分74秒:2008/12/20(土) 15:28:26 ID:MTYPLa/k
ラヘン万の楽譜のブリッジクレフ
クレフの見た目的には指板の端から指板の真ん中辺りまでのエリアぽいけど
解説によると駒から指板の真ん中までとある
これ、ダメじゃね?とりあえず解説信じればオッケー?

322 :7分74秒:2008/12/20(土) 20:17:25 ID:5/U0RfTe
あの人は特殊奏法の指定場所は細かい。
どこでも別な音が出るという前提で書いている。
実際ヴァイオリンやピアノはあれ以上進化しないので世界中で同じ音が出る。

323 :7分74秒:2008/12/21(日) 10:34:19 ID:/iHAFrPm
age

324 :7分74秒:2008/12/21(日) 16:44:47 ID:XE0dT3yJ
あの桶の楽器の特殊奏法たちは時代や場所にかかわらず普遍的に音が出るわけだ。

だから世界中で通用するわけだ。

邦楽器はその反対だね。

325 :7分74秒:2009/01/16(金) 22:20:46 ID:FhUNZCIh
まあ、しかし、こんなのとか、ミュレイユとかが重要視される現代って、
文明の衰退の兆候だよね・・・。

デューテイユ と エリオット・カーター で音楽文化は途絶えてしまった。

326 :7分74秒:2009/01/17(土) 00:16:52 ID:dwEdG238
しょうがないだろうね。
シュトックハウゼンとかケージがみんなやちまったんだからね。
じゃ俺はどうするとなるわけだ。
去年のダルムシュタットで最終オケのコンサートでG・F・ハースの丸写しをやったMのように、
典型的な日本のバカ野郎尾高賞作曲家の様な人真似はもうできないわけだ。
素人や学生は誤魔化せても玄人の耳にはそんなのすぐわかるもんだよ。

だから態度としてはラッヘンマンやファニホウは上手く逃げ切っているわけだな。

327 :7分74秒:2009/01/17(土) 05:18:42 ID:pr7gtmXM
大体さー、
>ラッヘンマンやファニホウは上手く逃げ切っている
とか
>人真似は玄人にはすぐわかる

・・・なんていう方法論上の、エクリチュール上の
イノヴェーション、ソフィスティケーションの度合いだけを見て、
音楽を批評をする・・・っていう態度がすでに、
midiocrity の現れじゃないの!
あまりにクライテリオンが低いと思わない?

音楽はまず自分固有の美学があって、それが作品のエッセンスで、
それを現実にマテリアライズするために作曲の方法論を選ぶもんでしょ?

なのに、学校で作曲家を量産しちゃうから、
独自の美学をカルティベートする暇がなかったままで、
でもとりあえず曲が書けるだけの方法論は獲得しました、っていう、
ロボトマイズド・ゾンビーみたいな作曲家ばっかり!
作曲家なんて、徒弟制度にすりゃいいんじゃないの?
学校なんてないほうがいいと思う。

で、まあ、そういうわけで・・・、
上記のような、本末転倒した精神的に幼稚な作曲家が、寄り集まって、
Lachenmann の音楽を評価する・・・のはわかるような気がする・・・。




328 :7分74秒:2009/01/17(土) 07:22:20 ID:dwEdG238
「作曲の方法論」とかいっているやつは国立音大にいたのかな?
方法論ですべて解決するなら苦労しないよ。
そんなに複雑に考えて何かファニホーでも出てくるのかね?

まあ音大でなくとも昔は作曲家になったのもいるが、
今日では情報量が増大しているのでもう無理かもしれないな。
独学であれだけの情報と経験をどれだけ集められるのかは疑問だ。
演奏家にコンタクトもしないと駄目だし質問は山ほどある。
楽器は個々の特殊奏法まで学ばないとだめだし、
やはり民族楽器や伝統楽器まで行かないとだめだ。
電子音楽の経験無しで今日の現代音楽作曲家はもはや無理だな!


329 :7分74秒:2009/01/17(土) 08:26:01 ID:pr7gtmXM
>328

>あれだけの情報と経験
・・・って、自分の経験振り返ってみてどう?
実際そんな大袈裟なことじゃないでしょう?正直言って・・・。w

あなたの最後の4行についても、実際に作曲に使えるレヴェルの
知識は「学校」で得たものではないでしょう?
二ッティー・グリッティーは、いつも必要に応じてピックアップしてきたはずだし、
今でもそうしてるはず。 

それに「必要なもの」は音楽の外かもしれない。
人によって、時によって、微分幾何学かもしれない。
認知心理学かもしれない。 分子生物学かもしれない。
Surrealism の文学かもしれない。 抽象絵画かもしれない。
Psychotropic なドラッグかもしれない。 
北極圏でイヌイットとの生活経験かもしれない・・・。
そういうのは「(音楽)学校」ではおそわらないでしょ?

あなたは、outside the box で考えることができてないよ?
はっは〜ん・・・、
・・・アンタも、作曲家としては mediocre でしょう? アヤシイ・・・
 


330 :7分74秒:2009/01/17(土) 18:10:00 ID:Mm5sAsjS
それはいいけど、何が言いたいの?

意味不明は最初から無視するよ!

331 :7分74秒:2009/01/17(土) 21:04:27 ID:nIZEoGEq
平凡でつまらん一般論を長ったらしく粉飾する文体意識先行のつまらん書き込み。
自分が方法論先行のサンプル。そのキショい文章なんとかならんのか。

332 :7分74秒:2009/01/17(土) 21:23:23 ID:Mm5sAsjS
あれを書いたのは中央官庁の公務員かな?

333 :7分74秒:2009/01/17(土) 21:43:28 ID:pr7gtmXM
★良い日本語のお手本★

家事をする時になぜかテンションがあがる。
浴槽を洗いながら、やきいもや焼きとうもろこしの屋台の歌を
シャンソン風にアレンジして 美輪明宏の真似しながら歌ったり、
布団を取り込む時はわざと一度に何枚もの布団を肩に担いで
「ウッオオオー!!亀田のフトン泥棒じゃ!!奪ってみい!!取ってみい!!」
とわめきながら ちょっとガニマタ風に歩いて部屋に戻ったりする。
この間も掃除機をかけながら
「アトムは溺死でホイヒャララ!!戦争!」
と自作の歌を歌いながら 掃除機の上をピョンピョン飛び跳ねてたら、
すぐ後ろで玄関の郵便受けにストンと夕刊が投函される音が聞こえた。
人に聞かれた、と思ったら絶望感で心が氷点下まで冷えて、
その日一日はもう何も出来なかった。

334 :7分74秒:2009/01/17(土) 23:32:32 ID:dsVvHOur
>>329
忠告しておくが、そういうこの板の住人の反感を買うような
書き込みはほどほどにしておいたほうがいいぞ。
そういうことをこれからも続けてたら君の
コンサート活動にも支障が出るだけでなく、
いざというときには誰も助けてくれなくなり、
あとは干される運命にあるぞ。

335 :7分74秒:2009/01/17(土) 23:46:06 ID:Mm5sAsjS
難しい文章というと作曲の伊東乾が良くこういう風にわかりにくく書くね。
彼は東大時代の博士論文のためにこう書く習慣が付いたのだろう。
あそこはやたらと内容を難しくしないと門外漢の審査員が博士号を通さないらしい。
内容は何かと言うと何も言ってない、何もやってないのがあそこの相場だね。
結局、題名と目的・中身が全然違う!
ということはあなたも東大博士課程生???

336 :7分74秒:2009/01/18(日) 00:00:42 ID:SBF8T26i
>334
http://www.flickr.com/photos/denn/264734886/

こっ、これが、あたしの運命〜?  
ひぇ〜〜〜。 ガクガクブルブル・・・ なんてことなの!?

ごめんなさい! ごめんなさい!


・・・と言っておいて、
どうせ、日本でまでコンサートできるようになる確率は非常に低いので、
まっ、いいか〜〜〜♪   ひっひっひ・・・ 
                      

337 :7分74秒:2009/01/18(日) 00:07:51 ID:E+DQ6MPr
>>ID: Mm5sAsjS
議論する力が無くて悔しいのはわかるけど、
どう考えても言論に内容が無いのはあんたのほう。
寂しい人だね。


>>334
勝手に住人代表名乗ってんじゃねーよ
何が忠告だよ偉そうにw 


338 :7分74秒:2009/01/18(日) 00:45:25 ID:VNbpEAVk
お前、みんなに嫌われてるのが分かってないのか?

339 :7分74秒:2009/01/18(日) 00:55:24 ID:p9MLaSgI
やる気になればいくらでも分けのわからない単語使って誤魔化すのは容易だよ。
ラッヘンマンを語る場合にはそれはまずやらない。
彼自身はいつも平易な言葉のみを使って自己の作品を説明するしね。
あくまでも現代音楽だから後で難しくなるので最初は平易に入らないと誰も聞いてくれないのさ。
伊東乾は逆。
とにかく自分は東大一・日本一の優秀児であることを第一に挙げる。
もう自分の祖先から彼の経歴は説明を始める!!!!
他の聴衆は屑のバカ野郎の塊。
だから同僚で彼を好きな者は誰もいない。
嫌われ者としてはあなたも同様!


340 :7分74秒:2009/01/18(日) 01:44:41 ID:E+DQ6MPr
>>338
なにが「みんな」だよw
勝手に総意を代弁してる気になってんじゃねー
一人寂しく小便でも漏らしとけw

>>339
あんたが急に伊東乾叩きを始めてキャンキャン泣き喚いているように、
論点をズラしてごまかすのは簡単。
ヒステリー起こしてないで、ドイツ仕込みの討論テクを見せてよ。
それともドイツでは論点ズラしてごまかすのが流行ってんの?

341 :7分74秒:2009/01/18(日) 03:12:40 ID:SBF8T26i
Deutschland, ja?
Seh ich deine fette Freundin, denke ich Deutsche Panzer rollen wieder.
Ich steche Dir die Augen raus und pisse dir ins Gehirn,
du kleines schwules Arschloch!
Warmer Bruder! Abhanden kommen!

・・・と言ってみるテスト・・・。



342 :7分74秒:2009/01/18(日) 05:03:27 ID:p9MLaSgI
340は相当のバカだな。
論点をずらしてるのはあなたのほう。
だから言っているだろう。
誤魔化さないで何が言いたいの?

343 :7分74秒:2009/01/18(日) 06:13:58 ID:h5iXqqo1
誰の目にも平凡な一般論なのに、、、、、
もし別人が擁護してるんだとしたら、物事をひん曲がって捉えたい奴がいるんだな。
どう見えてんのかしらんけど手に負えねえ。議論って、、、
キショイ文体意識丸出しで自分が方法論先行のサンプルになってると言っただけで
内容はクリシェというか当たり前のことだし文句などあるわけないわな。
偽ブランドみたいな文章だよね。

344 :7分74秒:2009/01/18(日) 11:47:12 ID:XJRE6+FG
もう、あいつは荒らしだな。

345 :7分74秒:2009/01/18(日) 12:56:44 ID:SBF8T26i
・・・ww

あんたたち、なんでそんなに Petty なの?
こんな匿名BBSで、まじめに批判しあうなんて!

In here, we are just fucking nameless charlatans!
We are here to make some fucking outrageous comments.
Exaggeration is OK.
Abrasive comments are more than welcome!
Its just that they arent meant to be taken literally.
But, petty criticism is no fun to read.
Instead, why dont you try to come up with a comment
even more hell-raising than the comment you think is absurd?

・・・というわけで、
あんたたち、パーティーとかでモテないでしょう?
女の子に囲まれてキャハハハって笑ってる奴を横目で見ながら、
部屋の隅で一人で座って、まじめな表情で下向いて、
グラスのなかのオーリヴを凝視してたことがあるでしょう?
ほ〜ら! あたった?
ひょっとして、ガールフレンドもいないんじゃないの〜?







346 :7分74秒:2009/01/18(日) 16:01:31 ID:+yVbMcVf
キチガイ菅野とコピペカマしか居ないのかこの板w

347 :7分74秒:2009/01/18(日) 21:29:31 ID:7Dig/fmp
俺ってウィーン仕込だけど?

348 :7分74秒:2009/01/19(月) 00:29:09 ID:yZ1t+rmC
>>347

Wien ですか?
ひょっとしてDominatrix の Mistress Karolina の常連客だった日本の人?
もしそうだったら、また来てね・・・って彼女言ってましたよ。
来たら、またブーツで踏み潰して、鞭でお尻をバシバシやったげる・・・って。
いつもの Rabattpreis でいいそうですよ・・・。

349 :7分74秒:2009/01/19(月) 07:05:05 ID:WbuJZ03I
湯浅さんには布団で鍛えられましたよ。

350 :7分74秒:2009/01/19(月) 13:31:16 ID:QhQRyHYK
誰かつわものがコンポージアムの最中に
「さよなら絶望先生」「俗さよなら絶望先生」のDVD
をラッヘマンに渡してくれw

351 :7分74秒:2009/01/19(月) 17:55:51 ID:h0UTwF94
自分で直接渡せよ!

それとも相手が大きいから怖いのか?

352 :7分74秒:2009/01/19(月) 18:27:03 ID:e91Zjc7A
鞭でバシバシやられて喜んでんじゃねーよw

353 :7分74秒:2009/01/20(火) 00:37:10 ID:xk7Kkpuj
何だ、怖くてわたせねえのか?

臆病野郎だなあ!

354 :7分74秒:2009/01/20(火) 03:21:39 ID:gdn3H9Kl
黙って女王様に嬲られとけw ヒンヒン鳴けよw

355 :7分74秒:2009/01/20(火) 06:35:55 ID:xk7Kkpuj
まだ震えてわたせねえのか?

みっともねえよ、もう作曲辞めたら?

356 :7分74秒:2009/01/20(火) 11:05:58 ID:gdn3H9Kl
震えてるのはお前だろw 女王様の前でw
作曲も女王様に怒られながら震えながらやれよw みっともねぇwwwww

357 :7分74秒:2009/01/20(火) 11:58:36 ID:vje+g9lV
食えない貧乏群小作曲家同士の争い・・・。
根性まで貧相なのね・・・。

・・・ああ・・・無残な・・・

358 :7分74秒:2009/01/20(火) 13:37:58 ID:Huf8BU6O
>>357
というより誰がどんな状況で何書き込んでいるのか分からなくなった。
一旦仕切り直ししては?

自分はこのままカオスになっちゃってもいいれどw


359 :7分74秒:2009/01/20(火) 18:21:24 ID:96NbMk2b
そのヴィデオを本人に渡すだけで済むことなのに!

360 :7分74秒:2009/01/21(水) 13:21:18 ID:Nr9Lt6H9
お前が小便漏らしながら渡したらいいんじゃない?

361 :7分74秒:2009/01/21(水) 20:48:30 ID:RoI2+Xo/
そのDVD持っている人は小便で済まないので大便じゃないかな?

362 :7分74秒:2009/01/21(水) 21:16:09 ID:Nr9Lt6H9
じゃお前ならゲロだなw
女王様に鞭で叩かれながらゲロw きったねぇwww

363 :7分74秒:2009/01/21(水) 23:53:02 ID:RoI2+Xo/
俺DVDもってないんだけどな!

364 :7分74秒:2009/01/22(木) 07:13:49 ID:osWARZ9D
大きなラッヘンマン見て腰抜けて心臓が止まったとか?

365 :7分74秒:2009/01/22(木) 11:16:16 ID:5J9MP1qU
ラッヘンマンの音楽を一言で表現すれば、

「洗練された凡庸」 w

ミュライユとかもそうだけど。

366 :7分74秒:2009/01/22(木) 11:54:44 ID:UWGVSHgE
>>364
腰抜けはお前だろうが、ゲロ野郎w
鞭を欲しがるしょぼくれ馬みたいにヒンヒン鳴いとけw

367 :7分74秒:2009/01/22(木) 14:31:15 ID:ZH6XA7NR
悪い。ピンとこね。

368 :7分74秒:2009/01/22(木) 18:05:57 ID:TXTsFCs9
余りにびっくりして心臓が止まって死んだのであろう。

DVDを渡すも何もない。

369 :7分74秒:2009/01/22(木) 18:26:17 ID:UWGVSHgE
ゲロ吐きながら何言ってんのwww
ゲボゲボうるせーよwww 単にヒンヒン喚いてるだけかwww

370 :7分74秒:2009/01/22(木) 18:33:02 ID:+XvqmHbY
このレス読んでここの住民が「絶望先生」に対しどれだけ無知か分かった
自殺直前のB.A.ツィンマーマンの脳内をコメディとして映像化したようなものだぞ。

371 :7分74秒:2009/01/22(木) 18:36:58 ID:TXTsFCs9
お前はもう心臓が止まったんだからお陀仏!

372 :7分74秒:2009/01/22(木) 18:39:45 ID:UWGVSHgE
>>370
勝手にお手前の解釈押し付けてんんじゃねーよwww
お前は人の脳内がどんな風になってんのかわかるのかよwww
小便漏らしながら静かに消えろwwwww

373 :7分74秒:2009/01/22(木) 18:41:55 ID:UWGVSHgE
>>371
ん?ゲボゲボ、ヒヒーン、ヒヒーン?
何言ってんのかわかんないwww
人と話すときはゲロ吐くの止めてwww

374 :7分74秒:2009/01/22(木) 19:12:17 ID:TXTsFCs9
お前はもうシュトックハウゼンみたいに心臓が止まったのだから退場!


375 :7分74秒:2009/01/22(木) 20:33:57 ID:UWGVSHgE
心臓が止まってたら書き込めねーだろうがwww
ゲロ吐きながら辺り一面に糞撒き散らしてんじゃねーよwww

376 :7分74秒:2009/01/22(木) 21:41:17 ID:5J9MP1qU
Hat man dir mal ins Gehirn geschissen und vergessen umzuruhren?

377 :7分74秒:2009/01/23(金) 01:00:38 ID:SMFJ47wo
いきなりドイツ語になってこの人は狂っちゃったのかな?

378 :7分74秒:2009/01/23(金) 04:38:48 ID:/g2x2cUd
こういうの聴いてるとなるとさすがに頭がおかしい人だらけですね

379 :7分74秒:2009/01/23(金) 06:17:18 ID:SMFJ47wo
何でまたドイツ語?
俺全く喋れないんだけどなあ!
誰かは余り良くできるの誇示したいのかなあ?
それファラッへマンと何の関係があるんだ?
彼は英語・イタリア語・フランス語で喋っても良いんだけど。
それに日本語も少し!
ドイツ語なんて全然やらんで大丈夫だよ。

380 :7分74秒:2009/01/23(金) 08:30:58 ID:8JYSD8u7
C'est quoi la difference entre ta cravate et la queue d'un chien?
La queue du chien elle cache tout le trou-du cul.
Vous etes aussi utile qu'un frein a main sur un canoe.
Essaye cette manoeuvre: Prendre 50-60 pas en arriere.
Prendre plusieurs souffles profonds. Sprinter en avant a toute vitesse.
Faire un triple saut perilleux en l'air et disparaitre dans ton propre cul.
ひっひっひ・・・

381 :7分74秒:2009/01/23(金) 10:19:07 ID:Cie4NYWw
イタリア語は?

382 :7分74秒:2009/01/23(金) 10:53:47 ID:8JYSD8u7
えっ? イタリア語は・・・。ええい!何と言って言い返そうか!?

383 :7分74秒:2009/01/23(金) 12:39:12 ID:0l1/ibUg
>>372
ラッヘマンはどちらかというと性格が糸色望そのものだろ。

384 :7分74秒:2009/01/23(金) 17:51:08 ID:Uo8XwIWo
スペイン語でもいいよ!

ちょっと凝ってロシア語とかおもしろいな!

385 :7分74秒:2009/01/23(金) 23:45:31 ID:Zj5pt8pl
衒学

386 :7分74秒:2009/01/24(土) 02:26:21 ID:knDSKkc8
アニハセヨ!

謝謝!

387 :7分74秒:2009/01/26(月) 11:03:08 ID:kpbqIK23
とある小さな教会で、僕はピアノを演奏して暮らしている。
そのピアノは女の子の遺品で、寄付されたものらしい。
僕が一人でいる時に限り、何時も邪魔される。余計な鍵盤を勝手に叩いたり、楽譜を投げ散らかされたり。
女の子は死んだ事が未だ心残りなんだなと考えた僕は、気の済むままにさせている。
ある日見えない誰かに提案してみた。
「一緒に弾いた方が楽しいよ」
簡単な連弾用の楽譜を用意して、弾いて聞かせてみたのだが、興味も無いのか何時ものように騒いでいた。

ちょっとした事故で手を怪我して、暫くピアノが弾けなくなった。
神父さんにその旨説明して、それから一人でピアノを撫でる。
「ちょっとだけ寂しいかもだけど、すぐ帰ってくるからね」
ピアノは珍しく、静かなままだった。

漸く怪我が治ったので、久しぶりにピアノの前に座る。
暫く動かしていなかった手は、ややおぼつかない。
苦笑していると、隣に誰かの気配がした。
最初は恐る恐る、次第に滑らかに、鍵盤を弾いている見えない手。
「お手柔らかに、お願いします」
僕はにっこり笑って、彼女の邪魔にならないようにと指を懸命に動かした。
それが、前に渡した連弾用の曲だと思い出したから。

388 :7分74秒:2009/01/26(月) 18:37:51 ID:fyukq50p
ふーんー。

389 :7分74秒:2009/01/27(火) 21:00:19 ID:EOvN7LNf
ある時、父さんが家にロボットを連れてきた。
そのロボットは特別で、ウソをついた人の顔をひっぱたくって言う物騒な代物らしい。
そんなある日…。
僕は学校から帰宅するのがかなり遅くなってしまった。
すると父がこう尋ねてきた。
「どうしてこんなに遅くなったんだ?」
僕は答えた。
「今日は学校で補習授業があったんだよ」
すると驚いたことに、ロボットが急に飛び上がり、僕の顔をひっぱたいた。
父は言った。
「いいか、このロボットはウソを感知して、ウソついた者の顔をひっぱたくのさ。さあ、正直に言いなさい」
そして父がもう一度聞いてきた。
「どうして遅くなったんだ?」
僕は本当のことを言うことにした。
「映画を見に行ってたんだ」
父はさらに聞いてきた。
「なんの映画なんだ?」
「十戒だよ」
これに反応して、ロボットがまた僕の顔をひっぱたいた。
「ごめんなさい…父さん。実を言うと『Sexクイーン』ってのを見てたんだ」
「何て低俗な映画を見てるんだ、恥を知れ!いいか、父さんがお前くらいの頃は、そんな映画を見たり態度が悪かったことなんて無かったんだぞ」
するとロボットはきつい一発を父に食らわせた。
それを聞いていた母が、キッチンから顔を覗かせるとこう言った。
「さすが親子ね、あなたの子だけあるわ」
母も顔をひっぱたかれた。


390 :MMM :2009/01/27(火) 23:34:22 ID:9/Xz7Xae
へー、そして?

391 :7分74秒:2009/01/29(木) 03:57:58 ID:OivKyVAZ
>>390
今堀はネ申なんだよ
大おフランス政府認定イルカマーが羨ましいからって嫉妬すんなや
電光石火のレイプ馬鹿が

おまえは敗北感と惨めさと屈辱と絶望にまみれて
おケツ掘られるレイープ夢想しながら仮性包茎の臭い珍子をシコってろ
おまえみたいなニポンの土田舎でくすぶってるヒキコモリニートのクズ作曲家ワナビーと
欧州の芸術サロンに認められてる現代音楽界の若き新星今堀様はレベルが違うんだよ馬鹿が

今堀さんにはファンが付いてて現音板でも書込みを心待ちにしてる人がたくさんいるけど
おまえのくだらねー荒らしカキコなんか、お前の音楽と同じく誰にも必要とされてねーからwww
おまえは「無」なんだよwwww わかる???
お前の価値は0、ゼロ、零、ナッシングwwwwwwww

さっさと電光石火の早業で首吊って自殺しろよ負け犬

392 :7分74秒:2009/01/29(木) 06:06:11 ID:XLaOCwfR
さっきからここにはキチガイが張り付いている。

393 :7分74秒:2009/01/29(木) 09:41:23 ID:pQ3Dz+lL
なんかこの人の作品どれも似たような感じやな

394 :7分74秒:2009/01/29(木) 17:41:20 ID:6tCw+MUc
>大おフランス

>欧州の芸術サロン

・・・だってさ・・・。 C'est rien que de la merde! なのに・・・。w

それも、日本人の男が嬉しそうに言うと・・・、カコワル〜〜〜〜。
Encule de ta race entiere! 

でも、ちょっと、カワイソです・・・。 


395 :7分74秒:2009/01/29(木) 17:56:14 ID:XoYrszK7
何、おフランスかぶれしてんだ!

396 :7分74秒:2009/02/27(金) 21:11:29 ID:9EIAGrkp
I have sampled every language, French is my favourite
- fantastic language, especially to curse with.

Nom de Dieu de putain de bordel de merde de saloperies
de connards d'enculis de ta mire.

You see, it's like wiping your ass with silk, I love it.

              (Merovingian:談)

397 :7分74秒:2009/02/28(土) 23:50:07 ID:Zu/+F9RN
何、おイギリスかぶれしてんだ!

お前アホか??????

398 :7分74秒:2009/03/01(日) 07:25:41 ID:pCx1ldmV
自称生活保護芸術家カンノと自称キャバ嬢中年オカマは消えてくれ


399 :7分74秒:2009/03/01(日) 08:00:26 ID:JWMX1M/s
自称キャバ嬢中年オカマって誰????

マサミ?????

400 :7分74秒:2009/03/01(日) 19:45:07 ID:7gXoCcby
ねこねこ?

401 :7分74秒:2009/03/03(火) 11:06:55 ID:MMxqyfWp
ラッヘンマン・・・何聴いても似たり寄ったり。
めまぐるしく展開しているのはまるでリスナーの疑問符から逃げ切ろうとしているかのようだ。

402 :7分74秒:2009/03/03(火) 11:26:35 ID:AEMXTRMd
うまいことを言う

403 :7分74秒:2009/03/03(火) 17:53:06 ID:l4CpKIzQ
そりゃ音をみんなばらばらにして構成するから。
12音音楽もそうだったろ?
セリエル時代もそういわれていたね。
要は聴く側の耳の未発達に問題がある。
記憶力が悪いとみな同じに聴こえる。
結局は素人。

404 :7分74秒:2009/03/03(火) 19:58:22 ID:AEMXTRMd
>>403 は月並みな意見に付和雷同する似非インテリの
俗物の流行りもの好きでしょう。

musique serie がどうやって熱病のように出てきて
midiocre 作曲家たちと新し物好きな一般人の凡人がコロッと騙され、
出てきたときと同じように熱病のように消えていったか?
を考えれば? 

要は技法じゃなくて、Esthetic Content が洗練されているかどうか?
Esthetic Content が聴く人に感銘を与えるかどうか?

それが Webern と Berg をその他の名もない12音作曲家たちから区別し、
Messiaen を Joseph Hauer から区別し、
Lutoslawski を残りの Polack たちから区別する・・・。

この文化的重要度の差別化のクライテリオンが凡人にも同意され、
一般常識となるのに半世紀かかる・・・。

さて、Lachenmann の運命は・・・?
個人的には、50年後、Lachenmann の名前は教科書の中以外には
残っていない・・・に170円かけよう!

405 :7分74秒:2009/03/03(火) 20:15:04 ID:l4CpKIzQ
教科書の中に残ったら凄いんじゃないの?
バッハやベートーヴェンと同じじゃん。
そんなにこの人演奏されなくなると思う?
じゃなぜアンサンブル・モデルンは彼の「ムーヴマン」を既に150回の再演回数を越えたんだよ。
あの大掛かりな4管編成の「マッチ売りの少女」だって全曲CDがもう2種類あるんだよ。

406 :7分74秒:2009/03/03(火) 20:36:49 ID:AEMXTRMd
現代音楽の演奏回数、CDのレリース数は、100%政治力の証明でしかないでしょう。

50年後、彼がすでに地下6フィートで地上に政治力を発揮できなくなったら、
演奏回数、CDのレリース数は、音楽ファンの大衆が決める。

というわけで、170円の Wager はビタ1文下げる気はないぞ〜〜〜!


407 :7分74秒:2009/03/04(水) 01:01:03 ID:jGi97wrI
ははは、ラッヘンマンがフーバーやユンみたいに政治力を行使してると思っている。
あれほど政治力を全く使わない人は他の作曲家で見当たらないね。
演奏家に演奏してくれとは絶対言わない人。
勝手に演奏させる。
CDも出版もしてくれとも言わない勝手にやらせる。
自分の家族や弟子の作品や演奏をテレビ・ラジオに出してくれとも言わない。
みんなやりたい人に勝手にやらせる人。
WergoからやっとラッヘンマンのCDが初めてでたね。
彼はそんなこと全然かまわないから出なくとも遅れてもかまわない人。
そんなことしなくとも誰かが勝手に演奏してくれて何もしなくとも食っていけるので全くの無頓着なのだ。

408 :7分74秒:2009/03/04(水) 17:15:37 ID:x9cFqf+q
そんな無私無欲な芸術家がいるとわィ

409 :7分74秒:2009/03/04(水) 18:48:12 ID:yUwwobu0
そういや萩尾望都の漫画「残酷な神が支配する」後半で
ラッヘンマンみたいな音楽家がギャグ要員として出ていた。

410 :7分74秒:2009/03/04(水) 20:11:28 ID:BaZavKIE
彼は自分の奥さんでさえも音大のピアノ教授としては推薦をしないね。
ほんとは彼の一言で何でも決まるのだが、
講師さえもさせないね。
一回音大の客演でベリオのセクエンツァVIを弾いただけ。
それ以上は音大と関係ない普通のコンサート以外は見ないね。
弟子たちも同様作曲の先生やコンサートの曲目も全然推薦しないし、先生の選考にも出てこない。
ユンやフーバーと比べてそういう意味で弟子にとって良い先生とは言えない。
でもそういう態度ってかえって外では凄く受ける。
私腹を肥やしていないからね。
他の作曲の先生たちはほとんど例外なくコンクールや教授の推薦で良くやっているが。
自分の娘たちも趣味でヴァイオリンぐらいは弾けるんだけど音楽家ではないようだ。
アメリカ留学帰りなんだけど、シュトットガルトで新聞の普通のジャーナリストやっているとか?

411 :7分74秒:2009/03/04(水) 20:45:00 ID:Azwcyi8Z
>>410 
Ludicrous!
Totally incredulous!
Its the biggest BULLSHIT I ve heard.

412 :7分74秒:2009/03/04(水) 22:13:32 ID:BaZavKIE
またエイゴかぶれが出てきたよ!

413 :7分74秒:2009/03/05(木) 09:03:27 ID:3bnH9hJ8
って言うか、独語、仏語どころか、英語すら不自由な人が
なんで西洋音楽聴いてるのか? と小一時間・・・。


414 :7分74秒:2009/03/05(木) 17:54:21 ID:+HPDR6pT
独語、仏語どころか、英語と言っても単なる「受験外国語」。
実用では全く使わないね。
伊東みたいに東大にでも入るのかな?

415 :7分74秒:2009/03/05(木) 20:47:40 ID:3bnH9hJ8
>>414 は日本で食べるグーラーシュ、
ヨーロッパで食べるチリ・フランク、
アメリカで食べるトンカツ
・・・のような曲を書く人なんだろなぁ・・・。

416 :7分74秒:2009/03/06(金) 01:12:59 ID:+ZQqtlB9
日本食は箸で食べます。
従がってスパゲッティはフォークで食べます。
だからカレーはスプーンで食べる。
どこが悪い?

417 :7分74秒:2009/03/06(金) 01:35:34 ID:R7ty5LI/
えーと、接続詞の使い方かな?

418 :7分74秒:2009/03/06(金) 02:06:36 ID:KeCsv5LM
確かに接続詞がおかしいね。
415の推測は正しいようだ。

419 :7分74秒:2009/03/06(金) 04:28:53 ID:+ZQqtlB9
そんなに食いも気にしてたらこの世の中渡っていけないよ。

420 :7分74秒:2009/03/06(金) 17:30:58 ID:1to6H145
良いんだよ、何食ったって。

421 :7分74秒:2009/03/06(金) 17:54:56 ID:KeCsv5LM
5月のラッヘンマンのチケットそろそろ予約しないと取れないかな?

422 :7分74秒:2009/03/06(金) 20:05:31 ID:1to6H145
何時やるんだっけ?

423 :7分74秒:2009/03/06(金) 21:11:31 ID:va2ma3Zi
>だからカレーはスプーンで食べる。

本場インドでは手で食べます。

424 :7分74秒:2009/03/06(金) 21:25:07 ID:va2ma3Zi
外国語コンプレックスがある日本人が多いみたいだけどそもそもは
欧米人にとって日本語はメチャクチャ難しく感じるらしい。
日本語を習得できる欧米人は少ない、だから日本人が
英語、独語、仏語などを勉強しようという意識が働くらしい。

425 :7分74秒:2009/03/06(金) 23:18:05 ID:1to6H145
私はインド人ほど汚らしい格好では食べない。
文明人は文明治らしくね。

426 : ◆30rKs56MaE :2009/03/07(土) 05:22:53 ID:oypbe/Ye
J'ai lu les articles en français (je ne comprends pas l'allemand), mais ce n'est rien lié avec le sujet de Lachenmann.
C'est rien que de la merde? C'est lui le >>394 (et peut-être Kanno) qui est la merde alors.

Au fait, dès l'avril prochain, on peut écouter les programmes des cours des langues à la site de NHK. Étudions les langues étrangères!

>>421
Ne t'enquiète pas, l'année dernière était le cas spécial. Normalement on peut encore acheter des billets.

427 :7分74秒:2009/03/07(土) 08:59:32 ID:e9RKiWJz
でも、
著作権で生活出来るというのは作曲家の理想の姿だよな。

428 :7分74秒:2009/03/07(土) 11:47:11 ID:mQ95P1Kb
言語に貴賎なし。

429 :7分74秒:2009/03/07(土) 17:58:13 ID:tTMPkbrv
未だにフランスかぶれしているやついるよ。

430 :7分74秒:2009/03/07(土) 17:58:58 ID:tTMPkbrv
三界正美にフランス語で書けといわれたとか?

431 :7分74秒:2009/03/07(土) 18:27:02 ID:d0yFQp9V
>>426
えっ? そうなの?
Vous ne comprenez pas d'allemand!?

Thats fucking great! Well・・・In that case,
・・・parlons de votre mere dans l'allemand.

Ihre Mutter ist wie die Spielhalle:2 Euro pro Benutzung.
Ihre Mutter ist wie ein Staubsauger:
sie saugt,blast und landet dann im Wandschrank.
Sag' deiner Mama ich bezahle sie spater. 

へっへっへ・・・ ;P





432 : ◆30rKs56MaE :2009/03/07(土) 20:26:02 ID:oypbe/Ye
>>430
彼は昨年12月に亡くなった。

>>431
Je comprends ta phrase à grâce de traducteur automatique.
Tu es impolitesse.

433 :7分74秒:2009/03/07(土) 23:52:51 ID:tTMPkbrv
まだ50ぐらいだろ?
ガンだったのか事故か?

434 : ◆30rKs56MaE :2009/03/08(日) 01:02:50 ID:/GR8qDhb
こういう場所にあまり詳しく書くのもはばかられるが、脳出血で急逝されたそうだ。
皆さんもご自愛を。

435 :7分74秒:2009/03/08(日) 01:17:47 ID:P4DU8dBf
まあ詳しくは一年先輩の国立音大のデティユの専門家の橋本正明さんが知っているだろう。

彼は典型的な天狗ではあったったが彼のスクリァービンの講義はやたらと詳しくて面白かった。
彼の親も国立の教授で二世だったので人生を渡るのに弱い面もあったね。
昔は彼と良くベートーヴェンのソナタ形式で激しく喧嘩したもんだよ。
ピアノも上手かった、知識も旺盛、さすが世襲作曲家(理論家?)だったなあ!
それでいてブーレーズの「ル・マルトー・サン・メートル」のスコア貸してくれるなど優しい面もあった。
当時は高くて買えなかったんだよ。

誰かここに死去の記事かスレッド書かないのかよ?



436 : ◆30rKs56MaE :2009/03/08(日) 04:27:03 ID:/GR8qDhb
昔は訃報用スレがあったのだが、いつの間にか落ちたか消えたかした。
それよりアンリ・プッスールの追悼スレを誰か立ててくれ。

437 :7分74秒:2009/03/08(日) 07:05:51 ID:P4DU8dBf
メシアンの「わが音楽語法」、
神保町の古賀書店に毎週通ったけどいつもそんなの出ないといわれた。
そこでだめもとで三界に相談したらどっこい持っていた。
喜んで借りてコピーしたなあ。
あれがなかったら今でもフランス音楽に絶対の自信は持てなかったね。
ボロボロの家に汚い格好で住んでいたみたいだけれども、
楽譜と音楽書は親譲りなのかまずは全部持っていたよ。


438 :7分74秒:2009/03/08(日) 09:11:46 ID:fxVgG5tb
メシアンの「わが音楽語法」・・・で、フランス音楽に絶対の自信・・・。

ちょっちわろタ。

439 :7分74秒:2009/03/08(日) 13:48:32 ID:gNDeCR6W
>それよりアンリ・プッスールの追悼スレを誰か立ててくれ。

自分で立てようとはなぜ思わないのか。

440 : ◆30rKs56MaE :2009/03/08(日) 17:22:56 ID:/GR8qDhb
>>439
スレ立て制限に引っかかって、うちの回線からじゃ無理。

441 : ◆30rKs56MaE :2009/03/08(日) 17:30:47 ID:/GR8qDhb
>>437
Lis version originale en français!
(Et lis aussi les sept tomes des livres "Traite de rythme de couleurs et d'ornitologie" de Messiaen édité par Alphonse Reduc!!)

442 : ◆30rKs56MaE :2009/03/08(日) 17:39:45 ID:/GR8qDhb
とりあえず>>437がたぶん年齢50前後で、たぶん国立音大関係者で、たぶん原書で読めるほどの
語学力が無いということが推測でき、メシアンを一冊読んでフランス音楽に絶対の自信を持った
という事は理解できた。
とりあえずアドヴァイス。俺の親ほど年を食ってるなら、もっと原書を読め。つーか原書の存在を知れ。
L'HarmattanならPDFで買えるでしょ。

443 :7分74秒:2009/03/08(日) 20:16:27 ID:blXLNQJz
「吾が音楽語法」の原書なんて出ているか?
絶版じゃないのか?
それ読むんだったっら、
ブグスラフ・シェーファーの「作曲入門」手に入れたいね。
これはほんとに聖書格の書物だ!
読んでみな?

444 : ◆30rKs56MaE :2009/03/08(日) 20:42:52 ID:/GR8qDhb
ttp://www.amazon.fr/Technique-mon-langage-musical-exemples/dp/B00006RJN8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1236501218&sr=1-1

445 : ◆30rKs56MaE :2009/03/08(日) 21:07:17 ID:/GR8qDhb
普通日本語ではボグスワフ・シェッフェルと言わないか?
マリー・シェーファーの親戚かと思ってぐぐっちまったじゃないか。
写真でシェッフェルだと分かったけど。

446 :7分74秒:2009/03/08(日) 23:56:55 ID:blXLNQJz
余りポーランド人じゃないね。
ペーター・エトヴェシュと本人が言わすように、
ドイツに帰化したような人はみんなドイツ語読みで言わせている。
ORF1のFM放送もシェーファーとかペーター。
名前自体がそもそもドイツ系の名前だしね。
祖先がドイツ人なのだろうし、ポーランドに帰る気は毛頭ないのだろうよ。


447 :7分74秒:2009/03/09(月) 00:49:21 ID:1FRquB7t
フランス語が美しいと思ってるのは外国人。
フランス人には「なんてしょぼい発音なんだ…」と思ってる人のほうが多い。

448 :7分74秒:2009/03/09(月) 02:59:43 ID:M6oRBwwZ
フランス語は日本でいったら関西弁みたいに聴こえる。
やはり括弧いい、でもそれだけ。

逆にドイツ語は東北弁のようにドロドロして醜い言葉。
でも仕事やるにはそのほうがはかどるよ。

449 :7分74秒:2009/03/09(月) 21:48:33 ID:ptd7bDJX
>仕事やるにはそのほうがはかどるよ。

・・・Scheisdreck!
それ、あんたがフランス語苦手なだけなんでは?w

Hat man dir mal ins Gehirn geschissen und vergessen umzuruhren?

450 :7分74秒:2009/03/10(火) 01:15:47 ID:UZ+Y9KrC
みんなにわかってもらうためにここは日本語で書けよ。
フランス語はフランスの2chに書け!
ただのバカだと思われるぞ?

451 :7分74秒:2009/03/10(火) 01:25:41 ID:k0Z9L7HB
フランス語とドイツ語の区別もつかないバカが貼付いてるスレはここですか?

452 :7分74秒:2009/03/10(火) 10:10:53 ID:feJvwF4d
外国語が分かる人は向こうの音楽情報をどんどん翻訳するべきだよ。

453 :7分74秒:2009/03/10(火) 12:43:57 ID:+IcijgTC
そう 能力生かして最新の現代音楽事情を報告してください
一握りのエリートが情報を独占する時代は終わっている
ダルムシュタットは?
イルカムは?

454 :7分74秒:2009/03/10(火) 13:13:00 ID:c5z0KkiG
何この開き直りスレ

455 :7分74秒:2009/03/10(火) 17:12:04 ID:X0EZCUrf
ダルムシュタットは実際に去年参加した野田憲に聞いてくれ。
ゾルフ・シェーファーが辞めたので来年からまた変わるよ。

イルカムは藤倉大のように今でもブーレーズの推薦がないとメジャーになれないようよ。
レヴェルなんかクソでもどうでも良いからブーレーズの推薦だけ取って来いよ。


456 :7分74秒:2009/03/10(火) 18:31:49 ID:w3H5xNoj
>>448
ドイツ語は日本の一般市民からは、趣味として、
また教養として学びたいとはあまり思われない言語。
大学の第二言語でうっかり選択してしまった、事情あって
現地に住む事になったので嫌でも覚えざるを得なくなった、
などというように、ドイツ語を勉強する、という事には
どちらかというと災難のニュアンスがある。
でもフランス語を選んだ方がある意味、もっと災難だ。
発音がかっこいいらしいけど時制とかがめんどくさすぎるからね。

457 :7分74秒:2009/03/10(火) 18:47:03 ID:w3H5xNoj
>って言うか、独語、仏語どころか、英語すら不自由な人が
なんで西洋音楽聴いてるのか? と小一時間・・・。


音楽用語は基本的にイタリア語。

458 :7分74秒:2009/03/10(火) 20:26:06 ID:X0EZCUrf
外国語学びたい人はアテネ・フランセなどの語学学校に行けば?
ここは語学学校ではないのだよ。
奏法などの説明は最近は英語一筋に限るね。
ドイツ語やイタリア語・フランス語で書いて、
後で英語でアメリカ人やイギリス人・オーストラリア人などにいちいち説明するのもう嫌じゃ!
楽曲解説も同じ、最初全員に英語で説明して、
わからない人だけ手を挙げさせて、
それぞれ個別に部分的にフランス語やスペイン語で説明すれば良い。


459 :7分74秒:2009/03/10(火) 20:28:13 ID:sQ5DG1On
普通の楽典語以上のイタ語はほとんど何も知らないけど、
音楽では別に不自由ないよ。
ポーランド語知らなくても困ることないでしょ? それと同じ。

リストランテ・イタリアノでメニューが読めて、
obnoxious な奴にナンパされたときに、

   Madone de mia! 

くらい言えれば充分でしょう? w


460 :7分74秒:2009/03/10(火) 22:21:44 ID:GZh1Gb10
ラッヘンマンは自分のゼミのときに必ず断るね。
「英語が”全く”わからない人は手を挙げろ?」と。
もちろん普通ははいないので英語で授業を進めるね。
ゲスト作曲家がフランス語とかイタリア語しか喋らないときはすぐ英語に訳してくれるよ。


461 :7分74秒:2009/03/11(水) 10:25:50 ID:cKppW758
日本在住の人がわざわざ Lachenmann のとこまで行って習うべきものって何?

今時は、コンピューター使いこなせないと、作曲家としては身障者だから、
IRCAMに、そのためのFacility と Faculty がある/いる、という理由で、
わざわざ行く意味あるけど・・・。

Lachenmann から何学ぶの?
Hollywood の Foley Studio(効果音作るスタジオ)で雇ってもらったほうが
収穫多いんじゃないの?w

それとも、限られたPost の獲得競争に勝ち抜くためのEdge として利用するために
売れっ子(w!)の弟子だったっていう既成事実が欲しいだけ? w


462 :7分74秒:2009/03/11(水) 12:46:15 ID:Rs1YDiSc
表向きは特殊奏法をまなびに行く。だとおもうが
金払って受けるだけの価値があるのかその講習

463 :7分74秒:2009/03/11(水) 17:30:16 ID:31KqyPkb
Lachenmanから学べるのは彼の作曲技法ではない。
それよりも彼の音楽哲学のほうが重要だ。
何で現代音楽を作曲するかもっと考えよ!

464 :7分74秒:2009/03/11(水) 21:21:36 ID:YFkvwiOf
哲学というより宗教だろうなあ。

465 :7分74秒:2009/03/11(水) 22:30:23 ID:31KqyPkb
親が教会音楽家で兄貴が牧師なので、
プロテスタント系のキリスト教の可能性はあるね。
でも何か宗教音楽は好きでないようだよ。

466 :7分74秒:2009/03/12(木) 19:42:42 ID:oGLyRyGG
効果音大全集に哲学や宗教があるとは、
音楽って、奥が深いなぁ・・・

467 :7分74秒:2009/03/12(木) 20:10:04 ID:b+XZxls+
宗教はあの人は余り信じない。
その点シュトックハウゼンとは違うね。
学閥も楽派も作らない。
ましてレッヘンマン・ゼミナールなど地元で特別にやる筈がない。
本も特に自分では特に出さない。
ダルムシュタットとかFMとかに頼まれたら自分の楽曲を解説するだけね。
従がって自分の出版社やCDも作らない。
出したいやつに勝手に任せる。
特殊な演奏法を知らない演奏家には質問さえすればちゃんと丁寧にどこでも報酬無しで教える。
「今度この曲やりたいんですが、ここどうやってやれば良いのですか?」
と英語で楽譜見せて質問さえすれば、ただでやり方すぐかつ詳しく教えてくれるよ。
みんなそうやって演奏にかけるようだよ。


468 :7分74秒:2009/03/12(木) 21:14:55 ID:oGLyRyGG
■あのテの音楽について、本書くって・・・?
特殊奏法の組み合わせかた一覧表以外に書く内容がないでしょう?
だから本書かないんでは?

★あのテの音楽についてのセミナー・・・って?
特殊奏法の組み合わせかた一覧表の Hand-Out 回せば、あと話すことがない。
だからセミナーもやらないんでしょ? 

▲で、どのへんがテツガクなの? 

●What a fucking bullshit!   Give me a fucking break!

469 :7分74秒:2009/03/12(木) 23:06:52 ID:b+XZxls+
それは何も知らない人の言い方だろうよ。
彼の好きなベートーヴェン論からワーグナー、ノーノ、
シュトックハウゼンまでめぼしい楽譜は完全に頭に入っているので、
いくらでも書く気になれば書けるだろうね。
シュトックハウゼンみたいに自分の曲ばっかじゃなくとも良いしね。
アドルノの思い出とか、ニコラウス・A・フーバー批判やファニホウ批判でも良いね。
またベッティ・フリーマンのこととかジェラルド・グリセイ論、セリエル論でもどんどん書けるだろうよ。


470 :7分74秒:2009/03/12(木) 23:17:05 ID:YoAmQa1L
> ジェラルド・グリセイ論
またすぐそうやって変な読み方のカタカナを使う。

471 :7分74秒:2009/03/12(木) 23:57:34 ID:SNfjWXg5
>>468
お前、マンコ臭ぇだろww
クサマン女にはわかんねーんだよwww

472 :7分74秒:2009/03/13(金) 00:25:15 ID:wYrs0/1Y
何と言って言い返そうか!
 
えっとぉ・・・、

「この陰茎癌野郎!」

473 :7分74秒:2009/03/13(金) 00:26:27 ID:peBJbQQk
要は本だったら何でも良いんだよ。
しかし作曲と同じように文章もめったに書かないなあ。
家庭で個人レッスンもしてないようだ。
たまに演奏家を呼んでご馳走するだけ。
何もしなくとも教授時代の年金じゃなくて桁違いの恩給が入るからなあ。


474 :7分74秒:2009/03/13(金) 00:53:22 ID:Z6TUJG5q
その人、ネカマだってば。

475 :7分74秒:2009/03/13(金) 02:49:36 ID:E/4jLF2Q
ほっとけ!

476 :7分74秒:2009/03/13(金) 18:37:44 ID:BTERYjnK
なんか作曲家というより総統閣下みたいですね。

477 :7分74秒:2009/03/14(土) 08:27:36 ID:Tegu8QP+
今でもファニホウと共にダルムシュタットの指導的立場なのは確かだね。

478 :7分74秒:2009/03/15(日) 10:19:42 ID:gaWZFL5g
>>477
指導的立場×→支配的立場○ ?

479 :7分74秒:2009/03/15(日) 19:56:39 ID:TbL/G+pW
彼の辞書には支配という文字はない。

480 :7分74秒:2009/03/17(火) 15:02:02 ID:cksS3U1C
残念だ
支配という言葉を知りながらそれをしないのと
自覚せずに支配と同等の事を他者に無理強いするのでは大違いだ。

481 :7分74秒:2009/03/17(火) 17:38:14 ID:DD/WGU6h
じゃ、ラッヘンマン・クラブに入ると良いだろう。

本人が何もしないのですぐ絶望する筈だよ。
すぐ脱会するだろうぞ!

482 :7分74秒:2009/04/10(金) 14:23:41 ID:cP8yKa02
まー今ハガレンとかゆー漫画読んでるが
ある女性士官がキレて罵倒する内容
ラッヘンマンの業績そのままな・・・

483 :7分74秒:2009/04/11(土) 04:55:54 ID:GTXl8vYE
最近コンクールの審査多くなったな?

484 :7分74秒:2009/04/20(月) 00:55:09 ID:wUOHPs0G
武満賞以外に今後どんな審査あります?

485 :7分74秒:2009/04/22(水) 19:00:58 ID:IKEbAOpR
欧米が多いね。
Wienあたりのカーゲル作曲コンクールとかね。

486 :7分74秒:2009/04/22(水) 19:41:38 ID:ji2bU4UR
>>485
教えてくれてありがとうございます。

487 :7分74秒:2009/04/22(水) 19:58:05 ID:IKEbAOpR
大昔、作曲の教授時代少し審査員やってたんだね。
そしたら弟子の一人のアルヴァロ・カレヴァロが
「何で受けろといったのに入れてくれなかったんだ?」と噛み付いた!
それでいつも言い訳は決まっていて、
「自分では良いと思ったが他の審査員がみんな反対したんだ」という。
それで関係のないイザベル・ムンドリーとかキブルツとか入れちゃうんだね。
そこが(W)・フーバーとかイサン・ユンらと違うとこだな。
自分が関係してないボスウィルやプフォルツハイム作曲コンクールでも、
彼の弟子たちが複数入賞して1位・2位を競うので、
余り弟子の優劣を比較させたくないらしいよ。
あの後懲りて全く審査員しなくなった。
今は弟子がいないし暇なのでまた始めたんだろう?
だから全く関係のない野田憲らでもチャンスだよ。
前衛作品だったら何とかなるんじゃないかな?

488 :7分74秒:2009/04/24(金) 10:00:45 ID:uUwc8/ss
ラッヘンマンの作品は高度な技術の奏者が行って作曲家の想定した音が出る。
つまり出る音より技術が重要。
酷い表現で言えば技術ステイタスの音楽なのだ。
ゆえに演奏者はこぞって奏法を学びに講演会・講義に金を払って聴きに来る。
学んだ奏法でラッヘンマン作品を演奏し自分の優秀さを誇示して悦に入るわけだ。
作曲家や研究者は人気の秘密解明とそれにあやかる方法を求めに。
講習会の人気や演奏の急増は聴衆が望むからではない、
演奏家や作曲家や研究者が望んだものなのだ。

489 :7分74秒:2009/04/24(金) 10:15:07 ID:gXr42RoA
>つまり出る音より技術が重要。
日本語でおk

490 :7分74秒:2009/04/24(金) 15:48:29 ID:eC131MJD
いや出る音:つまり素材も新しくないと駄目。
譜づらはノーノのように読めればどうでも良い。
綺麗に書かなくて全く結構!
Ordinaioを使うのは危険かも?技術?
特殊奏法は技術というよりも知識だろう。
どれがどうやってどこまで出るか?
彼は最近になってやたらとスターみたいに人気が出たんだよ。
昔は全然演奏されなかった。
特にベネチアのノーノ時代は2年間音が全くでなかったらしいよ。
コンクールも3回入っているけど、良く落ちたほうの話を聞かせてくれた。
イサン・ユンもコンクールは受かったときよりも落ちた時の話をしたなあ。
今やシュトックハウゼンが死んだら特に全世界で毎日勝手にやられる時代になった。
コンクールは数百曲短時間でみるので、一曲について30秒しか見れないそうだ。
だから運しかないんだよ。


491 :7分74秒:2009/04/24(金) 19:44:22 ID:1RFG2L3b
>コンクールは数百曲短時間でみるので、一曲について30秒しか見れないそうだ。
>だから運しかないんだよ。

なんていいかげんなのだ。債券商品作りと同じだな。
ポップスの方が善良に思えて来た。


492 :7分74秒:2009/04/25(土) 03:24:43 ID:Dw57JzQw
どこだって30秒だよ。
そんなの受かった受からないで作曲家の良し悪しを決めるのもおかしい。
ラッヘンマンも、ユンも、ファニホウも、バーンスタインも、マーラーも、ドヴォルザークも昔は散々落ちたしね。

493 :7分74秒:2009/04/25(土) 15:21:25 ID:rhLIUOk+
ラッヘンマンにとって疑似社会主義の崩壊した日本はどう見えているのだろう。

494 :7分74秒:2009/04/25(土) 15:49:40 ID:u1NWsC2q
疑似社会主義ではなくて世界で唯一の成功した共産主義だよ。

495 :7分74秒:2009/04/27(月) 10:01:23 ID:vbNweIau
そうか

496 :7分74秒:2009/04/27(月) 18:18:22 ID:alB6EDYJ
日本は社会主義でも共産主義でもない。
ただ、江戸時代以前はそういう傾向はあったらしいがな。

497 :7分74秒:2009/04/27(月) 21:37:57 ID:AqjdohVX
絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです

絶絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです

絶絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです

絶絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです



498 :7分74秒:2009/04/29(水) 00:14:33 ID:Brc4kadY
身長が165cmくらいのちょっと、ぽっちゃり型のガイドさんの話。
お部屋に入ると、すぐオシッコをしましたが、その日はウンコはしませんでした。
翌朝、裏に回ってみると、6時を過ぎてもまだ起きていないようでした。
マンホールのふたを開けましたが、網にはペーパーがかかっていただけでした。
6時半ごろ起きたようですが、まず歯を磨いていました。
若い女性でも誰もいないと「カーッ」と痰を吐いていました。
その後、トイレに入ってきましたが、パンツを下げるとまずオシッコをしました。
流す気配がないので、そのまま様子を伺いました。
「プッ、プッ」とおならが出ましたが、まだウンコは出ません。
「ウッ、ウッ」と息む声が聞こえてきました。身長が165cmくらいのちょっと、ぽっちゃり型のガイドさんの話。
お部屋に入ると、すぐオシッコをしましたが、その日はウンコはしませんでした。
翌朝、裏に回ってみると、6時を過ぎてもまだ起きていないようでした。
マンホールのふたを開けましたが、網にはペーパーがかかっていただけでした。
6時半ごろ起きたようですが、まず歯を磨いていました。
若い女性でも誰もいないと「カーッ」と痰を吐いていました。
その後、トイレに入ってきましたが、パンツを下げるとまずオシッコをしました。
流す気配がないので、そのまま様子を伺いました。
「プッ、プッ」とおならが出ましたが、まだウンコは出ません。
「ウッ、ウッ」と息む声が聞こえてきました。絶対食える!!と思っていても、そう簡単には食べれませんよね。
うんちは・・・・。私の体験は、18歳の色白で細身の女の子で5段階で
5の下くらいの結構可愛い女の子だったので、余裕で食えると思っていました。
細身のわりには白いムチッとしたお尻で、ウンチングスタイルになっただけでも
興奮で震えたのを覚えています。そしてスカトロビデオと同じように、肛門が
盛り上がったり、引っ込んだりしているうちに、「ブ−!」とおならをしてくれ
ました。生まれて初めての生おならにまたまた興奮しました。そして、ぷ〜んと
それなりの匂い。やっぱ女の子でも、おならは同じような匂いがするんだなと
思いました。でも、臭かったけど全然耐えられる匂いでした。そして、肛門から
うんちが真っ直ぐに出てきました。「メリメリメリ」と本当に音がするんです



499 :7分74秒:2009/05/08(金) 21:26:47 ID:OpgLHuVZ
オペラシティage

500 :7分74秒:2009/05/10(日) 15:42:57 ID:JCYBE2jl
深夜アニメ「バスカッシュ!!」観る様誰か唆してみろ。

501 :7分74秒:2009/05/11(月) 23:52:18 ID:JlRvKhm0
YouTubeにあった動画で
クラリネットのマウスピース外して手のひらでポンって音出す奏法を見て
不覚にも吹いてしまった

502 :7分74秒:2009/05/13(水) 21:00:04 ID:UqPuig73
コンポージアム会場でラッヘンマン人形発売

503 :7分74秒:2009/05/18(月) 21:27:43 ID:bacXFQ8u
はいはいあげよ

504 :7分74秒:2009/05/19(火) 18:15:10 ID:at9nWbfd
俊夫ちゃんとのおしゃべりもあるよ。

505 :7分74秒:2009/05/20(水) 15:34:51 ID:4Sw10IC2
本人が亡くなったら技法の半分と作品は消滅する運命にある人だな。

506 :7分74秒:2009/05/21(木) 02:25:24 ID:O3hSpVzQ
あれ゛?

507 :7分74秒:2009/05/21(木) 02:40:09 ID:ZlAdugUb
ラッヘンマンまんじゅうは売らないのか?

508 :7分74秒:2009/05/22(金) 00:09:05 ID:BIKnUag/
ちがうよ、ラッヘンマんじゅうだよ。

509 :7分74秒:2009/05/25(月) 00:19:33 ID:pNcNEotd
ラッヘンマンの奥さんはシャブシャブが上手いよ。

510 :7分74秒:2009/05/25(月) 18:09:59 ID:zDvp258G
>>509
上手いって・・・自宅で肉切ってるならそうともいえるが。

511 :7分74秒:2009/05/26(火) 05:02:42 ID:K9o+rcfi
彼の家にいったやつはみんなその料理の素晴らしさを洗脳されて帰って来る。


512 :7分74秒:2009/05/26(火) 10:51:35 ID:FCgPFGlS
誤)素晴らしさを洗脳されて帰って来る
正)素晴らしさに洗脳されて帰って来る

513 :7分74秒:2009/05/26(火) 14:33:07 ID:6MvIxJk6
タレが決め手なのか。
まさかぽん酢とかゴマドレッシング流用とかしてないだろうな。いや、それでもいいんだが

514 :7分74秒:2009/05/26(火) 19:27:57 ID:ao29lUBM
室内楽チケット完売って大人気やん。
武道館ライブも近いな。

515 :7分74秒:2009/05/26(火) 20:48:50 ID:q7i0YUcT
室内楽は世界中どこでもやるけど、
今回のチューバとクラリネットの協奏曲は現地でもやるのが珍しいね。
オケのコンサートに期待!

516 :7分74秒:2009/05/26(火) 21:23:21 ID:z2Yg2C5j
ラッヘンマン最高

517 :7分74秒:2009/05/26(火) 23:00:12 ID:eaIDo5Cs
覚悟していたけど
話長すぎ
もっと音楽聴かせてよ

あさっても同じ話を聴かされるのかな
ドイツ人てなんであんなにかたりたがるの

518 :7分74秒:2009/05/26(火) 23:09:20 ID:z2Yg2C5j
全然もっと語って欲しいし
勿論、もっと音楽も聴かせてほしい


519 :7分74秒:2009/05/26(火) 23:17:58 ID:eaIDo5Cs
語る時間と聞く時間を別けるべきだと
国際委嘱シリーズのように・・
できれば4曲、最低でも3曲はやってほしかった。
めったに聞けないし。

そういえばこれまで皆勤賞だったNHKは収録に来てなかったね。
委嘱シリーズもラッヘンマンのころから収録しなくなったね。
グロポカールは放送があったかな。
ま、猿の頭ではラッヘンマンは無理か。
ヘンツェならカバン持ちに来るんだろうけど。

520 :7分74秒:2009/05/27(水) 12:57:01 ID:U+Vk84Jg
警察が来てたよね
なにがあったんの
昨日のオペラシティ

521 :7分74秒:2009/05/27(水) 15:38:21 ID:MxuEhj1H
ラッヘンマンは曲を説明する世界的なプロ。
まずいったことは全部正しい。
彼がダルムシュタットで語りだすと誰もが反論できなくなるので、
みんな黙ってシーンとなるね。
泣く子も黙るラッヘンマンだよ。

522 :7分74秒:2009/05/27(水) 21:42:20 ID:LPcg6QuC
曲が始まるとまた泣き出す

523 :7分74秒:2009/05/28(木) 05:34:14 ID:UroNg2Jr
作曲は世界的なプロじゃないのか。

524 :7分74秒:2009/05/29(金) 13:26:22 ID:/4hF8AtJ
今ラッヘンマンを崇拝してる連中の何人が数年後も師の音楽を支持しつづけるか興味のあるところだ。

525 :7分74秒:2009/05/29(金) 16:34:45 ID:TVn7iSlc
彼の語法を真似したものはみんな失敗しているね。
成功するには彼の作曲態度を学ぶことで模倣ではないのだよ。

526 :7分74秒:2009/05/29(金) 17:38:30 ID:hMemHCiH
>>525は模倣している方と考えてよいか?

527 :7分74秒:2009/05/29(金) 18:25:05 ID:TVn7iSlc
考えてよい!
それだけ厳しくないとなあ!

528 :7分74秒:2009/05/29(金) 18:54:08 ID:nsGNTham
>警察が来てたよね
なにがあったんの
昨日のオペラシティ

変な音が聞こえるっていう近隣の住民からのクレーム

529 :7分74秒:2009/05/29(金) 19:05:50 ID:TVn7iSlc
ラッヘンマンの音だろう?
その昔シュトットガルトでも良く警察が来そうになったようだよ。

530 :7分74秒:2009/05/29(金) 20:05:13 ID:klS2krZW
>>525
そーいやラッヘンマンやシャリーノの特殊奏法を使って作曲された
アニソンアルバムがあったな。あれは見事だった。
歌の基本音階がどひーなのに叙情的なのも驚異。

531 :7分74秒:2009/05/29(金) 22:52:38 ID:TVn7iSlc
特殊奏法なんかラッヘンマンが最初にやったわけじゃないしね。
初期のペンデレツキは凄かったし、
クラウス・フーバーらも盛んにやっているしね。


532 :7分74秒:2009/05/30(土) 00:04:36 ID:Z7l7rh95
日本が終わったと思い切りや、
WDR音楽祭ですぐミュンスターのポートレートコンサート生中継。
スターは忙しさが普通と全く違うね。

WDR 3 Konzert live
Freitag, den 29. Mai 2009, 20:05 - 22:30

WDR Musikfest Münster
Werke von Lachenmann und Dvorák
Romantik trifft Moderne

Helmut Lachenmann
Pression
Magdalena Wolf, Violoncello

Helmut Lachenmann
Toccatina
Helge Slaatto, Violine

Helmut Lachenmann
Serynade
Clemens Rave, Klavier


533 :7分74秒:2009/05/30(土) 09:47:22 ID:B5fg1eYO
造られた?

534 :7分74秒:2009/05/30(土) 14:12:38 ID://a0jjEk
つい最近元東ドイツの人と連絡したけど
・革命(テロ)の肯定
・ポップスとシーリアス音楽を何が何でも分断してポップスを見下げる
 もうポップスは「低俗な金儲け百パーセントのジャンル」にしないと気が済まない
・芸術家は常に金銭の事を考えず修行僧のごとくシーリアスに創作するのが理想
という傾向は元東ドイツの人に多いらしい。

535 :7分74秒:2009/05/30(土) 16:19:42 ID:F4i7LMEm
現代作曲家がこれだけ苦労しているのに、
ポップスだけが楽して同じ政府の補助金を貰っているのがおかしいという考え方。

やはり将来の財産になるのは芸術音楽のほうだろう。

事実バッハやベートーヴェン時代のポップス音楽は完全に廃れた。

536 :7分74秒:2009/05/30(土) 16:23:15 ID:F4i7LMEm
彼はそれをヘンツェやキルマイヤーにも語りかける。
金儲けばっかりしていい気になってなっていないで、
もっと新しい音を探求するべきではないかと?
ウェーベルンやB・A・ツィンマーマンらの尊い苦労を忘れたのかと!

537 :7分74秒:2009/05/31(日) 19:40:21 ID:c5g+L3bA
今日の武満賞の結果は?
審査だったんでしょ?

538 :7分74秒:2009/05/31(日) 19:55:12 ID:6yaLfjoL
1位
・酒井健治(日本):ヘキサゴナル・パルサー

2位
・ラファエレ・グリマルディ(イタリア):Creatura temporale
・山本和智(日本):ZAI For Orchestra

3位
・ルカス・ファヒン(アルゼンチン):Cronica Fisiologica Universal
・木村真人(日本):果てしなき反復の渦−混沌の海へ



まあ、全体的に小さくまとまってる感じで、あんまり面白くなかった。

539 :7分74秒:2009/05/31(日) 20:35:34 ID:ZMglS6cA
ヘキサゴナルとかいって武満のペンタゴナルを思いっきり意識してんじゃん

540 :7分74秒:2009/05/31(日) 21:24:50 ID:3Z4iL1ne
NHKには失望した

541 :7分74秒:2009/05/31(日) 22:03:00 ID:qXqLGfG8
コンクールでラッヘンマンがまともな作品を選ぶ筈がないね。
彼は武満をほとんど知らない。
武満も彼をほとんど知らなかったが!

542 :7分74秒:2009/05/31(日) 22:27:02 ID:5zOFy384
菅野先生が審査委員すればいいのに

543 :7分74秒:2009/06/01(月) 01:27:37 ID:GxUNOPD9
全然面白くなかったぜ

544 :7分74秒:2009/06/01(月) 04:05:47 ID:MHBXWwT3
ラッヘンマンの審査はいつもこんなもの。
酷い音楽ほど好きなようだ。
ドナイエッシンゲン好み?

545 :7分74秒:2009/06/01(月) 22:16:00 ID:ZQd9ZY09
みんな厳しいな。去年に比べれば結構粒ぞろいだったと思うけど。

ZAIの最後の拍手では池辺先生も大笑いしてたな。

546 :7分74秒:2009/06/02(火) 00:15:24 ID:yFW7O9JO
今日、さやかたん目当てで「Music Tomorrow」に行ってきたけど、前座で聴いた日本人若手作品(原田敬子・斉木由美・藤倉大)は聴き応えがあった。

昨日のコンポージアムでがっかりした後だったから、余計にね。

それにしても、昨日はつまんなかったなあ・・・

547 :7分74秒:2009/06/02(火) 01:10:34 ID:u9mhd21N
ただのやっかみスレに堕してるね

548 :7分74秒:2009/06/02(火) 03:57:17 ID:nrlS4ZHE
というか彼は新ウイーン楽派時代の新曲のような感じで曲を選ぶのだね。
斬新で酷い曲ほど残るという発想なんだよ。
だから耳に心地よい曲は選ばない。

549 :7分74秒:2009/06/02(火) 04:16:37 ID:Q04plGAU
>>535
>現代作曲家がこれだけ苦労しているのに、
>ポップスだけが楽して同じ政府の補助金を貰っているのがおかしいという考え方。
・・・恐ろしく傲慢な考えですね。ポップス関係者が聞いたらテンペウスのように八つ裂きにされてしまいそう。

ツィンマーマンの苦労ノーノやシュトックハウゼンの苛めに耐える為についやされました。

550 :7分74秒:2009/06/02(火) 05:24:10 ID:aBIj/fPq
斬新でもなく耳に不快でもなかったよん
息フーフーって流行りなの?

551 :7分74秒:2009/06/02(火) 11:12:54 ID:zQ1DtRxZ
>>549
昔オーストリアやドイツの国政パンフに
ポップスには補助金が事業に付くなんてことが書いてあったな。
特別な催しでも無きゃ何でも自力で演奏費用をかせがにゃならん他国とは確かに違う。

552 :7分74秒:2009/06/02(火) 11:39:31 ID:6xIPTrx+
オーストリアやドイツの補助金の出るポップスとかいうのは
あのへんで盛んな実験的ジャズやテクノのことじゃないかな?

553 :7分74秒:2009/06/02(火) 14:27:26 ID:kMUFENUI
国家から助成金をもらって演奏するROCK,JAZZ。。。
さぞかしお上品なのだろう。
政治家や役人にペコペコ頭を下げるのかな。

世界規模のJAZZ祭となれば観光資源にもなるから
行政も財界も支援に乗り気だろうけど。
ROCKは不良、JAZZは下品な方がかっこがよいと思うけど。
バークレーに行った人は大概だめになって帰ってくるように思う。
去勢されてしまったかのように。

自分のために「何でも自力で演奏費用をかせがにゃならん」のは
あたりまえ。お育ちが良いというか、あまちゃんですね。

554 :7分74秒:2009/06/02(火) 14:58:04 ID:oKTR1YsQ
某、ブログから転載
このスレ、レス用に一部改変

最近の坊や達は靴のひもすら結べず
担任教師に「やって、やって」だそうだ。
「自分のことは自分で」が非常識になったようだ。
何でもかんでもオンブにダッコのくせに
何か起これば、すべて学校の責任。
クソガキ、バカ親、ダメ教師
こんな環境で育てば
「資金難でポップスのコンサートが開けないのは行政の所為」となるのだろう。
汗をかいて泥をかぶってバイトして楽器を買い
スタジオ代を稼ぎバンド仲間でカネと知恵をひねって
Liveをやる。
なかなか思うように売れない
チケットを工夫して売ったりすることが
その後、社会に出て役に立つ。

進学が、就職が、仕事がうまくいかないのは社会の所為で
死にたくなったが、怖くて自殺すらできず
死刑になるために人を殺す。と、いうことになるのだろう。

555 :7分74秒:2009/06/02(火) 16:24:44 ID:kGHB/b9Z
オーストリアやドイツの補助金の出るポップスとかいうのは
あのへんで盛んな実験的ジャズやテクノのことじゃないかな?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
例えばドナウエッシンゲンは毎年前衛ジャズだけ招待しているね。
テクノはFMでよく放送するだけだね。

556 :7分74秒:2009/06/03(水) 08:31:30 ID:BEyn9NNK
>>554
ゲソにも似たの多そう・・・発言の終わりに感嘆符をつけるしととか・・・・

557 :7分74秒:2009/06/03(水) 16:23:17 ID:KUqNn/+l
所謂、泥仕合の人生だな。

558 :7分74秒:2009/06/03(水) 17:49:44 ID:6YTKCxAj
>何でも自力で演奏費用をかせがにゃならん

あたりまえだ。自分のことは自分でやるの。
パパやママが何でもやってくれるわけじゃねぇんで。
そういえば、野田がリサイタルが開けないのは親が悪い
とかぬかしてたが同類だな。

559 :7分74秒:2009/06/03(水) 19:50:11 ID:KUqNn/+l
サントリーがやってくれる人もいるはね。
親がお医者さんだったり弁護士だったりすると楽だよ。

560 :7分74秒:2009/06/03(水) 20:09:04 ID:rGgV5p8m
>>554
しかし、
前半の文章読んでも
「資金難でポップスのコンサートが開けないのは行政の所為」と言い出すのは
欧州より後かもしれぬな。


561 :7分74秒:2009/06/03(水) 22:44:38 ID:KUqNn/+l
ポップスは何万人入れても音響的には問題ないのだから、
特にスポンサーが付かなくとも問題はないね。

しかし現代音楽は違う。
スポンサーは絶対に考えてはいけない。
そんな頭がおかしいのはいる筈が無い。
大規模なコンサートを行えるのは、
放送局かまたは政治的に何年記念とかで多くの補助が出るときだけに限る。


562 :7分74秒:2009/06/04(木) 15:50:40 ID:98wCrgEB
>>561
やはりセイジなのだな。
元ナクソスの日本作曲家シリーズが担当の激務にも関わらずすすまないのもセイジのせいなのか・・・

563 :7分74秒:2009/06/04(木) 15:52:47 ID:jwXfXcdP
でも韓国や中国の作曲家に比べてかなり進んでいるよ。
多分あそこの社長の日本人の奥さんのせいなのであろう。
それでもまず売れ行きの良い調性作品からであろうと思う。


564 :7分74秒:2009/06/04(木) 16:33:50 ID:rcl3CKWa
popsだって入場料だけでまかなえるわけではない。
特に最近は舞台美術だけでも何億円もかけてるんでなおさら。
その他、スタッフ人件費、機材レンタル、移動費etc.
POPSのコンサートのパンフ見れば分かるが
後援、共催、とスポンサーがいくつも付いているのが分かるはずだ。

そもそもpopsにおけるLIVEの位置づけは「CDを売るための宣伝・営業」
なのであってそれに費やすのは広告費という必要経費であって
とうていLIVEで黒字なんて出ない。

565 :7分74秒:2009/06/04(木) 19:37:27 ID:jwXfXcdP
それは現代音楽と同じ。売れないポップのことだろうぞ。
でもマイクを通すし聴衆は理論的に何万人も可能である。
現代音楽はそうは行かない。
聴衆が一人で「満員」のときもある。
最初からそう意図して作られるのさ。
オペラだったら2年以上前から練習しないと、ノーノなんかは間に合わないね。
その経費だけでも膨大な世界。
ポップのコンサートはスポンサーが付いて出演者は数人で済むが、
オペラだったら大きいとオケだけでもラッへンマンは100人、
更に合唱だなんだと準備したら200人にもなるね。
演奏権料貸し譜料だけでも150万円を空で払う。
もちろんコンなのにすポンサーは全く付かない。
どんなに大変か伊東乾に聞いてみな?
桁違いだよ。

CDの売り上げでもポップスは一番売れて数百万枚、
クラシックは同じく数万枚、
現代音楽のシュトックハウゼンの最大のヒット作で年間150枚。
みんな2桁ぐらい違うのだよ。
それでも広告費も満足に出ない。
ポップと混同されちゃとても困るね。


566 :7分74秒:2009/06/04(木) 19:50:27 ID:c4rYmiMb
>>564
>そもそもpopsにおけるLIVEの位置づけは「CDを売るための宣伝・営業」
>なのであってそれに費やすのは広告費という必要経費であって
>とうていLIVEで黒字なんて出ない。
それは偏った極論。イスラムテロセミナー並の考えだな。
ポップス・ロックの中にはメジャーでも"ライヴ命"な人が多いよ。
聴衆との数少ないコミュニケーションというか聴衆の反応が数字でなく感覚で感じられるからね。

567 :7分74秒:2009/06/04(木) 20:00:51 ID:Mv2MBK0W
>>562
セイジって書くとOZAWAを思い出しちゃう。

568 :7分74秒:2009/06/04(木) 20:45:34 ID:Zw6Izabo
>>559
医者で金持ちなんかほんの一握りだよ。
医者である俺が言うのだから間違いない。

569 :7分74秒:2009/06/04(木) 21:35:01 ID:Nfxdz0le
>それは現代音楽と同じ。売れないポップのことだろうぞ。

ちがうますよ。実際にやってみれば分かりますけど
LIVEツアーにかかる経費は膨大です。
入場収入だけでは収支にみあうものではありません。
LIVE一回にかかる経費のうち電気台だけでも莫大なものです。

これならクラシックのピアノリサイタルの方が収支はまだ
効率が良いでしょうね。ギャラは1人分、音響機材はいらない。
POPSと違って派手な舞台美術はいらない。

>556
社会に出たことのないニート、引きこもり、学生には
社会の現実はわからないでしょうね。
イスラムテロセミナー?なんですかそれ?

>ポップス・ロックの中にはメジャーでも"ライヴ命"な人が多いよ。

その人たちはCDを出してないとでも?

まあ、いずれにしろ少しだけ思慮深ければ、そして社会にでれば
すぐに分かることだけど。

570 :単純計算で:2009/06/04(木) 21:56:26 ID:nUKnWDOZ
5万人ライブで入場料1万円どすると
50億円
これだけでポップスの大イベントなんてひらけない。


571 :7分74秒:2009/06/04(木) 22:26:02 ID:0OENtH91
50億で足りないなら、いくらならとんとんなの?

572 :7分74秒:2009/06/04(木) 23:11:26 ID:jwXfXcdP
「医者で金持ちなんかほんの一握り」が頻繁に音大にやってくるのだね。
弁護士や銀行の頭取の息子・娘なんかもいるよ。
彼らの世界は普通とは違うね。
50・60才になっても親にしっかり養ってもらっているよ。
もちろんその状態で結婚相手が見つかる筈が無いのでみんな独身だがね。
男は風俗があるしね、親の金でちゃんと当たり前に通っているよ。
中には毎日カジノに行って毎晩数十万円遊んでくるものいるね。
みんな親の金、心配すんな!

ポップスはそれ以外にコカ・コーラみたいな強力なスポンサーが付くから大丈夫!
TVで放映したら放映権も入るしね。
会場でCDもプログラムもブロマイドも売れるしね。
近くにホテルがあれば泊まるわけだから、ホテルのスポンサーになってくれる。
鉄道があれば鉄道会社も儲かるね。
後はレストラン、絶ち食い蕎麦。
欧米ではトイレも有料だから経済効果は桁違いにあるよ。






573 :7分74秒:2009/06/05(金) 01:40:31 ID:1c9Au6yZ
>>556
イスラムテロセミナー?なんですかそれ?
とある調査により最近欧州におけるイスラム原理主義テロリストの最大生産地がドイツだと分かったいうことです。
フランスあたりだとおもっていたのにねえ。セミナーで勧誘・教育するそうですよ。

574 :7分74秒:2009/06/05(金) 16:48:17 ID:L7+m+nok
>>569
その人たちはCDを出してないとでも?
CD、というよりCD-Rは出しているでしょうね。
実際貰ってるしw
複写音楽の恩恵って奴です。
 社会に出るとクラッシックは独奏曲なのに手近な機械とパソコンで
CD-R作って売らないのか分からない事だらけです。(ベルリンフィルとかはやっているが)
現代音楽は繊細で知的なのでCDに音が入り切らないのでせう。
自作上演を断られて既成のアニバーサリー作曲家に八つ当たりするのもわからないことです。

575 :7分74秒:2009/06/06(土) 09:23:28 ID:y++N4gYX
ようするに、
欧州大陸のコンテンポラリイ作曲家はナチスの反省として政府に甘やかれすぎたため
恐ろしく傲慢になってしまったということでしょうね。

ただ、今回のラッヘンマン自身のコンサートは音楽自体以外謙虚に物静かにおこなわれたが。


576 :7分74秒:2009/06/06(土) 17:38:57 ID:Am0vmMxi
良くわかってないな?
ドイツにアラビア人が多いのはドイツに住んでいる人の人口が多いためだよ。
経済状況が他よりも良いのでみんな住みたがるのだね。
ドイツ語でなくとも英語で済むしね。
ヨーロッパ議会でも議員定数が99人。一番多い。
他の国は50人からせいぜい70人ぐらいだね。
もちろん日本と違って一人一票の価値はどこでも同じ。


577 :7分74秒:2009/06/06(土) 19:03:01 ID:VRw2D42Q
ドイツにアラビア人が多い? トルコ人の間違いでは?
日本の派遣切りより惨い目にあってるそうですね。
援助を受けさせない為存在さえ消されてしまうのはどんな気持なんだろう。
(NPOから聞きましたよ)
後は先進国ドイチュラントの自慢話ですね。
ユリスモールの母方の民族には天国のようです。

578 :7分74秒:2009/06/06(土) 19:21:42 ID:Am0vmMxi
バカの一つ覚えとはそういうこと。
トルコ人も一番多いがアラビア系だよ。
もちろんイラン人やレバノン人もいるよ。
アフガニスタン人もいる。
エジプト人もいる。
ユダヤ人もいる。
フランス人もいる。
ロシア人もいる。
アメリカ人もいる。
アルカイダもいる。
結局全部いるってことさ。

ええ、援助がどうだって?
じゃないと日本はスキャンダルかサントリーしか出てこないのでは?

579 :7分74秒:2009/06/06(土) 20:20:09 ID:ua7T+Vdn
切れた

580 :7分74秒:2009/06/06(土) 20:28:51 ID:ua7T+Vdn
肩身がせまいんただろうか?

ラッヘンマンもただの変な奴として肩身の狭い思いをしていただろうが今は偉い先生だ。
楽器から出てくる音も楽譜と一致するようになった。おまけに総譜は構成が素晴らしいと
誉められる様になった。
・・・・・・総譜を見ない聴衆には初聴は何の事やらわからんがw>

581 :7分74秒:2009/06/06(土) 23:13:35 ID:Am0vmMxi
今はスターだが昔はシュトックハウゼンに押されてキチガイ扱いだったね。
80年代まではシュトットガルトでもラッヘンマンに付く学生は少数派だった。
普通は遥かに有名なカルコシュカとかケレメンのほうに行ったもんだ。
シュトックハウゼン自身もラッヘンマンの「アンタリューアー」のスコア見て、
さんざん「私の『チクルス』のコピーをした。」とダルムシュタットでこき下ろしていたね。


582 :7分74秒:2009/06/06(土) 23:28:02 ID:bgyLRsz6
やっとラッヘンマンの話題にもどった。でも以前でなかったかこの話題>>581?

583 :7分74秒:2009/06/07(日) 04:01:03 ID:PRmH0D8F
ラッヘンマン・ファンは良く覚えているものだな。

584 :7分74秒:2009/06/07(日) 18:47:37 ID:elaxm60B
ユーリ、ユリスモール、これが僕の心臓の音。君にはわかっているはず。

585 :7分74秒:2009/06/07(日) 23:10:03 ID:FJLyQvGJ
それで交響曲作ってみるとか?
間違って止ったらどうする?

586 :7分74秒:2009/06/08(月) 01:30:13 ID:ORnvmknc
創作活動してない作曲家とか興味ねーわ。

587 :7分74秒:2009/06/08(月) 02:26:32 ID:b/7Xs8lS
日本の音大の先生のように創作活動してない作曲家は「作曲家」とは言わないのだよ。
そういうのはどんどん首にしてやめさせないと音大は消滅するよ。

588 :7分74秒:2009/06/08(月) 10:15:24 ID:ilLXLxiQ
>>587
「他人を貶めないと自分をアピール出来ない奴」
と思われている事を考慮に入れて行動しなさい。

589 :7分74秒:2009/06/08(月) 16:47:33 ID:hxSsE9/Y
作曲しなかったり演奏しなかったりする音楽家を何で音楽家と呼ぶのかよーく考えてみたまえ。
矛盾していると思わないのか?

590 :7分74秒:2009/06/08(月) 17:38:37 ID:FCz2DoCj
話が通じていない

591 :7分74秒:2009/06/08(月) 23:30:14 ID:hxSsE9/Y
そもそもお前の話に興味はないね。
だから話題を変えたのさ!

592 :7分74秒:2009/06/09(火) 00:11:19 ID:op5zUUzy
【3:591】Lachenmann/ラッヘンマン 
beチェック
1 名前:7分74秒 2007/12/25(火) 01:05:19 ID:QLXlvi3I
聖なる夜はやっぱマッチ売りの少女だろ


ってスレないのかよ! てめーら正気か?

しゃーねえ、  ラッヘンマン聞き始めて三日目の俺がたてちゃる

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_m?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=lachenmann
HMV
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?target=MUSIC&category=1&adv=1&keyword=lachenmann


さあ、このマッチの灯し火が消えないうちに語れ


593 :7分74秒:2009/06/09(火) 04:17:28 ID:W/8ROfH8
同じ曲でもいろんな演奏家でいく通りものCDが出ているのは現代音楽ではとても珍しいね。
普通は日本みたいに初演だけしてそれで終わり。
それで一曲だけCDになったら良いほうだね。

594 :7分74秒:2009/06/09(火) 09:27:35 ID:2GHoE9Cy
>>585
トーマの心臓はユーリが読む前に轢死でミンチになっているから問題ない

595 :7分74秒:2009/06/09(火) 19:11:43 ID:yvPzOnIh
菅野茂センセのレヴゥーに誰も共感しないとさ。

Shigeru Kan-no | BRD | 不明 | 2009年02月27日

ムーヴマンは初演者のアンサンブル・モデルンの全世界でも再演回数が
150回を越した脅威的作品である。今回のはクラング・フォールム・
ウィーンの演奏であるが、全体の演奏者の再演回数の推定で数百回が
越したのではないかと思われるくらい演奏されまくっている作品である。
「慰め」はオーケストラ伴奏のIIIが入っていないのが残念である。
「二つの感覚」はケルンのKlassik・Comで批評したのでここでは省略したい。

0人の方が、このレビューに「共感」しています。

596 :7分74秒:2009/06/09(火) 22:26:00 ID:CfDXq5ik
0人はここに書いている作曲家すべてであろうぞ。

597 :7分74秒:2009/06/10(水) 07:24:39 ID:/uojQWH0
だって日本語変だもの

598 :7分74秒:2009/06/10(水) 19:15:58 ID:UTAMa4Ws
お前も変だよね。

599 :7分74秒:2009/06/10(水) 20:52:17 ID:37TJSTiv
反論できないからそうやって逃げるんだな。

600 :7分74秒:2009/06/10(水) 22:14:46 ID:S9X3QXqI
「反論する価値すらない」という可能性もある。

601 :7分74秒:2009/06/11(木) 15:45:23 ID:lXmqRAix
百頭女や百一天使には価値が無いと言う事ですね、わかります。

602 :7分74秒:2009/06/11(木) 16:41:20 ID:BexW2Cmn
そういう名前が反って面白いのでそこに価値が出てくると重いよ。

603 :7分74秒:2009/06/11(木) 23:41:09 ID:lro9c29k
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【文学】オペラ化したい題材【戯曲】 [クラシック]


604 :7分74秒:2009/06/12(金) 21:38:19 ID:Fbf9ot1T
「議論の余地しかない」というジョークがあったな。

605 :7分74秒:2009/06/13(土) 01:15:56 ID:tUeDWJI5
ラッヘンマンはその議論だけが好きな人だからなあ。
一旦始まったら数時間は休み無しでやる。
暗くなっても気がつかないほど集中する人だしね。

606 :7分74秒:2009/06/13(土) 13:15:03 ID:1RXf90ek
音楽はその次なのか。議論、理論の玉葱迷宮こそが神髄なのか「新しい音響」のデパートが
ラッヘンマンなのか。
信仰者にとっては議論100パーセントで音楽より議論力を求めているようにこのスレからみうけられるがどうなんだ。。


607 :7分74秒:2009/06/13(土) 16:25:18 ID:ebR+P+6u
普通の人や音楽の専門家でもラッヘンマンを初めて聴いたら、
「これでも音楽か」と疑問を持つのは当たり前。
彼はそれをどうしてこのような形になったのかきちんと説明するだけ。
人は頭がよほどバカじゃない限り理解するのが普通。
よほど頭がアホだと数時間も粘る。
しかし彼は恐ろしいほど確固とした考えなので全く崩れない、
そのうち愚か者は根を上げて帰る。

608 :7分74秒:2009/06/13(土) 18:40:30 ID:2+VtRphd
根を挙げて帰るのが愚か者なのか、
なんて都合のいい解釈。なんて都合のいい論理。

609 :7分74秒:2009/06/14(日) 03:21:15 ID:8GzQqb+Z
本当にもう反論できなくなって帰るよ。
見たことないのかな?
知らないのかな?

610 :7分74秒:2009/06/14(日) 08:00:26 ID:ebjgrISG
待って−!
つか
通常のオケと全く違う音自体の魅力を挙げてくれ。

611 :7分74秒:2009/06/14(日) 15:52:33 ID:TDayxI6D
というよりも通常のオケは通常の音しか出ないのでつまらない!!!!

612 :7分74秒:2009/06/14(日) 16:23:28 ID:TDayxI6D
という進化した耳が必要。

613 :7分74秒:2009/06/14(日) 16:40:39 ID:VbirAJxC
通常の音も好きなんだが。
ドクマに捕われた赤軍みたいな感覚じゃないとラッヘンマン作品は聴く資格がないということか。さようなら[完]


614 :7分74秒:2009/06/14(日) 18:55:44 ID:TDayxI6D
聴く資格が無いのではなく聴く才能がないということだ!
自分でその才能を開発するしかないね。

ラッヘンマンだって狂っているわけではないので通常の音の良さは知っている。
でも「いつもそればっかり」が問題はなのだ。
いつもバッハ、いつもベートーヴェン、いつもシューマン、いつもマーラー。
それを彼は非常に嫌う。
それが良い音楽なのは彼だってもちろん知っている、でもそれがどうしたというのだ!
他にもっと満足できる面白い要素はないのか?
これはクラウス・フーバーも同じように指摘してる。

615 :ラッヘンマンの音楽の楽しみ方!:2009/06/14(日) 20:12:25 ID:TDayxI6D
もちろん彼の音楽は「電子音楽」から派生した徹底的な「音響作曲法」によっているので、
「芸大アカデミズム」の洗礼を立派に受けた方々はおそらくメロディーやリズムを感じ、
それがどう展開されているのか、盛り上がりはどこか、クライマックスはどこか、
オスティナートはどこか、などを探そうとするであろう。

しかしながら言うまでもなく彼の作品には一滴たりともそれは存在しない。
だから予備知識無しで聴くときにはそれらの音は単なる羅列に聴こえるが、
もちろん実際はそうではない。

そこには多様な音色の変化があり、変奏・変容の妙技が詰まり詰まっている。
単に変奏と言ってもバッハやメンデルスゾーンに見られるような学習的「厳格変奏曲」ではなく、
ベートーヴェンを基点としてウェーベルンに見られるような「ラジカル変奏法」のことである。
その単純な形はリゲティなどのプロセス作曲法に見られるので、
実は理屈上そんなに難しいものではない。
要は一つだけ同じ共通の音があれば後の要素はすべて180度変えて良いという、
極めて単純な繰り返しを排除した急進的な音楽のことである。
だから第一変奏:ユニットと第二変奏:ユニットは徹底的に違うので、
よほどの音の記憶力が無いと結局は何をやっているのかわからんのである。

でも本当は優れた記憶力も彼の作品には特に必要は無い、
結局は多用な音色のパレードだけを楽しめればそれで十分満足できるのである。




616 :7分74秒:2009/06/14(日) 20:55:26 ID:rpeW+sEb
>>614>>615
どこからどこまでが君じしんの言葉もしくは意見なの?

617 :7分74秒:2009/06/14(日) 22:04:40 ID:R4brP97S
ていうか、理屈を説明されなきゃ楽しめない音楽なんて音楽じゃないだろ。

「古典も当時は前衛だった」とか言うが、モーツァルトにしろベートーヴェン
にしろ当時の聴衆にいちいち理屈を説明してたわけじゃあるまい。

618 :7分74秒:2009/06/14(日) 23:17:51 ID:fpLcR89z
そういう大衆的な音楽をお求めならポピュラー畑へどうぞ。

619 :7分74秒:2009/06/15(月) 00:56:51 ID:Bk7Prz80
>>618
クラ板etcにも行かせてもらうよ。
君は教祖ラッヘンマン作品だけ聴いて法悦にいたっていたまえ。

620 :7分74秒:2009/06/15(月) 01:11:36 ID:45sA2KaJ
グレゴリオ聖歌でも聴いてなさい

621 :7分74秒:2009/06/15(月) 05:02:26 ID:mhXxZcJr
頭の悪いやつはもちろんラッヘンマンは向いていないと思うよ。

622 :7分74秒:2009/06/15(月) 13:48:08 ID:btnJ/Dat
だーから頭使わなきゃ楽しめない音楽なんて音楽じゃねーだろっての。

623 :7分74秒:2009/06/15(月) 14:15:39 ID:ax0owvAP
>>622
なんで?

624 :7分74秒:2009/06/15(月) 17:01:27 ID:WfjCHreU
バカだと煮ても焼いても救いようが無いと思うよ。

625 :7分74秒:2009/06/15(月) 18:58:36 ID:Am4rNdnk
>>615
これは「教条主義音楽」だと言っているようなもんだね。
少なくとも、文章は。

626 :7分74秒:2009/06/15(月) 19:53:33 ID:WfjCHreU
だって脳みそが無いとブタのようにどんな音楽でも全く理解できないよ。

627 :7分74秒:2009/06/15(月) 20:26:34 ID:HipfyNxu
豚に知性や音楽性があったらどうするんだ。というより豚には脳みそも知能もあるぞ。
・・・・・・・マジで宮沢賢治の童話みたいな繊細な感性まで持ち合わせていたらどうしよう(汗)

・・・・・・ベジタリアン?w

628 :7分74秒:2009/06/15(月) 21:46:11 ID:WfjCHreU
おまえに知性や音楽性があるのとおなじこと。
絶対考えられない!
全くありえない!!

629 :7分74秒:2009/06/16(火) 05:25:17 ID:vA+fpG4e
このスレをラッヘンマン自身が読んだらどうおもうだろう?

630 :7分74秒:2009/06/16(火) 15:13:46 ID:WEKvLVWa
>>629
見せたら「日本語わからないよ」ってドイツ語でいうんじゃない?

631 :7分74秒:2009/06/16(火) 16:34:50 ID:bPJRV9kg
訳してあげなよ。

632 :7分74秒:2009/06/16(火) 16:52:38 ID:IBQWKCO1
「ニホンゴワカリマセン」ぐらい片言喋れるよ。
読めないが。

633 :7分74秒:2009/06/16(火) 18:49:55 ID:f5Ryt5H+
答になってないな。罰点。

634 :7分74秒:2009/06/16(火) 19:47:23 ID:9Od/TWFC
え、ラッヘンマンって日本語ぺらぺらなんじゃないの?

635 :7分74秒:2009/06/16(火) 21:15:47 ID:nyYdbH+M
ラッヘンマンはこのスレのどこかにいます

636 :7分74秒:2009/06/16(火) 22:44:45 ID:ynnlY1ya
ちょっと喋れるのはあの奥さんのせい。
正式に大学とかで習ったことは無いよ。
後は何回も日本に来ているせいかな?
でもヨーロッパの言葉はほとんどペラペラ。
英語、フランス語、イタリア語はファニホウよりも訛りが無いしパーフェクトだね。
若いときからしょっちゅうそういうとこに出かけるせいだろうね。
スペイン語やロシア語・ヘブライ語は知らん。
多分、かなりかちょっとできる。
なぜならしょっちゅう出かけていくから。

637 :7分74秒:2009/06/16(火) 23:56:56 ID:kEH07fRy
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【文学】オペラ化したい題材【戯曲】 [クラシック]


638 :7分74秒:2009/06/17(水) 05:19:48 ID:IKRerSNc
「そう だったん人の踊り」

639 :7分74秒:2009/06/17(水) 05:52:31 ID:/29vAQHP
あなた、だったん人、だったん?

640 :7分74秒:2009/06/20(土) 07:21:38 ID:fFBAu27O
奥さんに読んでもらおう

641 :7分74秒:2009/06/21(日) 01:57:41 ID:ad4eUCii
何だ、奥さんだったん?

642 :7分74秒:2009/06/21(日) 02:02:26 ID:zYQFw7zp
だったーん、ぼよよんぼよよん

643 :7分74秒:2009/06/22(月) 18:26:14 ID:B3LXn3iO
意外に、武満賞の入賞曲、面白かった。
「絶賛」には遠いが、多くの中堅若手より新鮮。
 

644 :7分74秒:2009/06/22(月) 23:38:21 ID:e117ajtp
新ウイーン楽派も初演当時はこのように酷く批評されていたんだってさ!


645 :7分74秒:2009/06/25(木) 00:33:42 ID:QWpf4AS7
わたしゃいまだにウェーベルンは嫌いだがね。

646 :7分74秒:2009/06/27(土) 23:40:27 ID:DqbcRIP8
残念なことにまだ耳が幼稚なんだな。
可愛そう!

647 :7分74秒:2009/06/28(日) 00:20:52 ID:GEfYNwAE
ばねえmk、b。khgcみみきむcちな。
しごtと;@もしろよ!

648 :7分74秒:2009/06/28(日) 00:36:30 ID:LHQTCLZD
 (・∀・) 白くなっとるワロタwwww


●●   http://wakuwaku.docomo.han-be.com/4522154.jpg
●●   http://wakuwaku.docomo.han-be.com/55426555.gif


649 :7分74秒:2009/06/28(日) 18:40:43 ID:y0cQ6YsW
やっぱり猿人だ!

650 :7分74秒:2009/06/29(月) 16:56:12 ID:n5hGR8gY
>>646
みたいな事を言う人のうち、何人が

「Webern の良さ」 を本で読んだ知識の再確認
(つまり、受け売り猿真似w ポン人はこれ、得意だよね!w)
・・・ではなくて、

Webern 流のセリー・テクニクの理解を
感覚的レベルまでアウフヘーベンして、心の底から、
「Mein Gott! Das ist wunderbar!」
と正直に感じることができているのか? ・・・と小一時間・・・。

・・・まあ、普通に健康で常識ある音楽ファンなら、
Berg が一番好きだよね・・・。w




651 :7分74秒:2009/06/29(月) 17:05:18 ID:Yjx2/bg8
感じないの????
じゃ、やっぱり猿だよ!

652 :7分74秒:2009/06/30(火) 18:26:33 ID:gFEs1Jer
>>640
奥さんに頼んでみました。
こうご期待

653 :7分74秒:2009/06/30(火) 19:53:12 ID:fhQKqRd6
>615

Lachenmann を誉めてるのか、貶してるのか、よくわからんところに
感動して、なんかニヤニヤした。

654 :7分74秒:2009/07/01(水) 16:50:32 ID:ft+BUZKz
彼がなんぼいっても日本の音楽界の低級な保守性は変わらないので皮肉っていうるのだよ。

655 :7分74秒:2009/07/01(水) 17:27:12 ID:xJgdE7Rm
でもさあ、ちょっと一歩下がって、冷静な Perspective で見たら、
Lachenmann の音楽・・・って言うか特殊奏法博覧会みたいな
まあ、一種のアトラクションだよね、大道芸って言うか・・・、
こんなのがまともにアカデミアの一部になってる・・・ってのは
世紀末なんですね・・・きっと・・・。

2012年で世界の終末・・・ってほんとになりそう・・・。



70年代に Lucas Foss とかが同じようなことやってたみたいだけど、
Foss のSQ の曲の録音を聞いたことあるけど、
録音した人の話だと、ステージの上は、SQ四人のまわりは、
ブレーキの部品やら、針金やらで、車のガラージで
メカニックが働いてるみたいだった、と言ってらっしゃいました。

曲はLachenmann と似たり寄ったりでしたけど、
当時の聴衆は今より正直で残酷だったらしく、
あきらかに失笑してる声がかなり入ってました。

Lachenmann より30年も以前に、同じ芸ネタでやってた人たちの作品とかは、
みなさん、聴かないんですか?




656 :7分74秒:2009/07/01(水) 17:40:34 ID:irw0Uxt6
フォスにそんな前衛作品があったんだ
聴いた事ないや

657 :7分74秒:2009/07/01(水) 18:11:50 ID:o+jSSgkP
>>655
作曲家自身による理論が付いて無いから皆さん聴かないんですよ。
出てくる音よりその音の出し方と根拠としての深深深遠な思想。それがラッヘンマンのキモなんです。

658 :7分74秒:2009/07/01(水) 18:54:40 ID:qB2r9Xcc
強引に延命してる西欧音楽の死体を、日本の「見立て」の文化で勘違いしてるわけですねw
わかります。

659 :7分74秒:2009/07/01(水) 19:23:30 ID:ft+BUZKz
実は日本の邦楽の方がもう死んだ芸術。
何の発展の余地もない。
西洋音楽は意図的に昔の伝統的語法を一旦殺してから、
新しい芸術を再生させる。
シェーンベルクが調性殺して12音を、
ケージがセリエルを殺して偶然性を広めたのもこの傾向。
本当は東洋の思想だけれども、
日本の画一教育ではこういう考え方は絶対育成されない。
日本の芸術は教育と共に既に死んでいて再び蘇ることはない。

660 :7分74秒:2009/07/01(水) 20:40:19 ID:JFrgmTA+
理論ww
要するに屁理屈でしょ屁理屈。作曲家の場合は。

661 :7分74秒:2009/07/01(水) 21:19:40 ID:fQM9auO+
>>658
そのとおりです。
しかし、横溝程洗練されていないのがいかにもラッヘンマンですね。

662 :7分74秒:2009/07/01(水) 22:14:33 ID:ft+BUZKz
ブタはどんな音楽でもゴミに見える。

663 :7分74秒:2009/07/01(水) 23:31:04 ID:xJgdE7Rm
>>656

えっ? そういえば違うような・・・。 でもそのテープ、コメ人の作品ばっかり
だったから、似たようなもんでしょ? Roger Reynolds とかだったかもしれない。

まあ、どうせカリカリギーギーポロンポロンヒュルル〜〜とか鳴ってるだけだし、
だれの作品でも、あんまり関係ないですけど。 

>>662

小心者のゴミには、ブタのブ〜ブ〜♪でも、Authorityがそうだ!と言えば、
名曲に聴こえる。



前衛音楽の世界は狭いから、Authority なんて言っても、
ただの馴れ合いの派閥利権集団ですからね。 
信憑性は Zero Null Zilch Zippo。  まったく拝聴する必要ないでしょう。
 
そんな、なんでもかんでも日本流に、「長い物には巻かれ」なくても、
牛のクソを、牛のクソと呼ぶのも勇気かも?

・・・っていうか、前衛音楽、実験音楽なんて、そもそも他人に聴かせるような
もんじゃないでしょ? そんなもんやりながら、それで生計を立てようなんて、
考えるから、Authority の Ass-Kissing をしなきゃなんないんでしょ?

ほんとに才能あるんだったら、そんな生活やめて、本当の競争原理が働く
ポピュラー音楽業界、クラシカル音楽業界で勝負すればいいし。
・・・で、実験音楽は自宅のプライヴェート・プロジェクト・スタジオでコッソリ
やればいいでしょ?



664 :7分74秒:2009/07/02(木) 00:29:57 ID:1sJ7hKey
ラッヘンマンは理解されない天才タイプ
だけど本当にまさしくドイツの作曲家だ


665 :7分74秒:2009/07/02(木) 01:57:49 ID:NT3UFFjP
訳知り顔で御託を並べているが
超保守派のフォスと音響志向のレイノルズの区別もつかん奴だったのか

666 :7分74秒:2009/07/02(木) 03:26:03 ID:7NzsmFMI
だってさ〜〜、

カリカリギーギーポロンポロンヒュルル〜〜・・・じゃ、
誰が書いたって同じ様なできになって、区別つかないでしょう・・・。
Foss だって「超」がつくほど保守的だったわけじゃないから、
70年代だから、あのくらいはひょっとしたら、一回くらいやったかもしれないし・・・。

・・・ってことでご容赦・・・。


667 :7分74秒:2009/07/02(木) 03:37:50 ID:NT3UFFjP
もう何を言っても遅い

668 :7分74秒:2009/07/02(木) 05:24:37 ID:qTDcOiOF
彼は世界のスターに上り詰めてしまった!

669 :7分74秒:2009/07/02(木) 08:45:52 ID:4QSeHdTN
狭い世界の、ね。

670 :7分74秒:2009/07/02(木) 16:54:29 ID:FVGK9pkA
世界の国は2百数十ヶ国以上。
狭く見えても広いものだよ。
彼も毎週シベリアや南アフリカ・中南米まで行っている。
毎回ドイツにファンを持ち帰るようだね。

671 :7分74秒:2009/07/02(木) 18:22:23 ID:QQv6F0Vq
持ち帰る・・・・って奴隷制度の復活か?

672 :7分74秒:2009/07/02(木) 22:28:45 ID:FVGK9pkA
まあ、勝手に付いて来ると言う事だ!

673 :7分74秒:2009/07/03(金) 12:55:15 ID:wOSrwBNS
Scheiβ Nazi!

674 :7分74秒:2009/07/03(金) 16:06:08 ID:VisonUiD
彼は多分SPDだって!

675 :7分74秒:2009/07/03(金) 16:56:52 ID:wOSrwBNS
SPD党員なのけ?
実は Neo-Nazi の連絡員なんでは?

だって、
>彼も毎週シベリアや南アフリカ・中南米まで行っている。

南アフリカ・中南米・・・ったら、Neo-Nazi の巣窟じゃんか・・・。
あやしい・・・。

676 :7分74秒:2009/07/04(土) 07:03:25 ID:zGg/Pfdt
投票するだけだろうよ。
日本でいったら民主党を支持するようなもの。

677 :7分74秒:2009/07/04(土) 08:16:01 ID:xmBnrD6A
Scheiβ 民主党!

678 :7分74秒:2009/07/04(土) 17:31:04 ID:S5U4FjsT
じゃ、またずぼらの自民党で良いか?

郵便を民営化するかしねえかわかんねだってさ!

679 :7分74秒:2009/07/04(土) 21:02:01 ID:3CJKSYaD
ドイツの民営化とは意味が違う。
小泉改革ではゆうちょのお金を外資の食い物にさせるのが目的だからw

680 :7分74秒:2009/07/05(日) 00:04:46 ID:ROR04hmj
Viva ! 共産党!

まさかこんなこと言いたくなる時代が来るとは思わなかった。

681 :7分74秒:2009/07/05(日) 00:19:49 ID:QFsEygRF
自民党は小泉以上の政治家いないだろうが!

682 :7分74秒:2009/07/14(火) 22:09:17 ID:U+R4J3Al
先週テレビでドイツの劇団の公演観たら面白かった。
現代ドイツ演劇で初めて面白いとおもったよ。

しかし、旧東ドイツの人たちは壁崩壊以前に対するノスタルジーがあるのか・・。

683 :7分74秒:2009/07/15(水) 00:10:26 ID:AndPe2O0
芸術的には当時は完全に生活守られていたからなあ!

684 :7分74秒:2009/07/16(木) 17:15:25 ID:v7HE51tI
一般民衆の物資をエリート(政府認定芸術家)に回していたので生活は楽だったのだろう。
それでも外の社会主義国よりは民衆は豊かな生活をしていた。それが壁とともに
一気に瓦解したからね。

685 :7分74秒:2009/07/16(木) 18:02:39 ID:CNk/ls/R
税金がバカ民衆のビール代になってその辺の電車や車が壊されるよりは、
その金が現代音楽の委嘱活動に使われるほうがよほど良い!

686 :7分74秒:2009/07/16(木) 19:58:34 ID:dWcPmfk9
>>685
それ、ミュンヘンのビアホールで大声で言ってみると良い。

687 :7分74秒:2009/07/16(木) 23:35:07 ID:CNk/ls/R
ミュンヘンのビアホールって入ったことあるけど、
暴力の巣なんだよね。

688 :7分74秒:2009/07/31(金) 22:31:21 ID:C72Elb61
おおげさな・・・。

689 :7分74秒:2009/08/01(土) 03:13:15 ID:V7tmBOQh
だから夜は公共の場では酒類の販売を禁止する法案が出されている。

690 :7分74秒:2009/08/01(土) 21:35:33 ID:wmkgBATg
ロバのしっぽ

691 :7分74秒:2009/08/02(日) 08:53:38 ID:exavWGMu
>>689
そこまで荒れてるのか。。。。

692 :7分74秒:2009/08/02(日) 17:57:09 ID:3PlhgCMi
最近どこでもそうなりつつあるよね。
LAですら、2AMでバー、クラブ、などアルコール出すのをやめる。
まあ、4時、5時まで開いてるけど、
タバコ吸えません、お酒飲めません・・・じゃ一体何をしろと・・・?


693 :7分74秒:2009/08/02(日) 21:08:10 ID:kbgFav8p
暇なら毎晩ラッヘンマンの現代音楽のコンサートにでも行けばよい!

694 :7分74秒:2009/08/02(日) 22:09:41 ID:NDREZX+Y
ジャズならもうとっくに死んでます。
マイルス・デイヴィスとともに逝っちゃってすでに伝統芸能化。

なんて書くと現代ジャズを一生懸命聴いてるジャズヲタは激昂するだろうけど
じゃあ今のジャズを20年前と較べて面白いと思ってる椰子は誰もおらん。

マイケル・ブレッカーもジョー・ザビヌルも逝っちゃって
最後の砦といえるのはオーネット・コールマンとウェイン・ショーターか?
でも2人とも70超えて全然新作出さないし。

現音とどっちが先かねえ?w

695 :7分74秒:2009/08/02(日) 22:57:11 ID:3PlhgCMi
ジャズは実力(人気、i.e. ティケットの売り上げ)で勝負!
現代音楽(アカデミック前衛音楽)は、コネ、人脈で勝負!

ハンサムなら、大物にケツを貸すのは、コネ作りに有効だが、
日本人の作曲家って、なんか、ダッサ〜で、ボケッとしてるから、
大抵ヤラれ損になることが多いので要注意!


696 :7分74秒:2009/08/03(月) 04:50:42 ID:97e3Zbos
現代音楽(アカデミック前衛音楽)は、コネ、人脈で勝負!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これはあるね!

697 :7分74秒:2009/08/03(月) 16:27:13 ID:GKbtMpH2
コネ・人脈と言っても最後には金にたどり着く。
現代音楽は選挙みたいに金ばっかりがかかるのでコネ・人脈を大切にする。
逆にコネ・人脈がなくとも金があれば誰でもホールは取れるし、
誰でもコンサートもやってくれるのが現代音楽。
どんな演奏家でも金さえ十分に出ればウンといわない人はいない!
評論家だってもともと卑しい職業だから買収できちゃうしね。
だから質に関係なくそこでたくさんやった者だけが名を挙げて地位を登ってゆくのが現代音楽。
なぜならその質はそもそも誰でもわからないものだから。
この曲の良さがわからないのはお前の未熟な耳のせいだもっと勉強して来い、
でいつも済むことなのだよ。



698 :7分74秒:2009/08/03(月) 19:52:12 ID:Rs4j06sA
ということはラッヘンマンも作品は大したことないというわけか

699 :7分74秒:2009/08/03(月) 23:52:37 ID:GKbtMpH2
彼には近くに放送局がありダルムシュタットとドナウエッシンゲンに囲まれて育ったものだから、
金がなくとも音を出す機会はいくらでもあった。
ケルンもミュンヘンもフランクフルトもそんなに遠くはないしね。

だってさ、自分の住んでいる人口60万の町にSDRがあって音大があって毎月現代音楽の委嘱プロダクションがあって、
しょっちゅう委嘱されていたら自然と育つのは実に見えているよ。
あそこはCDレーヴェルも楽譜出版業も楽器会社も新聞も図書館も現代音楽祭もオペラもフィルハーモニーも全部揃っているしね。

日本ではこんなこと絶対にないから結局金しか物を言わない。

700 :7分74秒:2009/08/04(火) 07:28:04 ID:2TTPtjvg
まあ、金だけだと、持続性がないし、アクセサビリティーに増殖発展性がない。
業界の大物の後押しがなければ、グローバルな地位と生活のセキュリティーは
得られない。

現代音楽の ”作曲家” というのはアーティストっていうより、
政治家に近い。

・・・はやくこんな魑魅魍魎のインチキ世界から脱出して、
「世俗音楽」の世界で、自分の真の才能を試してみれば?

701 :7分74秒:2009/08/04(火) 15:01:29 ID:fVBiN+6X
西洋かぶれの痛いウォッサンとオヴァハンしかいないねこの板
言語障害者どうし仲良くしなよ

702 :7分74秒:2009/08/04(火) 16:29:19 ID:f5sBf9kg
ラッヘンマンも昔はケレメンらに目茶苦茶いわれてたしな、
シュトックハウゼンという厚い壁が死んでから初めて、
世界のスター中のスターになったね。

703 :7分74秒:2009/08/04(火) 18:16:10 ID:LshnKJgn
「底辺校3校しか出場してない県大会で優勝した」みたいなところで
「スター中のスター」って言われても笑っちゃうけどな。

この世界の中ですら、
「ほんとうに強い学校は出場してない」みたいなところもあるし。


704 :7分74秒:2009/08/04(火) 18:58:15 ID:f5sBf9kg
今前衛でラッヘンマンよりップがいるか?

705 :7分74秒:2009/08/05(水) 18:56:40 ID:pJntvL0K
なんか日本語に不自由そうだけど、「ップ」っていうのは、
語感はわかるな。

まあ、まずジャンルそのものが「ップ」なんだよな。

あと、ラッヘンマン作品や本人は、いけなくないかもしれないが、
それとは別に、そういうえらそうな人の威光にすがって、
自分の地位もアップしたみたい!みたいな御仁は
「ップ」なのかもな。


706 :7分74秒:2009/08/06(木) 01:12:18 ID:9O88G+r/
「ト」が抜けたんだろうぞ。
気にしない、気にしない。

707 :7分74秒:2009/08/06(木) 02:04:11 ID:xhiWpqtt
「ト」じゃなくて「ラ」じゃないのか?

708 :7分74秒:2009/08/06(木) 04:58:04 ID:9O88G+r/
いや、何でも良いんだよ。

709 :関口巽:2009/08/06(木) 13:16:02 ID:s4TGdGXh
何でも良いなんて・・・京極、それはいくらなんでもいい加減じゃないか。

710 :7分74秒:2009/08/06(木) 16:57:47 ID:T5LZSCsX
こんなとこに真面目に書くやついるか?

711 :中禅寺:2009/08/06(木) 17:59:43 ID:d+V5susc
ラッヘンマンの作品は理屈だけが得意な関口巽がオーケストラに珍芸をさせて出来た音楽の様なものだよ、関口君。
僕ぁ自分の好奇心の為にCDを買うかもしれないが商品としては仕入れたくないな、商いの良心としてね。

712 :7分74秒:2009/08/06(木) 22:58:39 ID:T5LZSCsX
彼の理屈は長年ダルムシュタットで鍛えたものだからね。
簡単には崩れないよ。

713 :中禅寺:2009/08/07(金) 02:29:59 ID:6HyuHS5s
彼の理屈は殆ど詭弁だ。

714 :関口巽:2009/08/07(金) 02:31:48 ID:6HyuHS5s
それじゃ君と同じじゃ無いか。

715 :7分74秒:2009/08/07(金) 16:28:48 ID:uvaYW3e2
「金の亡者」を批判するならヘンツェよりシュトックハウゼンの方が妥当だとおもうが。

716 :7分74秒:2009/08/07(金) 17:10:27 ID:yKHHWzZE
ヘンツェは金儲け第一のために曲を書いている。
だから目的ではポップスとあまり変わらない。

ラヘンマンはただ芸術の更なる発展のために曲を書いている。
もう最低限食えるので金は二の次。

717 :7分74秒:2009/08/07(金) 17:59:42 ID:yKHHWzZE
従がって彼はNPO法人格と同じである。
税金ぐらいは免除すべきである。

ヘンツェはヘッジファンドやバッド・バンクとあまり変わらない。
その儲けに対しては多額の課税をすべきである。
今までの関税が生ぬるかったのではないか?

718 :7分74秒:2009/08/07(金) 18:29:36 ID:tRC8tdgq
なんでこんなつまんないことしか書けないのか。


719 :7分74秒:2009/08/07(金) 20:13:56 ID:jVQwEQPO
>>717
>ヘンツェはヘッジファンドやバッド・バンクとあまり変わらない。
この理屈わからんな。>>717みたいなのを使って情報を操作して膨大な金を巻き上げていた
作曲家の方がよっぽどファンドに近い。


720 :7分74秒:2009/08/07(金) 23:07:42 ID:yKHHWzZE
マイケル?
誰のことだよ?

721 :7分74秒:2009/08/16(日) 17:16:24 ID:nFx1aEUn
>>716
なんか・・・ラッヘンマンて偽善吐きか?

722 :7分74秒:2009/08/17(月) 16:37:39 ID:ROF7aVxC
ヘンツェはマイケル・ジャクソンのようなヘッジファンドだということ。

723 :7分74秒:2009/08/17(月) 19:01:05 ID:kNTYRQWq
ヘンツェは著作権の鬼だったのかwwwwwwwwwwwww。
実に面白い冗談だ。


724 :7分74秒:2009/08/17(月) 19:06:14 ID:Ir9GgB8P
しかし折衷作曲がこうも攻撃されるのなら前衛は一種の暴力カルト教団だな。

725 :7分74秒:2009/08/18(火) 00:29:55 ID:9uamfFMa
そりゃヘンツェは凄い金持ちだよ。
やはりそれが最優先だからね。

726 :7分74秒:2009/08/18(火) 11:22:07 ID:of1Q+I3X
>>724

うまいことを言う・・・。

727 :7分74秒:2009/08/18(火) 16:32:03 ID:kT4wXngB
現代音楽に「暴力」?
どこが上手いの?
カルトねえー。
でも信じても害はないよ。
いつでも脱会事由だしね。
嫌ならやめれば良い。


728 :7分74秒:2009/08/18(火) 18:10:58 ID:nnda1c5/
自分を底上げするために他をこき下ろす言葉の暴力。
信ずると教祖様の教義に外れるものは全て敵、徹底的にこき下ろせる反射神経がもれなく付いてきます。
脱会は自由ですが信者たちの集団リンチが待ち受けています。

729 :7分74秒:2009/08/18(火) 18:39:55 ID:kT4wXngB
言葉は「暴力」とはいわない、
「暴言」とでもすれば良い。

こき下ろされたら反論しろ!
できないのか、バカめ!

730 :7分74秒:2009/08/18(火) 20:31:19 ID:gjpO6jMC
>>729
後の二行は暴言ではなく言葉の暴力、いや挑発としましょう。
暴言は愚か者が羽目をはずして発してしまうものです。
それにしても
ラッヘンマン氏は>>729の様な人間を育てているのですね。恥ずかしくないのでしょうか。

731 :7分74秒:2009/08/18(火) 23:59:17 ID:kT4wXngB
挑発はダルムシュタットでは日常会話だよ。
どんどん喧嘩させる。
負けたらシュトックハウゼンみたいに負け犬として退場する。
それがあそこの掟!
そういう修羅場を何度も潜り抜けないと世界の誰も認めないのよ。
言葉の喧嘩が嫌ならそういうと子に来なくて良いよ。
そういうのも作曲の才能の一つなのだよ。
作曲のレッスンとは実はそういうものなのだ!
創作はそんなに甘いものではないよ。

732 :7分74秒:2009/08/19(水) 00:29:31 ID:d7W6woy8
まあ、たしかに、Lachenmann って、
実質上、昔のイタリアの la Musica Futurista と大差ない美学の、
あんなノイズの羅列だけのスタイルで、
音楽業界を納得させて、Maestro 扱いされてきた・・・だけでなく、
一般人の音楽ファンまでに、これは新しいゲイジュツだ!・・・と
思わせて、>>727 みたいな俗物を惹きつけることができた人だからね・・・。

社会心理学的には「裸の王様」現象なんだろけど、
それを引き起こすほどの巨大なカリズマを持った人なんだろな・・・とは思う。

カリズマティックであることは、実験音楽で有名になろうとする人にとっては、
一番重要なことだし・・・。 「裸の王様」現象を引き起こせない人は
実験音楽の分野では成功しない。 音楽自体は成功をもたらさない。

・・・すべては、作曲者のカリズマと、作品のプリゼンテーション、パッケージング
の勝負・・・。

ああ・・・そうか・・・。 実験音楽業界って、ファッション業界に良く似てるのかも・・・。
動くお金の規模は雲泥の差だけどね・・・。w

733 :7分74秒:2009/08/19(水) 01:40:08 ID:j2sZspP/
ていうか、この作曲家つまらんだろ。
いい加減にお前ら目を覚ませ。

734 :7分74秒:2009/08/19(水) 06:14:04 ID:AshO8PzF
耳がまだ幼稚な証拠だね。

735 :7分74秒:2009/08/19(水) 10:09:55 ID:d7W6woy8
>>734

 ↑

まあ、よくいる付和雷同型の俗物で、権威に弱く、
「裸の王様」トリックに、コロッ!と引っかかるタイプ。

736 :7分74秒:2009/08/19(水) 12:32:17 ID:M2MMgC+5
>作曲のレッスンとは実はそういうものなのだ!
相当のお笑いだが、こいつ自称作曲家かな。

>でも信じても害はないよ。
これじゃ、じゅうぶんあると思うが。
まともな音楽を押しのけ、無駄な金を投入させているという点でも。

まさに「裸の王様」だな。


737 :7分74秒:2009/08/19(水) 16:08:43 ID:zl1N/4B0
ほんとにバカだなあ!
作曲って音符書くだけじゃないのよ。
音楽についてちゃんと喋れて始めて本当の作曲家!
ここで素人と付き合っても仕方がないけれども、
ちゃんと理解ぐらいしろよ!!!

738 :7分74秒:2009/08/19(水) 17:28:20 ID:FlH5L9l3
ネオアカの同類かなぁ・・・・?

739 :7分74秒:2009/08/19(水) 18:14:53 ID:d7W6woy8
>作曲って音符書くだけじゃないのよ。
>音楽についてちゃんと喋れて始めて本当の作曲家!

   ↑

まあ、よくいる付和雷同型の俗物で、権威に弱く、
「裸の王様」トリックに、コロッ!と引っかかるタイプの
典型的コメント

Du bist ein verdammter Wichser.

740 :7分74秒:2009/08/19(水) 19:36:07 ID:zl1N/4B0
とにかく作曲は頭が抜群に良くないとできないよ。
ここの人は音楽の知識がないようだから全然駄目だね。

741 :7分74秒:2009/08/19(水) 20:17:38 ID:qwj5Z7n3
つまり自分の頭の良さを吹聴しないと窒息してしまうみたいだね。
しかも肝心の音楽について何の説得力もない強弁ばかりだし。

742 :7分74秒:2009/08/19(水) 20:23:31 ID:d7W6woy8
>とにかく作曲は頭が抜群に良くないとできないよ。

↑                    

Dummkopf und Schnoodle Noodle !


   
        Mach es dir selber, Scheisskopf !




743 :7分74秒:2009/08/19(水) 21:13:25 ID:zl1N/4B0
何!あなたの頭がScheisskopf?

744 :7分74秒:2009/08/19(水) 22:09:54 ID:67hiwBFp
     /  /   /   / / /   | | !    |    |   !、      r┐ r┐ヾ>
    /  /   //  ./ / /   | | ヽ   |   |     i.      || lニ コ
   |   .|  / !  /   ! i.     |.|   `、  |!    |     |      | レ! _| |.
    |   |  / | /  //     i|   ヽ.  |ヽ   |    .|      ヽ/(___メ>
   .|   |  へ,L/   .|.!      !   丶/"i  |.     |        ,、
   |    | /   V`ヽ__ !        _/"ヽi ヽ.|    |        ((
   |    レ   ,-",,=o,~`        '",o~,`ヽヽ `|   .|         ))
   .|    |  / /::::::::::::i        i::::::::::`i ヽ |     |        ((
   .|    |、.'  ヽrー-ノ        ヽrー-ノ   ! |   |         ))
    |    | }      ̄           ̄    |   .|           ((
   |   ト|:::::::::::::::        '    __  ::::::::::::::/|   |             ))
    .|  : |:::i ::::::::::: ,. -ー ,,_,,- '" V`ヽ.::::::::::!1  .|   _      ((
    |  ::: |_;>、  /             }   ,<;_i .:. |    ヽヽ    `
  ,.-"i.:.::::. |  >,.,ヽ            ノ,..=i|  |.::::::∧    ).)   / 7
,.="/ .:::i::::::::..| //  i:i`- 、__   __ ,,. - T:|  || .i.:::::::!、 ヽ,,,,,,.ノノ ┌‐' 'ー┐ト、
/ ..::/"|:::::i::::i .|:|  |:{          }:|   .|:|.i::::i::| `, ヽ`''''"   7 /_7 / 」__〉
  .::/   |:::::i::::||:|   !:!          !:!   |:/:::/:|  ヽ. ヽ.    〈_/ヽ_/


745 :7分74秒:2009/08/19(水) 23:30:42 ID:nHe6Besu
菅野は中年オカマに掘られて来い
そした現状を打開できる・・・よ

746 :7分74秒:2009/08/20(木) 00:59:00 ID:ppKGakEt
で、どんな曲を書いてるの?聴かせてよ。

747 :7分74秒:2009/08/20(木) 04:17:02 ID:oBH+XESS
まだ知らないのか?

748 :7分74秒:2009/08/20(木) 13:29:30 ID:wysb5R78
> 音楽についてちゃんと喋れて始めて本当の作曲家!

「初めて」って言いたかったんだろうな。
こんな誤字もそのままなんだから、
裸の王様の中でも、相当バカな部類だね。


749 :7分74秒:2009/08/20(木) 16:03:16 ID:AKvg3JRc
お前は裸の王様以下だね。
もう表現のしようが無い!
その言葉が存在しない!!!

750 :7分74秒:2009/08/20(木) 17:02:48 ID:c2Bczi/l
壊れている。

751 :7分74秒:2009/08/20(木) 22:17:41 ID:vuggmEkg
おsdね」kckしあばべ。
おうぴょいkdbq440−!
アh所が論破され2-450尾m!!!

752 :7分74秒:2009/08/20(木) 23:52:47 ID:wysb5R78
> もう表現のしようが無い!
> その言葉が存在しない!!!

「とにかく作曲は頭が抜群に良くないとできない」
「ちゃんと喋れて始めて(ママ)本当の作曲家!」
とかいうから期待してたら、
あっと言う間に「言葉の壁」に正面衝突!

「なあんだ、平均のはるか下かぁ」ってなことがモロバレ。
あ〜あ。


753 :7分74秒:2009/08/21(金) 03:19:52 ID:iMClUJHf
しかし
ここはラッヘンマンについて語るスレではなかったか?

コンポージアムでは温和に話していたが奥さんの忠告もあったのだろう。

754 :7分74秒:2009/08/21(金) 05:38:36 ID:pBBQ+XNm
我々は森を切り開いて道路や鉄道を作るときにどうしてそうやるのかいちいち松の木やミミズに説明しない。
もちろん言っても彼らは全くわからないから無視して良いのだ!
同様にラッヘンマンの音楽の良さを雑草や糞転がしに向かって説明することはない。
こういうことをやっても最初から絶対無駄だとわかっているのだ!!!!

755 :7分74秒:2009/08/21(金) 06:06:17 ID:yXKsMyoT
ちょ、のっけから聴衆を無視してるのか!?;;



756 :7分74秒:2009/08/21(金) 08:01:15 ID:M7SXUv05
そういう、「Metaphor で煙に巻く」 みたいな牛のクソ評論じゃなくて、

ただの思いつきの音響即興的羅列にしか聴こえない 
Lachenmann の作曲技法を

ちゃんと、譜例とか、数式とか、具体的に書いてあって、
理解可能なように、マジメに説明してある
No-Bullshit-Get-Real な、解説本ってないの?

あったら、ぜひ読みたい! いや!マジで!




757 :7分74秒:2009/08/21(金) 14:52:55 ID:iW6wzsIt
Lachenmannの作曲技法の多くはウェーベルンから来ているので、
まず最初にそれをみっちりやらないと単なる音のカオスに聴こえてしまう。
彼はそれをノーノよりもシュトックハウゼンから習ったらしい。
従がってシュトックハウゼンの考え方も踏襲しているのでそれも知らないとやっていけない。
後はブーレーズかな?
とにかく彼にとってダルムシュタットの3羽鳥の作曲技法並びに思想は知らないと単なる音の羅列に過ぎない。
後期はそれにジョン・ケージの思想が入ってくる。
ケージを真面目に勉強しないと彼の後期は絶対わからない仕組みになっているんだよ。



758 :7分74秒:2009/08/21(金) 15:49:47 ID:M7SXUv05
バカなんじゃないの?
素人相手にしてると思ってるわけ?
やっぱりアンタ死になさいよ!

759 :7分74秒:2009/08/21(金) 17:45:59 ID:iW6wzsIt
ラッヘンマンがわからないのは素人の証拠。
蛆虫どもにバカといわれても不毛だな。
クワメテ空しい!

760 :7分74秒:2009/08/21(金) 17:46:02 ID:1RdcO1Er
有名処を並べれば良いというものじゃない、
といってもロクデナシばかり並べ立ててそれでいいのか?

761 :7分74秒:2009/08/21(金) 18:12:33 ID:iW6wzsIt
毒毛虫にとってはラッヘンマンはろくでなしにしか見えない。
そんなの誰が本気にするか?

762 :7分74秒:2009/08/21(金) 21:32:57 ID:pxT6XEiu
>>757
まったくもって説明になっていない。

763 :7分74秒:2009/08/21(金) 22:29:36 ID:EWuyfKFM
私は>>757の意味がわかります。

764 :7分74秒:2009/08/21(金) 22:41:37 ID:iW6wzsIt
762:国交省みたいなこと言われてもそれは日本人を駄目にしかしないな。
やめたほうが良いよ。
ラッヘンマン聴かなくとも犬・猫のように死なないよ。

765 :7分74秒:2009/08/22(土) 06:21:19 ID:Mi0H3+be
>>757
天動説みたいなややこしさだな。作曲家自身ならもっと簡単に説明するだろうに。

766 :7分74秒:2009/08/22(土) 06:55:07 ID:jy1nvGo3
これ以上易しくはならないよ、
頭を使って付いてきな。

767 :7分74秒:2009/08/22(土) 07:14:50 ID:hr7rFEKj
>>766

  ↑

This guy is an idiot. Just bullshit talk !
This guy is totally useless. He doesnt know shit.

Just ignore this dickless piece of motherfucking shit !
Its just way too annoying to deal with this ape-shit jerk-off !


768 :7分74秒:2009/08/22(土) 16:38:58 ID:Xgcf2PPl
また横文字キチガイが出てきたよ。
バカだなあ!

769 :7分74秒:2009/08/22(土) 19:58:51 ID:AVXh9fbd
つまり、ヴェーベルンとノーノとシュトックハウゼンとブーレーズとケージをミキサーにかけたら
ラッヘンマンが出来上がる、と…。

ラッヘンマンを理解できてないのはてめえのほうじゃねえか。
バカだなあ!

770 :7分74秒:2009/08/22(土) 20:39:13 ID:Xgcf2PPl
できる筈ねえじゃねえーか、バカかお前は?
特殊奏法が全く抜けてるじゃねえか?

771 :7分74秒:2009/08/22(土) 22:02:26 ID:hr7rFEKj
>>768
ごめんねー。 外国語で書くのは理由があるんです。

日本語だと生々しすぎて、気が引けて、さすがに書けない罵倒ってあるでしょう。
私の場合はドイツ語、フランス語は、感情移入がないので、
女だとちょっと言えない悪口雑言でも平気で言えちゃうのです。

ところがさー、なんかこのスレ、
Kraut(ドイツ人のこと)作曲家のスレなのに、ドイツ語すら通じないんだもんね。

だから英語で書いたわけ。 
ほんとは英語だと、日本語同様に罵倒は辟易なんだけど・・・。
英語でも読めないみたいね。

・・・で、ちょっと疑問なんだけど、
ドイツ語もフランス語も英語もわかんない人が、なんで
ヨーロッパの音楽、それも実験音楽なんかに興味があるの?

文献も読めないのに? それとも日本語に訳された文献だけ読むの?
楽譜だって困るでしょう! 実験音楽の場合、音符だけじゃなくて、
記譜法や特殊楽器法の説明とかたっぷりあるし。

なんだかなぁ・・・。

・・・これからは罵倒も日本語で書こう! どうせ匿名掲示板だしね♪



772 :7分74秒:2009/08/22(土) 22:09:13 ID:tdsO86CR
       _            ,へ
     /   `ヽ.       r-‐'::::::::\        ,..へ
    /  何    ',      .|:::::::::::::::::::::\  _,,... :::''"´:::::::|
    ,'   .言   .|    .r|> ''"´ ̄ ̄`"'' <:::::::::::::::::!、       _
    |    っ   |    /   ,  /         ヽ;::::::::::::':,.    /   `ヽ
    |   て     |  /   、/|  |    |   |     ', Y::::::::〉   /
    |   ん     ! ./  /|,>-ハ   /|  ./|.     | .|\/   |   ?
    |   だ     !∠__/|イ  /l! \/ ァー<| /   ', |::::::\ <
  _|   ?   /  / |7  lり     /l!  Y   八!::::::r┘  ヽ、
'"´  `ヽ     ,.>/  /xx       lり ノ| /  `Y´     ` ー‐ ''´
      r-─ '´  / ./人          xx./レ|     ハ/!
  バ   |.      レ'´∨|/ \  l7 ̄`ヽ   / ,ハ   ,  / /
  カ   .|: . .       _/´|> 、..,___,,.. イ ,∠、|/|/ /
  ?  /::: :: : .. .     \|  .|:::::| ムヽ  |/   \ / /_,,,... -‐ァ
    /:::::::: ::: :: . . .     '、 、|:::::|/くハ.〉ヘ. !      ヾ´    /
ー ''´:::::::::::::::: :::: ::: :: . .  <ヽ._|::::└--‐'´`ヘ.      〉  /___
:::::::::::::::::::::::::::::: ::::: :::: ::: :: . . . `|,ハ:::::::::::、:::::::::::::ヽ._,ゝ-‐ヘ-‐'"´ /


773 :7分74秒:2009/08/22(土) 22:18:33 ID:hr7rFEKj
>>766

  ↑

こいつは白痴だ! 口だけのインチキ野郎だ!
まったくの役立たず。 実はなにもクソほども知らない。

この実母とセックスしてる、チンポ無しのクソのかけら野郎は、無視しなさい!
この猿のクソのマスかき野郎の相手するのは、神経に触りすぎるから!


・・・こんな感じかなぁ・・・。

774 :7分74秒:2009/08/22(土) 22:34:33 ID:Xgcf2PPl
なーんだ、お前のことか。
ちゃんと自分で働いて自活しているのか?

775 :7分74秒:2009/08/23(日) 01:05:10 ID:W9s60HXz
>・・・で、ちょっと疑問なんだけど、
ドイツ語もフランス語も英語もわかんない人が、なんで
ヨーロッパの音楽、それも実験音楽なんかに興味があるの?


それらの言語を覚えるのが面倒臭いだけでしょ。


776 :7分74秒:2009/08/23(日) 01:15:45 ID:W9s60HXz
>・・・で、ちょっと疑問なんだけど、
ドイツ語もフランス語も英語もわかんない人が、なんで
ヨーロッパの音楽、それも実験音楽なんかに興味があるの?

文献も読めないのに? それとも日本語に訳された文献だけ読むの?
楽譜だって困るでしょう! 実験音楽の場合、音符だけじゃなくて、
記譜法や特殊楽器法の説明とかたっぷりあるし。



それを言ったらブルース・リーの香港映画を
見るときは中国語を覚えなきゃいけない。
「チャングム」のような韓流ドラマを見るときは
ハングル語を覚えなきゃいけないと
言ってるのと同じだろう。

777 :7分74秒:2009/08/23(日) 01:38:23 ID:QP9+9BhV
・・・で、ちょっと疑問なんだけど、
ドイツ語もフランス語も英語もわかんない人が、なんで
ヨーロッパの音楽、それも実験音楽なんかに興味があるの?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ,,-―--、
        |:::::::::::::;;;ノ
        |::::::::::( 」 
        ノノノ ヽ_l  
       ,,-┴―┴- 、    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / `./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |

778 :7分74秒:2009/08/23(日) 01:42:08 ID:W9s60HXz
わかった。
じゃあ、ベリオやノーノを聴くときは
わざわざイタリア語を覚えるか?

シュニトケやグバイドゥーリナを聴くときは
わざわざロシア語を覚えるか?

779 :7分74秒:2009/08/23(日) 02:24:28 ID:QP9+9BhV

日本の音楽を聴く海外のファンは皆日本語がわかるらしい

780 :7分74秒:2009/08/23(日) 02:50:03 ID:ddjAKESe
自分が書き込んだ内容をすぐ忘れるなんてまるで虫の脳みそですね。

781 :7分74秒:2009/08/23(日) 04:00:07 ID:U1Xip6g7
ここの問題点は虫どころか脳みそが全くないやつらが書いていることじゃないかな?


782 :7分74秒:2009/08/23(日) 07:28:01 ID:VK//5WyP
>>778

ベリオやノーノ、シュニトケやグバイドゥーリナ 本人たちが、
英語、ドイツ語、フランス語のどれか、もしくは、いくつか喋るでしょう。

・・・って言うか、
作曲家のばあい、イタリア人や、ロシア人は、
日本人と同じ逆境に置かれてるでしょう。

つまり、英語、ドイツ語、フランス語のどれか、もしくは、いくつか喋れないと、
仕事にならない。


・・・通俗本を主に読む音楽ファンの立場から見ても、
日本語しか解らない人は、得ることのできる情報が限定されるでしょう?
それに、何を日本語に訳するか? はその本を書いた著者じゃなくて、
訳者や出版社の人が決めるわけだから、
あなたが、何かについて知りたいと考えて、自分で知的選択をしてるつもりでも、
実は、あなたと同じ事に関心のあるほかの日本人の知的選択を
自分の自主的選択と思い違いしてるだけ。

>>779

・・・w。 正直に考えてみなさいな!
日本語も解らないレベルの日本文化の理解しかない人に、
日本人の作る音楽(ジャンルを問わず)を理解する・・・なんて事が
可能だと、ほんとうに思いますか?
 
それなりにインテリだけど、日本語が解らないレベルの日本理解を
持っているアメ人やヨロ人で、日本の音楽が好き!って言う人と話してみると、
その人が日本音楽のメリットとして、日本音楽の魅力として捉えているのは、
単純なエクゾティシズム趣味にすぎないことが分かるから!w

▲マルタイリングァルじゃない人には想像できにくいだろうけど、
音楽に限らず、「文化」というものは、実際は言語と密接に結合しています。
「言語を覚える」・・・の85%は、
実はその言語圏の文化を覚えるってことなんだよ〜!  Capice?



783 :7分74秒:2009/08/23(日) 10:07:46 ID:ldHrUy0A
>ベリオやノーノ、シュニトケやグバイドゥーリナ 本人たちが、
英語、ドイツ語、フランス語のどれか、もしくは、いくつか喋るでしょう。

・・・って言うか、
作曲家のばあい、イタリア人や、ロシア人は、
日本人と同じ逆境に置かれてるでしょう。

つまり、英語、ドイツ語、フランス語のどれか、もしくは、いくつか喋れないと、
仕事にならない。



質問内容が違う。「外国語が分からない人がシュニトケや
グバイドゥーリナを聴く場合、わざわざロシア語を
覚えなきゃいけないのか?」と言ってるんだよ。



>マルタイリングァルじゃない人には想像できにくいだろうけど、
音楽に限らず、「文化」というものは、
実際は言語と密接に結合しています。



そんなこともないだろ。言語と関係のない文化もある。



>「言語を覚える」・・・の85%は、
実はその言語圏の文化を覚えるってことなんだよ〜!


だからそしたらロシアの文化を覚えるには
ロシア語覚えなきゃいけないだろ?

784 :7分74秒:2009/08/23(日) 10:19:11 ID:ldHrUy0A
>>782
君は英語、ドイツ語、フランス語中心主義的視点を
持ってるが言語はそれだけじゃない。
世界中に言語なんて5000もあるんだぞ。
それらをわざわざ覚えるか?
ちなみに英語よりも中国語の方が話者が多いぞ。

785 :7分74秒:2009/08/23(日) 11:32:17 ID:nQle9ppM
話者数の問題じゃないような。

786 :7分74秒:2009/08/23(日) 12:30:17 ID:Hw9SLvz5
一生懸命覚えた外国語を自慢したいんだろ。

787 :7分74秒:2009/08/23(日) 13:57:24 ID:XIGzvGPY
この中年オカマMIXIのキャバ嬢とかいう奴なん?


788 :7分74秒:2009/08/23(日) 14:26:12 ID:VK//5WyP
>>783

「西洋古典音楽」というのはドク語、ブツ語、イタ語文化圏の産物です。
その延長である20世紀前衛音楽(現代音楽)は、
独語、仏語、英語文化圏の産物です。

あなたが挙げた四人の作曲家たちは、
それぞれ固有の民俗音楽家ではなく、現代音楽の作曲家なわけで、
英独仏文化圏のなかに自分たちの Vantage Point を置いて活動してるんです。

だから、Schnittke の音楽も Gubaidulina の音楽も、
ロシア文化/ロシア語とは関係ないでしょう。
関係あるのは、結局、英語、独語、仏語です。

・・・勿論、リスナーの立場から言えば、自分のお金を払って、何をしようが、
他人の口出しすることじゃないですけど・・・、

>>782 の ● に書いた事には、ある真実がある・・・のは
認めないわけにはいかないでしょう? 










 






789 :7分74秒:2009/08/23(日) 15:44:02 ID:xMVUppCj
しょうがないだろうな。

そういう言語圏から重要な作曲家が出てきたわけだから。
それをもろにラッヘンマンは学んだ。

790 :7分74秒:2009/08/23(日) 16:06:15 ID:nQle9ppM
>>788

> >>782 の ● に書いた事には、ある真実がある・・・のは
> 認めないわけにはいかないでしょう? 

これは正論だと思う。
そこであなたにしつもん。
音楽を作曲者の意図通りに理解しなくちゃいけない理由は?

791 :7分74秒:2009/08/23(日) 16:42:07 ID:06QCAnLo
>>584
最近「トーマの心臓」の小説版が出た。書いたのはどっかの大学の准教授。
著者は英独書けるのでトチ狂って独語版を出すかもしれん。

792 :7分74秒:2009/08/23(日) 17:00:18 ID:VK//5WyP
>>790

それは発想が逆でしょう!

聴衆に聴感上のみで、伝わらない意図・・・は
「意図」じゃなくて、「作曲家の個人的妄想」でしかないでしょう。

聴衆が、作曲家の意図を理解できないのは、聴衆側のショートカミングじゃなくて、
作曲者がインチキだからです。
 
そんなものを「理解してあげよう」なんて、
聴衆が作曲家に優しい態度をとる必要は、ないでしょう!

そういう優しさがシャーラタン作曲家を付け上がらせて、
「裸の王様」現象の温床になるんです!


でも、逆に、あなたのように、音楽を作曲家の意図とは違う理由で好きだ!
・・・って言ってくれることに対しては、
作曲家はアンビバレントな気持ちがするでしょう。

嬉しい(とりあえず自分の作品を好んでもらってるから)、
侮辱だ(自分の意図を理解されてないのに好きって、パトロナイズすんな!)
・・・っていう二つの感情で。


793 :7分74秒:2009/08/23(日) 18:48:15 ID:xMVUppCj
ラッへンマンの作曲がインチキならばシェーンベルクもケージもインチキだね。
なぜインチキに見えるか?
それは音の高さなんかどうでもいいからだよ。
どっち道特殊奏法の雑音は雑音音の高さはない。
音の高さは違えば良い、調性を感じなければ良いでやっているからねえ。
音高を問題にするのはもう長い間彼らにとっては過去の話なんだよ。
日本の作曲家はどこまでも保守的なので、そういう古い耳で聴いてインチキだって言っているわけ。
従がって音高をおろそかにする音楽は全く考えられないわけ。
そういうことを教えるのが「芸大アカデミズム」というわけ。
そしてそういう曲しかいつもマイコンや尾高賞に入らないわけ。
残念ながら彼らはもはやそういう次元にはいないのだよ。
もちろん彼らだって調性の普通の曲は書ける(当たり前だ)!
でもそれがどうしたって言うの?
そんなの書くんだったらバッハやベートーヴェン、シューマン、ビゼーあたりで十分じゃないの?
何をそんなことが今更問題になるんだかが不思議な日本?

794 :7分74秒:2009/08/23(日) 18:51:00 ID:vyEHAJ3Y
日本の楽壇全てがそうではありませんよ。


795 :7分74秒:2009/08/23(日) 18:57:39 ID:xMVUppCj
最近目が覚めたようよ。
でもちゃんと体系的に勉強しないと駄目だな。
本の知識だけじゃ駄目だよ。

更に彼らは旋律やリズムは一切使わない。
もちろん伴奏なんかないしクライマックスもない。
だから音楽的な「盛り上がり」もない。
あるのは強い音やトゥッティ・高音だけ。
未だにそれを勘違いしている日本の音楽学者はいる。
それよりもアドルノなどを含めてそういうことをきちんと教えられる人材が求められるね。
それも作曲科だけではなく普通の学部の副科の生徒にも実技を含めて教えられるたくさんの人材は欲しい。




796 :7分74秒:2009/08/23(日) 19:24:07 ID:rt4VkrkA
今CD聴く気がしなくなった。
翻訳知識だけでは翻訳者の頭の範囲内
欧州のや作家本人の知識を頭に入れれば作家万歳のお人形
どちらにしても絶望的なら・・・

 余談だが欧州に留学している作曲家のエッセイが数年前新聞に連載されていたが
ラッヘンマンの紹介が満艦飾賛美の嵐だったので思い切り引いた事がある。
「理解」するとああいった風に自分の価値観というものが完全消滅してしまうのでしょうね。

797 :7分74秒:2009/08/23(日) 19:52:29 ID:xMVUppCj
ラッヘンマンを理解することが自分の価値観の喪失には繋がらない。
それはラッヘンマンの美学の世界も手に入れただけのこと。

例えば我々が一生懸命英語を勉強して喋れるようになっても、
日本語を忘れて喋れなくならないと同じ事。
その人の中に二つの美学が存在しているだけのこと。
しかし彼の理論を押し崩すのは完璧すぎてまず無理だろう。
昔はダルムシュタットにもたくさんの抵抗者がいたが、
彼の答えの一声で毎回瞬時にみんな黙ってしまった長い歴史がある。


798 :7分74秒:2009/08/23(日) 20:00:31 ID:rt4VkrkA
>>797
え??
>例えば我々が一生懸命英語を勉強して喋れるようになっても、
>日本語を忘れて喋れなくならないと同じ事。
このスレには日本語が不自由になった人が何人かいますよ(汗)。
もうドイツ語で手一杯みたいな人たちが。


799 :7分74秒:2009/08/23(日) 20:52:45 ID:VK//5WyP
>>793-795

>音の高さなんかどうでもいいからだよ
>更に彼らは旋律やリズムは一切使わない。
>もちろん伴奏なんかないしクライマックスもない。
>彼らはもはやそういう次元にはいないのだよ。

まず、他の要素の影響を取り除く・・・って言うのは、科学的態度で
「実験」するための正しい方法です。
でもそれはあくまで実験であって、何かを発見するためにコツコツやれば
いいこと。  「実験」は「芸術」ではない。

「実験」を人に聴かせて、
「この芸術がわからないのは、お前のアタマが古いからだ!」
って、厚顔無比の あつかましさ! 信じられない Audacity だね!

「実験」が「芸術」に格上げされるためには、あんたが Diss してる
Bach や Beethoven くらいに聴衆を感動させる作品を出さないと!

理科のジッケ〜〜ン みたいなのを、
付和雷同してありがたがるアンタって、ほんとの俗物。

Darmstadt は、アンタみたいな俗物の集団。
自分の知性感性への自信が常に揺れ動いている似非インテリ層ほど、
「裸の王様」サギに取り込まれて、その気になる・・・。
あ〜!ヤダ! ペッ!ペッ!







800 :7分74秒:2009/08/23(日) 22:25:24 ID:xMVUppCj
「実験」は芸術の一部だよ。
もうここから話にならない、だから空しいといったのさ。
BachやBeethovenだって実験に実験を重ねてああいう傑作になったのさ。
だからあなたの頭が古いのはいうまでもないわけ。
これ以上何も知らない人と話とも無駄なんだよ。
そういう芸大アカデミー上がりみたいのが日本全国の音大や教職課程で教えているわけ。
そういう意味で日本音楽の亡国論に等しいわけ。

801 :7分74秒:2009/08/24(月) 01:35:10 ID:vzgg6Ups
わかる人にはわかる。
わからない人にはわからない。
それがラッヘンマン。


802 :7分74秒:2009/08/24(月) 02:00:55 ID:a6LYdOev
そんなにウェーベルンから遠くはないよ。
普通の音が特殊奏法の雑音に変わっただけ。

803 :7分74秒:2009/08/24(月) 10:02:59 ID:rLAJ4LD1
>>800
>BachやBeethovenだって実験に実験を重ねてああいう傑作になったのさ。

・・・でも、Bach やBeethoven は、作品の実験的習作を人に聴かせて、
「この芸術がわかんない奴は・・・etc.」なんてプリザンプチュアスなことを
言わないでしょ?  w


>そんなにウェーベルンから遠くはないよ。

・・・そう思っているのは作曲家本人と
アンタたち「権威の人が言いました」主義のサポーターだけ。

Webern と Lachenmann は全く似てません。

Webern の音楽はそれだけで(i.e. 解説なしで),聴衆が納得して感動するだけの
クウォリティーがある。
 
なぜなら、Motivic Fragments 的だった彼のアイデア(Motivic Cellなど)
は、聴衆に直接的に伝わるから。 
たとえ完璧(Solfege的な意味で)ではないにせよ、
聴衆は整合性(正しいものが正しいところに配置されてる感じ)を感じるわけ!
 
Bach の Die Kunst der Fuge が、対位法のディーテールなんか
勉強したことのない聴衆にも感動をあたえるのと似てるよね。

Lachenmann の音楽にはそういう音響心理学とパターン認識の現象に対する
考慮がまったく感じられない。 聴取上、音響効果の羅列にしか聴こえなければ、
作曲家の意図がいかに野心的でも、ただの山積みの牛のクソでしょう!

Lachenmann の音楽がアフィニティーを持ってるのは、もう1人の
20世紀の大サギ師の John Cage でしょう?
音楽聴くより、自筆の楽曲解説読んだほうが面白いのも共通だし。


>普通の音が特殊奏法の雑音に変わっただけ。

・・・なによ?その「だけ」ってのは!?
 
そのあんたの言う「普通の音」に較べて、「特殊奏法の雑音」を
芸術と呼べるレベルの音楽構成要素に引き上げることが
いかに難しいか! 
Lachenmann の志が高いのは、わかるけど、
実用的にはまったく成功してるとは思いません。

それに、
「Webern と一緒。 普通の音が特殊奏法の雑音に変わっただけ。」
なんて本人に言ったら、いくらアンタが
Lachenmann の ケツなめ奴隷 でも、殴られるよ、きっと!w


804 :7分74秒:2009/08/24(月) 10:39:20 ID:bG6Wjtic
とりあえずさウェーベルンを現代音楽にしたいなら、本物の現代音
楽聴いてみなよ

>>803の心の壁を作りまくりの狭い耳なら、確実に拒絶反応示す世
界だから。
あとな、現代音楽板の住民は単なる音楽ファンじゃなく、音楽を専
門的に学び歴史に名を残そうとする野心的な強者がうじゃうじゃ板だから
お前とは音楽知識が桁違いだから、あんまり調子に乗らない方がいいよ

805 :7分74秒:2009/08/24(月) 11:24:25 ID:SiHbzltH
とりあえず、>>804には>>803を狭い耳と評する資格はないわな。
自己批判してみ。


806 :7分74秒:2009/08/24(月) 11:28:47 ID:OQR2UEWf
>>804
 うじゃうじゃいないよ。それに>>803の反応は普通だ。でなければコンポージアムでラッヘンマン自身が前口上を言うわけがない。
身近な人の忠告による行動とも考えられるが彼自身自分の音楽を「此所ではまだ異端」と認識しているかもしれない。
 無神経で暴力的な文明人より繊細(w)で優しい野蛮人とのおつきあいは慎重に、というところか。

 余談だがゲバラが広島博物館で市に「なんでお前らは復讐しないんだ」と演説をぶったがこれは西欧文明の無神経さの一例。ゲバラは南米人だがな。

>歴史に名を残そうとする野心的な強者
やはりこれが本性なんだな。政治家や独裁者の目的と同じやん(汗)。
聴衆と刹那のコミュニケーションを取ろうという意志は無いのか。多分無さそう。

807 :7分74秒:2009/08/24(月) 12:52:42 ID:vzgg6Ups
権威とかどうでもよい。
ラッヘンマンの作品の出来が素晴らしいよ。

現代音楽の作曲してる人間ならわかると思うんだがなあ。


808 :7分74秒:2009/08/24(月) 12:57:23 ID:vzgg6Ups
ラッヘンマンの曲の問題点を意識することで
各々の創作が豊かになるなら
それはそれで別に良いし。

809 :7分74秒:2009/08/24(月) 14:09:17 ID:rLAJ4LD1
>>804
>音楽を専門的に学び歴史に名を残そうとする野心的な強者が
>うじゃうじゃ板だから お前とは音楽知識が桁違いだから、
>あんまり調子に乗らない方がいいよ

・・・まあ、別にどっちでもいいんだけど、
アンタの音楽知識が私より上な確率は多分低いかも?(含む・前衛音楽)
と、一応言い返しておこうかな・・・。♪

さて・・・、
どう? この

>「歴史に名を残そうとする野心的な強者」

なんてメガロマニアックで悪趣味な言葉を臆面も無く言える、
文化レベルの低さ! Social Finesse のなさ!
こんな態度で作曲して洗練された作品ができるはずないでしょ!

驚異的な能力と巨大な博識を所有しながら、
「私は永遠にアマチュアだよ。自分をプロと思い出したら作曲家は終りだ!」
と常々言っていた、Messiaen が、さらに神々しく思えます。



810 :7分74秒:2009/08/24(月) 14:20:04 ID:yB2j3/Ei
>>809
ところでアナタ、何やってる人?

811 :7分74秒:2009/08/24(月) 16:43:23 ID:7EG0m/kB
それよりの「歴史に残るような水準の曲」は誰でも目指しているだろう。
芸術家として絶対手は抜けない筈だよ。
そのためにはプロで当然。
プロでも残らない曲のほうが断然多いからね。
初演した99%は完全に消えてゆくんじゃないかな?

812 :7分74秒:2009/08/24(月) 17:11:40 ID:78zAh6yo

YOSHIKI遺言書いてた 首再手術へ

 7月に頚椎(けいつい)椎間孔切除手術を受け、成功したロックバンド、X JAPANのリーダー、
YOSHIKIが23日、三重・鈴鹿サーキットで、損傷した頚椎の骨を入れ替える再手術を3年以内に
行うことを明かした。また、遺言書を書きためていた衝撃の事実も告白したが、YOSHIKIは
「Xという戻る場所があるので、耐えられる」と前向きに発言。決死の覚悟でリハビリに挑む。

 前夜のフィルムコンサートで首にコルセット、左手にサポーターを巻きながら、ファンに明るく
振る舞ったYOSHIKI。その笑顔の裏には、悲壮な覚悟があった。

 この日、プロデュースするレーシングチーム「ROCKSTAR 童夢」のGTシリーズ第6戦決勝を
観戦するためサーキットに再来場。「医師から『以前とまったく同じ状態に戻ることはない。ドラムは
100%無理。できても80%ぐらい』と宣告されました」と衝撃事実を明かした。

 激しいドラムプレーの代償で、脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される頚椎椎間孔狭窄(きょうさく)症
を患い、先月27日に米ロサンゼルスで上から5番目と6番目の頚椎の間を広げる手術を受けた。神経が
密集する大事な個所だけに手術は困難を極めたが、無事成功した。

 だが、今度は3番目と4番目、6番目と7番目の頚椎の間や腰にも損傷が判明。医師から3年以内の
再手術を宣告され、「放置すると神経が傷ついて回復できないので、人工骨などで骨を入れ替えないと
いけないと言われた」と吐露。手術が失敗すれば命を落とすこともあり、今回の手術前に弁護士と
相談して遺言書をしたためたことを告白した。

 まだすべてを書いたわけではなく、「お世話になった家族とXのメンバー、チャリティー基金
『YOSHIKIファンデーション』、長年のファンの人たちにあてました。権利のパーセンテージを
書いただけだから、もめるだろうな」と、複雑な胸中も垣間見せた。

 症状は思った以上に深刻で、10月10日のパリ公演と年内の大阪公演の来年延期を発表したばかり。
だが、「Xの解散やHIDEがいなくなった時(1998年に死去)の痛みに比べたら100分の1。
耐えられる」と、いたって前向き。来週にもロスに戻り、リハビリに専念するが、「Xという戻る場所が
あるので大丈夫。病は気からというから早く治ると思う」と、力強く再起を誓った。

産経ニュース 2009.8.24 06:01

813 :7分74秒:2009/08/24(月) 18:09:19 ID:N314LKdU
              _,. -―――- 、
            /: : ‐: : : : : : :‐- 、: :\
            /: : /: : : : : : :\: : : : \: :\
         /: :/: :.|: : : : : ! : : : \: : : :.ヽ: : ヽ
         /: /: : 八: :!: : :|\: : : : ヽ: : : :',: : :.',
        ,': /ニ7⌒!:.!: : :| ⌒ : : : : : : : : |: : : :!
          /: :.|: :./  V\: !   ヽ: :!: :.|\|: : : :.\__,
       /: : :ハ: :|     ヾ   ∨!∨: : : : : : : : :ヽ
        /: : : : :.V:! x=ミ    x=ミ. !: : : : ハ: : : : : :.ハ
     /:/: : : : /: :! 、、  、       、、 !: : !: : :!: : : : : : :.}
     // |: : : /| :八    - 、    ,ィ: :/: : /: :ハ: : :|V
     {! 从: i'´ ̄::::>、 `ー '  イ!V /: : /: / |: :/
 _人_    /N::::_:::::/::| ` r ' //:/: /‐く  V     ウンタン♪ ウンタン♪
 `Y´    /::::::://:::/:::::|  ><  /:::丁´:::::::::::::V゚}∩  *
       /::::nんh_::∧:::::}/八. ∨::::::」::::::::::〈ヽ.ノ///〉
.     /:/| ! // 〉:::::>ヘ.ノ八 ソ::::{::::::::::::/:::}    っ
    //:::::::\__ノ〉::〈:::::::|/ ∧〉::::〉::::::::/::::∧  , ィ´
    /:::::::::::::::::::::/::::::::\::! /:::::>'´::::::::/::::/:::い.ノ):〉
    !:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ヾ厶イ:::::::::::::/:::/:::::::ヽノ:/
    |::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::<>:::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::/  *
    `ー七:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::/
     //:::::::::::::::::::::::<>::::::::::/::::/  ヽ:::::::::::/
   /⌒〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::/    `ー‐'  *


814 :7分74秒:2009/08/24(月) 19:03:23 ID:7EG0m/kB
馬鹿者めー、もっとクラングを真面目に考えろ!

815 :7分74秒:2009/08/24(月) 19:16:23 ID:uWN+wJ2T
>歴史に名を残そうとする野心的な強者

>歴史に残るような水準の曲
にすり代わっていますね。
どうおもわれますか?

816 :7分74秒:2009/08/24(月) 20:23:35 ID:7EG0m/kB
すりかわってもすりかわらなくとも良い。
要はそういう水準しか考えていないということ。
決してお遊びでやっているのではないというとこでしょう。
遊びのつもりならマイコンや尾高賞で満足だけしていれば良いでしょう。
まあ自分の人生をどう生きるかという問題ですよ。


817 :7分74秒:2009/08/25(火) 04:07:32 ID:uQvbsNzP
日本語だって普通の西洋人から見れば意味不明でインチキに聴こえるわね。
我々は意味がわかっているので、ここの言葉が重要に感じる。
ラッヘンマンの音楽もそれと同じだと思う。

818 :7分74秒:2009/08/25(火) 07:00:45 ID:eMPldjhv
>>817
・・・?

知らない外国語は、当然意味不明だけど、「インチキ」に聞こえる・・・って、
何それ? 
私、半分、西洋人ですし、たとえば、ベトナム語はまったくわかりませんけど、
ベトナム語がインチキとは思いませんが・・・?

はっは〜ん。・・・あなた、国粋主義者でしょう! 「天脳屁〜下、漫才〜〜♪」




はっ! 待てよ!

そうか! これって、婉曲法による Lachenmann ファン批判なのですね!

Lachenmann のファンの思考力のボケボケさ を身をもってミミックして
揶揄しているんだよね。 

おお! そうだ! そうに違いない!
正常でこのボケボケさ・・ってありえないもの♪
 

819 :7分74秒:2009/08/25(火) 16:29:02 ID:HKB3PzDN
要するにお前はラッヘンマンの語法・文法が理解できないだけのこと。

フランス語と同じだよ。勉強しな!

820 :7分74秒:2009/08/25(火) 18:10:14 ID:SXpQMCkq
>>819
ちょとすいません。
お聞きしたいのですが、普通の人が「ラッヘンマンの語法・文法」についての事前の了解なしに、ただラッヘンマンの音楽を聴いて、それだけでラッヘンマンのやっていることを理解できると思いますか?

821 :7分74秒:2009/08/25(火) 18:42:44 ID:rUaZ2bWW
>>820
このスレによるラッヘマン音楽のルーツから鑑みるに
それが出来たら脳幹にスーパーコンピューターを接続した天才か
洗脳人形か
狂人の偶然です。

822 :7分74秒:2009/08/25(火) 19:12:31 ID:HKB3PzDN
つべこべ書いていないで暇なときちゃんとラッヘンマン勉強しろよ。

823 :7分74秒:2009/08/25(火) 20:47:05 ID:HKB3PzDN
ラッヘンマンの音楽を聴いてその音のすべてを変化を肯定的に受け止めるならば楽しめます。


824 :7分74秒:2009/08/25(火) 21:11:28 ID:SXpQMCkq
>>823
繰り返しになりますが、特に構造に関わる「ラッヘンマンの語法・文法」について、特にそちら方面に明るくない人が、聴覚だけでついていけるものでしょうか?
ただ楽しむだけでなく、理解するというところまで到達することができるでしょうか?
どうお考えですか。

825 :7分74秒:2009/08/25(火) 22:26:56 ID:UTch++F6
全く下らない話ばかり!
お前ら本当にヒマ人だな

826 :7分74秒:2009/08/25(火) 22:49:47 ID:eMPldjhv
>>825  ま、夏休みの休暇だし・・・。 実際ヒマです。w

>>824 

善意の、偏見のない聴衆が、先入観なしに、でもマジメに集中して聴いて
「理解できない」のは、
その音楽に音楽心理学的に、パターン認識論的に、有意な情報が含まれてない
・・・ということです。 つまり、あなたが聴いているのは音楽ではなく、
ただの音の羅列の牛のクソだ・・・ということです。

いくら、作曲者本人の脳のなかに精巧な詳細な語法、文法があっても、それが
アウトプットの音楽に音楽心理学的、パターン認識論的に反映されてなければ、
             ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~        
それは、「音楽語法、音楽文法」とは言いません。
これは、A priori に自明な、「音楽美学の基本公理」といってもいいものでしょう!

この「音楽美学の基本公理」を無視して、新しければいい!巧妙であればいい!
・・・んだったら、新しい作曲技法なんて簡単にできるでしょう。

数学を知ってる人だったら、ほとんどそのまま平行移動して、
音楽理論に変装できる数学理論が簡単にいくつも見つかるでしょう。
(たとえば、抽象代数は、その宝庫です!)
Serialisme Integral のときは、単純な Permutations/Combination だったし、
Xenakis のときは、Stochastics だったり、Game Theory だったりしました。

・・・どちらも今では「死んだ馬」でしょう? 
なぜなら「音楽美学の基本公理」に反しているので、
熱病が冷めて冷静になったとき、聴衆は言うに及ばず、作曲家たち自身すら
馬鹿げている・・・と気づいたからです。

たしかに「音楽へ、音楽心理学的、パターン認識的に反映されて、その上
十分な洗練度での音のマニピュレートを可能にする音楽理論」
・・・を発見するのは、至難の業でしょう。 

だからと言って、功をあせって、
「音楽美学の基本公理」に反していると、
初めから自覚してる新しい理論を立ち上げて、

自分の周りを、「虎の威を借りる・・・(えっと何だっけ?)」 の
Mediocre 弟子の名誉欲利権追求共同体で固め、
「これが理解できないのはお前がバカだからだ!勉強しろ!」なんて言わせたり、

「音楽」でなく、解説その他の「言葉」で聴衆を煙に巻いたり、

・・・などなど、「はだかの王様・集団心理現象」を利用して、
権威を獲得/保持しようなんて!

良識と Ethics を持つ知識人のやることじゃないでしょう!


827 :7分74秒:2009/08/25(火) 23:09:41 ID:HKB3PzDN
「理解」とは何ですか?
完全暗譜するということですか?
それともただ単に楽しむということですか?
もしあなたにメロディーやリズム・和音・伴奏・対位法・調性などの先入観が全くなかったら、
その音色の変化は普通に楽しめる筈です。
もしも少しでも既成の曲を知っているのならその楽しみはまず不可能でしょう。

828 :7分74秒:2009/08/25(火) 23:35:15 ID:SXpQMCkq
>>826
「虎の威を借る狐」ね。
僕はあなたの意見に半分賛成ですけど、でも「土俵が違う」感は否めないなぁ。


>>827
僕が聞きたいのは、特別な学習も訓練も経ていない人が、
ラッヘンマンが音の関連性よって造り出した構造を、組織された音を聴くことのみで知覚できるのか、
ということです。
音の変化を楽しむ、なんてヌルいことではなく、その構造を明確に把握できるのか、ということです。

829 :7分74秒:2009/08/26(水) 00:33:47 ID:7P1G0exJ
普通に考えて無理でしょ!

830 :7分74秒:2009/08/26(水) 00:41:08 ID:izSYKRNe
音色の変化を追うだけならば少し楽しむのは可能!

831 :7分74秒:2009/08/26(水) 00:56:18 ID:7P1G0exJ
耳コピするんだ!

832 :7分74秒:2009/08/26(水) 01:15:01 ID:bG8PEzcx
>>830
音の変化を直線的に追うだけじゃなく、>>828に書いたように理解できるのか、という質問なんです。
どうかお答えください。あなたはどうお考えですか。

833 :7分74秒:2009/08/26(水) 05:34:58 ID:izSYKRNe
一番良いのは自分でやってみるのが良いでしょう。
構造を聴くということはそれだけ聴音が優れていないと駄目でしょう。
あくまでもミュージック・コンクレートなので耳コピーは無駄な話です。
でも聴いたらスコアが思い浮かぶようだったらこれはもうプロです。


834 :7分74秒:2009/08/27(木) 19:17:40 ID:PlKR3drl
またカンノ先生お得意の調音アナリーゼですか

835 :7分74秒:2009/08/29(土) 21:05:40 ID:z7qKeMWJ
>>804
>歴史に名を残そうとする野心的な強者

顔から火が出るほど恥ずかしいな。


836 :7分74秒:2009/08/31(月) 14:53:27 ID:5gePZuet
>>835
ドイツ・オーストリアではこんな厚顔ハレンチな表現が当たり前なのかもしれない。

837 :7分74秒:2009/08/31(月) 16:33:34 ID:VS7hqJoe
「歴史に名を残そうとする」のが目的ではなく、
それだけ質の高い曲を作るのが目的。

日本はそれがないだろうが?

838 :7分74秒:2009/08/31(月) 17:45:47 ID:WOHAjnoZ
>>837
>「歴史に名を残そうとする」のが目的ではなく、
>それだけ質の高い曲を作るのが目的。

「歴史(時)の流れに耐えられるだけの質の高さを持つ曲」
と最初から書いていればこんな混乱はさけられたのにw
でも本心は「歴史に名を残す(ry」

>日本はそれがないだろうが?
はいはい、欧州の師匠の価値観に固められた人り価値観ですね。
たまには自分の価値観で書いてください。

839 :7分74秒:2009/08/31(月) 17:53:29 ID:WOHAjnoZ
ラッヘンマンの開発した奏法は残るかもしれないが「作品」自体は本人が
退場したら忘れられそうな気がする。単調でもシャリーノの「作品」の方が長生きしそう。

840 :7分74秒:2009/09/01(火) 09:05:27 ID:HCjXh9du
はげ動。
作品なんぞどうでもいいが、
伊福部本なみに分厚いオーケストレーションの本出せよ!ごるぁ!
ちょっと高くても買うたるけんのう。

841 :7分74秒:2009/09/02(水) 19:54:14 ID:/spP/JmK
伊福部の本は詳しいけれどもレヴェルはとても低い。
最低でも現代では全然使えない。
イサン・ユンに言われたなあ。
ホルンとチェロ・トランペットとオーボエなどをユニゾンで組み合わせるなどのクラシックなオーケーストレーションは、
みっともないから一切するなと!
現代音楽では寧ろ本に書いていないことを組み合わせでするものだ。
例えばフルートのフラッターツンゲとトランぺットの弱音器の組み合わせとか!
ラッヘンマンも明らかにその路線を行っている。
例えばフルートの低音とトロンボーンの強奏は前者がほとんど聴こえない。
しかし明らかにフルートは鳴っている。
本物の現代音楽はそれに注目してオーケストレーションをするものだ。
従がってマイコンで言う「鳴る」オーケストレーションはその次元外。
もちろんトゥッティで強奏すればそりゃ鳴る。
それはあくまでトゥッティであり強い音に過ぎないのだ。
クラシックな「オーケストレーションの熟練」よりも重要なのは、
いかに特殊奏法と例外的な組み合わせで新しい音響を追求するかにかかっている。



842 :7分74秒:2009/09/02(水) 20:23:33 ID:biF24JJq
みっともないからやらない、という勇気の無さに脱帽

843 :7分74秒:2009/09/02(水) 20:41:28 ID:KlTzPqnb
>重要なのは、 いかに特殊奏法と例外的な組み合わせで
新しい音響を追求するか?

・・・も舞、自分で書いててむなしくないか?
音楽が音響効果の追求だなんていう主張は?



まそれはそれとして、
ラッたんが、がんばって発明してきた、新しい特殊奏法たちや、
効果的な特殊な楽器結合法たちを、カタログ化して
もっと本物の作曲家が、簡単に鳥瞰できるようにしないんだったら、
ラッたんの歴史的存在意義がなくなる・・・。

だから、オーケストレーションの本出せっちゅーとんじゃ!

喪舞、ラッたんの飼い犬なんだったら、
今度会ったときに、お願いしといてください!



844 :7分74秒:2009/09/02(水) 21:35:34 ID:/spP/JmK
お前な、
現代音楽は前衛音楽のみを指すのだよ。
他のは全部ポップスというんだよ。
伊福部もな!

845 :7分74秒:2009/09/03(木) 01:14:59 ID:xlVl2jdv
なんかラッヘンマンを(特に生で)聴くと
シンセとかなら容易にできちゃうことを
一生懸命オケでやってるような気がしちゃうな。

846 :7分74秒:2009/09/03(木) 01:55:02 ID:BkCOFISV
>>845
生で聞いて本当にそう思う?
あんなアコースティックな響きのする音、シンセでプログラムできないよ。
できるならやってみそwww

847 :7分74秒:2009/09/03(木) 04:51:31 ID:fTSFKOAe
シンセで容易にできることをわざわざ金のかかる4管の放送響でやるから聴きごたえがあるのだよ。
練習は最初の週は管・弦・打と分けてすべて分奏。
次の週になって初めてトゥッティ。
そして週末にやっとコンサート。
あれだけ金がかかっているのだからみんな大事にするね。
ラッヘンマンの音楽をシンセでやったらヤマハのコンサートのように誰も来ないよ。
誰がそんな安っぽいの行くかだね。


848 :7分74秒:2009/09/03(木) 08:37:37 ID:3I6wuRFD
>>847



おい! オーケストレーションの本の件、
ラッおやじに頼むの、忘れんじゃねーぞ!







849 :7分74秒:2009/09/03(木) 17:08:23 ID:cpKENnkS
伊福部のあの本が必要になるときはNHKの大河ドラマを委嘱されたときだけだ。

後は全然役に立たない無用の長物だね。

850 :7分74秒:2009/09/03(木) 20:46:15 ID:7Pnmw35g
>>849
馬鹿なのか? おまえは特殊奏法のマニュアルがほしいだけだろ
そんなのはラッヘンマンのスコアの但し書きをあつめればじゅうぶんだろ

どうせ作曲学生なんだろうが、おまえにはまちがっても大河ドラマの仕事も来なければ
おまえが「現代音楽界」で注目されることもないだろうよ

人品の卑しさからそのくらいは分かる



851 :7分74秒:2009/09/04(金) 00:01:11 ID:FKt0p9O/
じゃ、350は白痴だ!
ラッヘンマンの作品はお前の体の機能と同じめちゃくちゃな筈がない。
お前の耳はまたの下について、鼻が足の裏にあったら大変だ!

852 :7分74秒:2009/09/04(金) 05:28:55 ID:N2p53W3V
なんだかラッヘンマンの音楽を含む総てが他人をおとしめる事で成立している様な気がしてきた。


853 :7分74秒:2009/09/04(金) 07:17:23 ID:gFNjR9Lr
そりは前衛詐欺師の常等手段だろ?w

「音楽は音響効果だ!」なんて言う似非美学は、後ろめたいもんだよ。
その罪悪感の反動で、他人をおとしめたくなるんじゃないか?

まあ、ラッはただ自分のやりたいことをやってるだけの
一種のイディオ・サヴァンかもしれん。

だが、
ラッを教祖に祀り上げて、「これぞ前衛、最先端の音楽だ!」
なんて言って、音効屋さんが「効果音」に似非芸術的ハクをつけて、
作曲家のフリしてる、取り巻き連中はいかがなものか・・。w




854 :7分74秒:2009/09/04(金) 16:41:03 ID:Y1EVZk59
結局のところクラシック音楽前衛しか残らないからな。
現代も前衛中心なのが当たり前。
前衛じゃないのはゴミ同然。
ただの自己満足。
尾高賞や芥川賞以外誰も関心を示さない。

855 :7分74秒:2009/09/04(金) 17:07:40 ID:h390sU0z
前衛じゃないのはゴミ同然。
何年前の価値観だ;?

856 :7分74秒:2009/09/04(金) 19:12:23 ID:Y1EVZk59
「何年前の価値観」ではなく「何年後の価値観」だとお前は問い直さなければならない!

ラッヘンマンの音楽がわかってから初めてそういうものは書くものだ!

857 :7分74秒:2009/09/04(金) 20:30:28 ID:aG3oOFxS
わかっているからあきれているのだ。
いい加減詭弁はやめるべきだ。
ラッヘンマンも迷惑しているだろう。

858 :7分74秒:2009/09/04(金) 21:30:32 ID:Y1EVZk59
そうか、お前のわかっているのは彼が特殊奏法しているぐらいのことか?

じゃ、何で彼は特殊奏法を使うのだ?

859 :7分74秒:2009/09/04(金) 21:33:36 ID:gFNjR9Lr
>>856 は、学生時代に、凡才、短小包茎、ブサイクってイジメられてたんだよ。

ラッの音楽に遭遇して、初めて「自分の才能内でできること」を見つけたのさ。
「これなら、凡才とバカにされたオレにもできる」ってな。

そりゃ、ラッにあくまでしがみ付くだろうよ!


860 :7分74秒:2009/09/04(金) 22:04:46 ID:ij47N9BG
「じゃ、350は白痴だ!」
>>851で宣ってるって、極限的な白痴じゃね?

>>859
そりゃ「凡才、短小包茎、ブサイク」に悪いってもんだろ。
自分のせいってより、持って生まれたものだしな。
言いたいことはわかるが。

要するにこいつ、何も取り柄がなくて自分の尊厳がないところを、
前衛音楽の威にすがることで、人の上に立った気になりたい、ってことだよな。

日本語も、数字のカウントも怪しい頭で、人の上に立てる訳ないのにな。
「人の上」ってだけでも権力志向を感じるのに、
その頭の水準で、権力志向の持ち主じゃ救いようがない。醜悪の極み。
恥ずかしくないのかな。ラッ氏も迷惑千万だろう。


861 :7分74秒:2009/09/04(金) 23:57:05 ID:Y1EVZk59
何だ答えられないのでそんな悪口で誤魔化すわけだ!

ところであなたはアドルノちゃんと読んで理解したの?

862 :7分74秒:2009/09/05(土) 00:37:35 ID:CTikNeNT
彼の聖書であるアドルノ知らなくてわかってないとしたら、
あなたは「恥ずかしい」以前だよ!

863 :7分74秒:2009/09/05(土) 09:57:11 ID:mPBNWiat
        _,.... -─-r‐- 、 __
       /,シ/ィ /lj !ヽヽヽヽ\
     // / ///l|ハl | ヽ丶ヽヽヽ
    ,.'// 川 | | |l-ゝ! 、 ! | l l | l ヽ
    !イ //!j !l | l、ゝ==、` lj y'jヾjノ
     | !/,.- 、!|ヾ!` ヽヾ;;シ   ィ;}'´
    l ハ rソミ、    `''"  丶ヽ
    ヽ!j,ヘ、ヽ,!   ""     _   j
       ゞ彡ゝ、  u     /
       | rヽ`フヽ     _____/
      ! lハYゝ,l     !
     j /∠ミヽ ヽ、_   ゝ- 、
      l/ l    ヽミΞ=-ニヽ_!lト、

   御前羅賀 夕菜(1991〜 日本)

864 :7分74秒:2009/09/05(土) 10:13:51 ID:sUxTbaIc
アドルノって、何をいまさら・・・。w
そんなモン、学生時代に読んで、
今では本棚のどこにしまったか覚えてないのが普通だとおもうが・・。

865 :7分74秒:2009/09/05(土) 19:01:33 ID:owse1ay3
>>787
この人はmixiを強制退会させられた。

866 :7分74秒:2009/09/05(土) 21:13:09 ID:8GxsmBuV
864は自分で読んで結局全然わからなかったということか。

で、何でラッヘンマンは特殊奏法ばっかりするの?
彼は頭がおかしいキチガイなのかな?
完全に狂っている?

867 :7分74秒:2009/09/06(日) 09:32:52 ID:xT++BaHc
ヘンツェやメロディックな曲を書く作曲家が迫害されるのと同じ理由だとおもふ。
音響追求は前衛音楽が袋小路にはいったと考えていいのですか?

868 :7分74秒:2009/09/06(日) 20:40:58 ID:koOVqbBy
>前衛音楽が袋小路にはいったと考えていいのですか?

何をいまさら!


869 :7分74秒:2009/09/06(日) 22:07:12 ID:N/jVlFAG
いつも袋小道だった。
しかしその中からえたいの知れない新しい考え方が出てきた。
これが今までの歴史だ!
現在の音楽は思考が無さ過ぎる、保守的過ぎる。
ボンクラ作曲の塊に過ぎない。

870 :7分74秒:2009/09/06(日) 23:12:07 ID:f9eD6+Ya
あいかわらず、たどたどしい思考と文章だな。
人の上に立ちたい欲求だけはやけに強いが。


871 :7分74秒:2009/09/07(月) 00:07:38 ID:JkhFsObK
>>869
は、かっこわるい。
あまりにも、かっこ悪すぎる。

こいつは、ぜってー女にモテない!

女にもてない男に偉大な芸術家はいない。
女にもてない男に偉大な作曲家もいない!

872 :7分74秒:2009/09/07(月) 01:10:39 ID:0HB1YTOC
お前、ほんとにわかって書いてんの?
病院へ行けとかいわれない?

873 :7分74秒:2009/09/07(月) 20:23:41 ID:B4H7Idsj
マイケル・ナイマンなんかはドイツ系の前衛を「思考で窒息」しているといった事をなにげに書いてるがな。
最近日本で初演したオペラもその現れとみた。

874 :7分74秒:2009/09/07(月) 21:47:06 ID:yeI9Hp36
俺もラッヘンマン聴き始めた初期はゴミみたいな音の連続でしたね。
何だこの人全く才能ない酷い作曲科だなと思っていた。
まあマイコンや尾高賞のような音楽が最高と思っていたのね。
ダルムシュタットの彼の講義などを何回も聞いて納得してからゴミどころではなくなった。
こりゃ大変だ!と思った。
ラジカルしすぎてジョン・ケージみたいな人だね。


875 :7分74秒:2009/09/07(月) 23:33:46 ID:k9jo/KP+
> 酷い作曲科だな

う〜ん、酷い


876 :7分74秒:2009/09/08(火) 00:19:52 ID:eHfh04VI
講義で洗脳されて・・・。
結局は自分がない人なんだね。

877 :7分74秒:2009/09/08(火) 00:22:00 ID:nOshv8z7
でもそれが間違いだった。
自分の耳が幼稚だったんだね。
余りにも新ウィーン楽派以降のことを知らなさすぎた。
だって日本の音大の作曲科でもそんなこと詳しく教えないものね。
音楽史で12音音楽説明しただけだね。
ケージも習った、でもあくまでも音楽史としてだね。
その思想や哲学をちゃんと深く議論したことはなかった。
授業中先生も学生も一緒に冗談としてみんな笑っていただけだね。
作曲の先生は例外なくみんなそういう音楽を凄く軽蔑していたね。
だからそんなの書いたらレッスン中に「もう俺の弟子ではない、出て行け!」と大目玉を貰ったものだね。
だからダルムシュタットに行くまで実態は良く知らなかった。
あそこはそれが大前提として講義なりレッスンなりどんどん進める。


878 :7分74秒:2009/09/08(火) 00:32:21 ID:3M6KjG0R
俺もラッヘンマン聴き始めた初期はゴミみたいな音の連続でしたね。
何だこの人全く才能ない酷い作曲科だなと思っていた。
まあマイコンや尾高賞のような音楽が最高と思っていたのね。
ダルムシュタットの彼の講義などを何回も聞いて納得してからゴミどころではなくなった。
こりゃ大変だ!と思った。
ラジカルしすぎてジョン・ケージみたいな人だね。
俺もラッヘンマン聴き始めた初期はゴミみたいな音の連続でしたね。
何だこの人全く才能ない酷い作曲科だなと思っていた。
マイコンや尾高賞はいつまでたってもとれそうにない。
シュトックハウゼンに無視されてからラッヘンマンしか頼みの綱はなくなった。
こりゃイケる!と思った。
ラッヘンマンの名を高めてそれに評価される作曲家になったら一発逆転だね。
俺もラッヘンマン聴き始めた初期はゴミみたいな音の連続でしたね。
何だこの人全く才能ない酷い作曲科だなと思っていた。
マイコンや尾高賞はいつまでたってもとれそうにない。
だからいっつも2ちゃんばっかりして、作曲家、失格。
もはや、自分は、完全に、ゴミになりました。
こりゃ!あーこりゃこりゃ!


879 :7分74秒:2009/09/08(火) 02:02:44 ID:4y9BtLB7
>>878

おもしろす。
山田クン! 座布団3枚、さしあげて!


880 :7分74秒:2009/09/08(火) 04:32:34 ID:nOshv8z7
NHKのFM聴いてあれほど酷いと思った作曲家は無いよ。
自分は絶対才能がないと思っていたね。
少なくとも確実に自信があったよ。
これを放送するSWRもNHKも頭がおかしいと思ったね。
彼の音楽を理解できるのは間違いなくキチガイだけと思ったよ。
実際に彼は地元のシュトットガルトでもごく最近までキチガイ扱いされていたね。
他のカルコシュカやケレメン・クラスの生徒でもあれは狂っているからやめとけが常識だった。
彼の弟子は街で彼に習っているといえないほど肩身の狭い思いをしたようだよ。
それが今じゃ、毎日世界で演奏しないとこはないぐらいだからね。
今週か来週にまたベルリン芸術週間に行ってSWRオケがハンス・ツェンダーとアルディティQの演奏で、
またドイツ・リートのでかい曲やるようだよ。
ベルリンにはこの前同じ曲をカンブルランが持っていったと思ったら、またすぐ再演だよ。
再演に関してはシュトックハウゼンよりも遥かに多いと思う。
完全に再演で成り立っている作曲家だね。



881 :7分74秒:2009/09/08(火) 09:42:33 ID:4y9BtLB7
ま、流行というのは、そんなもんです・・・。

現代音楽は、声のでかい、威圧的な、態度のでかい奴が
「オレのアイデアが一番だー! これがわからん奴はアホじゃ!」と言って、
トレンド作って、まわりの雑魚の人が付和雷同してブームが何年か続く。

そして、何年後かに、まただれかが同じことして次のブームが始まる。
その言いだしっぺは同じ奴だったりするし・・・。www

でもそいつらは、「最先端」でありさえすれば、
狭い世界で、トップに立って、オピニオンリーダーになって、
限られたファンドをじぶんのとこにひっぱってきて、
自分の趣味の延長みたいな仕事を他人の金でできれば、
「人生満足!」って言う、ゴミ野郎どもだから、
自分の意見が数年で180度転換してもぜんぜん平気。

こんな浅薄な低次元エセインテリが集うところ!
それがダルムシュタット!

未来の音楽史には、
20-21世紀の音楽文化の恥部として位置づけされるにちがいない。


882 :7分74秒:2009/09/08(火) 17:03:22 ID:EV3FoHYa
彼の前衛度はいちいち譜面に書くから目立たないけど、
ケージ並みにとんでもないことするね。

例えば第二SQは、曲の途中で少しづつ4本の弦を緩める。
もちろん緩めたら音が低く狂ってくる。
もちろん演奏の最中なのでいちいち試し弾きして調弦している暇はない。
しかしそんなのかまわずに更に狂ったまま演奏して、
また次の途中で弦を少し緩める。
そうやって最後まで行くんだね。
もちろん譜面はト音記号で書いてあるけど、
実際はそのト音記号で音が鳴っているわけではない。
要は不確定性と偶然性を組み合わせた二重の音楽になっているわけだ。
ケージの応用の形であり発展した形だね。
音の高さ?
もちろんそんなのどうでも良い。
ちゃんと音が狂えば良いのさ!


883 :7分74秒:2009/09/08(火) 18:03:26 ID:c1iHpLns
>>882
清水修のオペラにそんな奏法があったな。

884 :7分74秒:2009/09/08(火) 21:04:39 ID:EV3FoHYa
彼は徹底しているね。
「ド」の音とか明確に書いてあるけれどもその音は絶対でない。
それで良いのだよ、それで!

885 :7分74秒:2009/09/09(水) 00:34:22 ID:4R0QMxUN
はいはい

886 :7分74秒:2009/09/09(水) 04:27:30 ID:LZS/daUm
>>882-884
今時、こんな幼稚で熱い田舎モンも珍しいね。

こいつは、森田健作か?

887 :7分74秒:2009/09/09(水) 05:20:23 ID:PTMqpmQv
ラッヘンマン…Loveのおかげで当人がYOSHIKIに見えてならなくなってきたぞ

888 :7分74秒:2009/09/09(水) 06:45:57 ID:tY6om5uq
その前にもっとラッヘンマン勉強して、じゃないと笑われるだけだよ。

889 :7分74秒:2009/09/09(水) 06:56:18 ID:LZS/daUm
またか!
こいつの
「これをいいと思わん奴はバカだ!勉強しろ!」
が鼻に付きだしてきた。
「笑われる」「相手にしてくれない」とかの負け犬表現も、
イラッとくる。

こいつの権威追従主義はどっから来るんだろう?



890 :7分74秒:2009/09/09(水) 07:08:31 ID:LZS/daUm
ラッたんに、Complaints/Grievance のE−mail 送っておこう。

ラッたんは、>>888みたいな奴を嫌うタイプだと思っていたが、
最近は、こういう飼い犬でまわりを固めてるのか?
賢くなったもんだな? え? Helmたんよぉ?


891 :7分74秒:2009/09/09(水) 16:32:35 ID:/uWmqhAQ
シュトックハウゼンの書法が特殊奏法になってゴミみたいになったのがラッヘンマンの音楽だ。

892 :7分74秒:2009/09/10(木) 09:46:00 ID:aFqgzbKu
80年代以降のシュト たんに書法なんてあったのか?
適当こくでねぇだ! 

893 :7分74秒:2009/09/10(木) 17:04:20 ID:rU3s4WgI
何だ全然知らなかったのか?
ちょっともう一度クルテンに行って来い!

894 :7分74秒:2009/09/12(土) 18:23:22 ID:N69buskW
ムズィーク・フェスト・ベルリン SWRの巻
穏やかな早秋の一日。朝食は美味しいアジの干物のお裾分け、早速焼いていただく。
窓から日本の食卓のかおりを中庭に放つ。
さて今晩は、場所を変えコンツェルトハウスへ。
前の広場ジャンダルメンマルクトはいつ行っても美しい。
左右にあるドイツドームとフランスドームのバランスが良いからだろうか。
今宵の演奏はSWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburgと長ったらしい名前を持つオーケストラ。
それこそドイツ南西部のライン川をはさんでフランスとの国境に位置する町からやって来た。
ベルリンにいる間に色々なオーケストラを聴いてみたかったので格好の機会。
さて、内容はモーツァルトのグランパルティータ、13管楽器のためのセレナーデと称する木管とホルンのための大作。
楽譜にあるコントラバスはコントラファゴットでの演奏。
各楽器間の音色の空け愛が実に見事、配置もよく考えられている。
指揮者はHans Zender氏。作曲家でもある彼の実力は後半で発揮されたと言っても良いだろうか。
Helmut Lachenmannの弦楽カルテットとオーケストラのための音楽、5つの大区分、全17曲からなる。
およそ30年前に書かれたその中身はワルツだのマーチだの、ギャロップだのとそれぞれ副題が付いているが、きゅっ、ぶお〜ん、がひがひがひ、
むぉ〜、と聴音の問題なら擬音で答えるような、どれがどの部分だかよくわからない現代作品。
オーケストラは10型のフル編成、日本人のヴィオラ奏者も弾いてらっしゃる。この作曲家、特殊奏法のデパートと称されているそうだ。
なるほど、弓で弦じゃない所を弾いて見たり、息の音だけの管楽器と、やりたいことは全てやりつくしている感じも。
途中で退席する聴衆も散見。
ただ、指揮者とオーケストラも真剣そのもの、その姿勢にある種の感動を覚える。
終演後登壇した作曲家には待ってましたとばかりのブーイングも。
前半のモーツァルトが素晴らしかっただけに、折角のフル編成で現代ものではないものもひとつ聴いてみたかったのは正直な感想。
今宵も良き協力者を得て作曲家が喝采を得たシーンに立ち会った。
界隈は夜が実に美しい。ここはヨーロッパだったと当たり前なのにふと自身の立つ所を意識する。(10日0:55)


895 :7分74秒:2009/09/14(月) 21:14:50 ID:SJW3QH1H
Baden-Baden-Baden-Baden


896 :7分74秒:2009/09/14(月) 22:17:52 ID:XM5KSFgT
京都(首都・首都)と同じ意味だね。

897 :7分74秒:2009/09/14(月) 22:31:24 ID:Eq04Tyl9
Baden-Badenってコルトレーンの
「フェイバリット・シングス」の名演があったとこだな。

898 :7分74秒:2009/09/15(火) 20:47:47 ID:qfej2GKz
って言うか、温泉で有名なとこだが、
何よりもまず、P.D.Q.Bach の生誕の地である。
毎年、P.D.Q.Bach の誕生日には、
なぜか、カナダから巡礼にくるファンが特に多い・・・。

899 :7分74秒:2009/09/16(水) 05:59:30 ID:xq3iVJNa
それよりもブラームスが住んでたとこだろう。その後クララが来た。

ヨハン・シュトラウスやヒンデミットなどもやってきたようだよ。

900 :7分74秒:2009/09/16(水) 09:23:01 ID:KWKV2lUH
いや、このスレ的には、やはりP.D.Q.Bachだろう?

前衛・・・っていうか、傾けると、♪が譜面からこぼれる楽譜・・・なんて、
いかにも、John Cage的、Lachenmann的だろう!

901 :7分74秒:2009/09/16(水) 09:38:15 ID:mND019gx
http://x92.peps.jp/masai0tk

902 :7分74秒:2009/09/16(水) 11:40:36 ID:NkIVQdoL
>窓から日本の食卓のかおりを中庭に放つ
隣近所からの苦情は無かったか?

903 :7分74秒:2009/09/16(水) 14:12:19 ID:X1+w7Ube
>>900
arturiaから返信きたのかよ

904 :7分74秒:2009/09/27(日) 16:43:07 ID:ZL7iccUK
あげ

905 :7分74秒:2009/09/27(日) 19:36:59 ID:Ky8NmKqi
ケージの「偶然音楽」はラッヘンマンの「必然音楽」というわけだ。

906 :7分74秒:2009/09/27(日) 21:20:05 ID:x8Hbprtk
この内容で1000までいくき?

907 :7分74秒:2009/09/28(月) 02:17:45 ID:RLOK1o74
また作れば問題なし。

908 :7分74秒:2009/10/06(火) 11:04:14 ID:ikE+RXhl
個人的な印象では
P.D.Q.Bachはカーゲルだな。

909 :7分74秒:2009/10/11(日) 08:02:23 ID:PAVDm8MC
初期ラッヘンマンって、前衛時代のカーデューからかなりの影響受けてない?
沈黙の使い方とか、音譜に表せない特殊奏法とか。
カーデューは当時ダルムシュタッドにいたんだよね。

910 :7分74秒:2009/10/11(日) 19:05:39 ID:E472PVbd
彼は一番ダルムシュタット長いのではなかろうか?
昔からいろんなのと付き合っていたらしいよ。

911 :7分74秒:2009/12/08(火) 07:56:36 ID:c5MZOZsK
この人、裸の王様じゃないかと最近思い始めている。

912 :7分74秒:2009/12/08(火) 15:50:45 ID:3LflEdTm
それはない。

913 :7分74秒:2009/12/08(火) 17:53:07 ID:xVodq2IN
彼の側近だったら生態を良く知っている。

914 :7分74秒:2009/12/11(金) 21:06:11 ID:MjU6U37P
最近新作全然出ないね。
一回書いた編成とかは過去の自作の繰り返しになるから委嘱断っているのかな?

915 :7分74秒:2009/12/18(金) 22:42:05 ID:bd7a6mda
変態っぽいよね

916 :7分74秒:2009/12/18(金) 23:11:49 ID:9D2kp8WW
来年の2月に新作らしい。

最近は奥さんが必ず入るので家庭音楽のような感じで作るね。

917 :7分74秒:2009/12/19(土) 20:16:47 ID:I6xkOmjB
新作の題名はソプラノとピアノのための「失われた神」。
歌曲?
どうも改訂版の初演らしい。
2010年2月13日。

918 :7分74秒:2009/12/19(土) 21:39:48 ID:facGjINN
「…got lost」はヨーロッパでは演奏されてるのをよくネットで見かけるよ。
改訂ですか。編成変えたりするのかな?

919 :7分74秒:2010/02/02(火) 22:10:02 ID:tMpdWlOP
>915
そうだね

920 :7分74秒:2010/02/03(水) 22:19:06 ID:qwgIje9l
なこたぁない

921 :7分74秒:2010/02/04(木) 00:26:09 ID:msbmQeI2
ネットで見たことないな。
どこ?

922 :7分74秒:2010/02/10(水) 19:14:53 ID:MOBu5orx
あ・そ・こ

923 :7分74秒:2010/02/10(水) 21:04:19 ID:WaM0rihK
あの人は人が使っていて自分のまだ知らない特殊奏法を、
シュトックハウゼンみたいに勝手に盗んで、
いつも改訂版として出す人だしね。

924 :7分74秒:2010/02/22(月) 20:59:52 ID:i2oouGyr
ヨーゼフ・ホイスラーä

ドナウエッシンゲンの元ディレクター、83歳で先週の週末死去。
あのセリエル前衛時代の初演を仕切った人物。

925 :7分74秒:2010/02/23(火) 00:03:47 ID:N6pIiPYX
ジェイミー・ギリス

アメリカ合衆国のポルノ男優
2010年 2月19日 没 享年67

926 :7分74秒:2010/02/23(火) 00:31:18 ID:GInKWngT
バカ、
ヨーゼフ・ホイスラーというのはラッヘンマンを世に出した人だよ。

927 :7分74秒:2010/02/23(火) 18:19:19 ID:gaB2LJqY
ゲルマンはまじめな分ひくくらいの変態が多い
まあラテンも前衛気取りは変態と決まってるが

なにしろ未来がないのにあるみたいに装って純粋な若者をたぶらかして金を手にしてヤリたいことしてる
尊敬する前に現実を見ると前衛の終焉以降の作家は話をすると何かうしろめたいものを感じるので簡単に信じる前にゲソとは何だったのか
必要だったのか時代の雰囲気に流されてたのかそして今必要か必要ならどういうふうに使うかよく考え反省するのが必要だと思う
団塊世代は何か誤魔化して音大の多大な学費をちょろまかしてる
疑え

928 :7分74秒:2010/02/23(火) 19:47:53 ID:enIWwyuH
団塊世代によってその次の世代は全く就職できないね。
良い迷惑ですよ。
しかしラッヘンマンは戦前派。
ケージの音楽と「音楽」というのは躊躇するね。
戦後派だとシュパーリンガーあたりから。
でもそれから後は団塊世代。
これが世界中の音楽家の就職に悪影響を与え続けている。
団塊は早く消えて欲しいね。

929 :7分74秒:2010/03/07(日) 04:51:06 ID:c89AqPzt
約30分近くかかる「…got lost」の改訂版に既に新しい語法は盛り込まれない。
すべては過去の遺産だ。
もう探求は諦めたのかも知れない。
犬猿の仲だったキルマイヤーの歌曲と一緒にやったので、
後半ではキルマイヤー的な繰り返しの優しさが訪れ、
この曲をやっとのことで捨てがたい境地に持って行ってくれる。

930 :7分74秒:2010/03/24(水) 18:17:52 ID:77sdH7/j
彼の曲は量産するとノーノのような希少価値がなくなるのだよ。

931 :7分74秒:2010/03/25(木) 15:59:25 ID:70+NRBo6
http://www.youtube.com/watch?v=wsPEO3RSXjE
2分30秒辺りからおにゃのこカワイイ

932 :7分74秒:2010/03/25(木) 16:04:59 ID:DyZDpomJ
>>931
これ女の子じゃなくておばさんでしょww

933 :7分74秒:2010/03/25(木) 16:20:00 ID:mUGB7/cF
演奏が難しくて多少練習を要するわりに結果としての音は思ったよりインパクトがないので努力が報われない

934 :7分74秒:2010/03/25(木) 16:21:19 ID:70+NRBo6
>>932
( ‘д‘⊂彡☆))Д´) ←>>931 パーン
とってもカワイイおねえさんじゃないか!おばさんは流石に言いすぎだ!

935 :7分74秒:2010/03/25(木) 16:22:12 ID:70+NRBo6
自分叩いちまったorz

936 :7分74秒:2010/03/25(木) 16:23:00 ID:x3WaX08Q
もう特殊奏法以外ネタが無いんだよ。

937 :7分74秒:2010/03/25(木) 16:25:05 ID:mUGB7/cF
楽器を大事にしてる演奏家は避けたい作曲家

938 :7分74秒:2010/03/25(木) 16:28:47 ID:70+NRBo6
演奏中に楽器が壊れたと某国で裁判になりラッヘンマンは2億の賠償請求
\(^o^)/←ラッヘンマン

939 :7分74秒:2010/03/26(金) 13:59:45 ID:Z23aarOH
特殊奏法の時は安い楽器を使え。これ常識。演奏者のほうも悪い。

940 :7分74秒:2010/03/26(金) 16:23:24 ID:FvVMKkqs
「ラッヘンマンは楽器を熟知している」と書いた奴がいたが
どうして楽器が破損するのだ

941 :7分74秒:2010/04/06(火) 01:21:33 ID:4hj6GbyW
ど変態

942 :7分74秒:2010/04/06(火) 02:44:29 ID:Zra0Pe7p
元々安物楽器を想定しているが。
楽器が破損する時の音も必要なのだ!
わかったか?

でも彼の音楽はもともといろいろなオケでやっているので、
特定のオケで楽器が壊れることは無いね。
多分奏法を間違ったのであろう。
金槌2本でヴァイオリンをffffのトレモロするとか?
奏法の間違いは良くある話だよ。
正確に注意書きを読まないのであろう。
ドイツのオケはそれでも何でも楽譜どおりにやるので、
壊れることも無いわけではない。
でも彼の経験は無数にあるはずだから書いてないはずだよ。

943 :7分74秒:2010/04/06(火) 03:26:35 ID:MONEIoBQ
>>942
じゃ、訴えられても文句は言えないな。

944 :7分74秒:2010/04/06(火) 04:15:31 ID:Zra0Pe7p
取り扱い説明書をよく読まない人の責任じゃ?

945 :7分74秒:2010/04/06(火) 07:10:33 ID:kk906veP
楽譜に説明書とかw

946 :7分74秒:2010/04/06(火) 07:12:59 ID:l0RhZ824
くだらね

947 :7分74秒:2010/04/06(火) 16:33:01 ID:ntcBOqhe
表紙の次のぺージに長々しくやたらと詳しくドイツ語と英語で書いてあるだろ?
読めないやつは知らんだろ。

948 :7分74秒:2010/04/06(火) 17:37:41 ID:ntcBOqhe
普通は書いてあるだけじゃどうか余りわからなくてどこでも練習の段階から本人を直接呼ぶね。
だから本人は明日はアメリカ、来週はイスラエル、再来週はロシアとかしょっちゅう諸外国に出入りして指導しているね。
それをケチると大変なことになるね。
大体特殊奏法を間違って理解していることが多い。

949 :7分74秒:2010/04/06(火) 17:52:40 ID:ilIvRCA0
>>948
>普通は書いてあるだけじゃどうか余りわからなくてどこでも練習の段階から本人を直接呼ぶね。
それで稼いでるのか・・・しかし、書いてあるだけで理解出来ない文章・・説明文としての説得力が欠如している?

950 :7分74秒:2010/04/06(火) 18:46:33 ID:ntcBOqhe
ハーヴァード大学などのゼミ以外はそれで特に金を貰うことはないようだ。
でも旅費は全部演奏者の負担のようだね。
結局は文章をどれだけ詳しく書いても、その場で直接やって見せないとわからないって事さ。
ダルムシュタットやドナウエッシンゲン・ドイツの放送響などでは既に常識なのだが、
それ以外の国となるとまず彼の音楽は大変なことになるね。
だから日本もオケのときは彼を直接呼ぶ。
じゃないととても危険だね。

951 :7分74秒:2010/04/06(火) 19:35:33 ID:btcMaf5F
やはり説得力の欠如

952 :7分74秒:2010/04/06(火) 19:50:40 ID:mjKdYME/
そんなことをして、ラ屁んマンに師事しました^^と言えばハクがついた幻想を持てるこんな世の中じゃ

953 :7分74秒:2010/04/06(火) 20:52:52 ID:taAv4Xrf
>>950は日本をおバカにしているようだが
「その場で直接やって見せないとわからないって事」は非常に日本的だな。

954 :7分74秒:2010/04/06(火) 22:49:16 ID:ntcBOqhe
百聞は一見にしかずだよ。
所詮文字だけでは不可能なのが音楽の世界。

955 :7分74秒:2010/04/06(火) 23:20:19 ID:ntcBOqhe
彼やダルムシュタットの常識を知らないWikipediaの管理人達が、
こういうの見つけて出典は?とか言うんだな。
そりゃど素人で外国人だもの全然知る筈がない。
でも彼の語法はもう本当に普遍化しているね。
今やっているWDRのFMでも同じこと言っているよ。
知らないのはただ単に進化が遅れているだけだろう。

956 :7分74秒:2010/04/07(水) 06:03:28 ID:hpOv+I7A
ラッヘンマンはどこでも反対者が出るね。
それでもヨーロッパはかなり静かになった。
最後に「ブー」を聴いたのは彼がザールブリュッケンでやったオケ曲「塵」の初演が最後。

日本はまだまだ発展途上なのかな?


957 :7分74秒:2010/04/07(水) 15:08:58 ID:40AXweNI
>>954
日本の建築では「理屈よりブツを見よ!」というのが一つの流れになっているが…

958 :7分74秒:2010/04/08(木) 06:43:00 ID:R4c34YNR
世界に誇る「科学インフラ」が、なぜ「税金のムダ」なのか? 

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20100330/213728/

この科学技術日の新興費の説明は全く現代音楽と同じだね。
唯一違うところはこういう分野には説明できる人が充分いるのだけど、
現代音楽人には全くなく単なるバカの集まりなのが日本の状況。
これを仕分けする政党があるとしたらそれは存在しないほうが良いね。
何が「自分で稼いで予算作れ」だ!バカかあの政府は?

政府もそんなに金がなかったらら宗教法人にみんな課税して徴収したら?
科学文化研究が充分にできるなら寺も神社も教会も今日社会では要らないと思うが、
創価学会の「声」さんどうかね?

959 :7分74秒:2010/04/08(木) 06:48:30 ID:bbYvnZbI
何で語尾に「ね」や感嘆符が多いんだね?

960 :7分74秒:2010/04/08(木) 07:04:27 ID:R4c34YNR
今度、民主党が科学文化費の削減などの変な仕分けを行った場合には、次の選挙で民主党を真っ先に仕分けしてやる!

961 :7分74秒:2010/04/08(木) 08:09:15 ID:h6Lgr05t
ラッヘンマンも東方アレンジやってコミケに出れば売れるのにね

962 :7分74秒:2010/04/08(木) 08:18:58 ID:JQhf3ANf
>>961
前々からずっと思ってた。
現代音楽も同人音楽もほとんど変わらんのにな。

963 :7分74秒:2010/04/09(金) 07:09:12 ID:Fr0ttMGa
売るために現代音楽するんじゃないよ。
彼らは音楽科学の探求者・研究者なのだ。

964 :7分74秒:2010/04/09(金) 07:10:27 ID:Fr0ttMGa
しかしここで現代音楽のアニマル達と話しても仕方がない。
空しい!

965 :7分74秒:2010/04/09(金) 16:10:07 ID:zM9AsbAG
「大型放射光施設SPring-8」!
これぞ日本が世界に誇れる唯一の日本文化!
現代音楽もそうありたい!

966 :7分74秒:2010/04/09(金) 16:49:14 ID:WaLTR45A
ラッヘンマンをマンセーしてりゃ俺たちと違う音楽科学者(笑)になれるってか。
イングヴェイ・フォロワーの量産型メロスピとなんら変わらん文化だこと。

967 :7分74秒:2010/04/09(金) 18:25:21 ID:zM9AsbAG
お前は本当にダルムシュタットや、イルカム、ロサンゼルス、シドニー、
ハーヴァード、コロンビア・ニューヨークに行ってそんなこといったら笑われるね。
同じことKとN・フーバーやロルフ・リーム、ホリガー、クセナキス、グロボカールらもやっているよ。
ラッヘンマンはそれが少し多いだけ。
そういう無知って恥ずかしくないのかね?
恥知らず?

しょうがないだろう、
芸大みたいに特殊奏法教えてない遅れた途上国があるのは確かだから、
そのバカどものために一つ一つ犠牲を払って教えないといけないんだよ。

968 :7分74秒:2010/04/09(金) 18:26:06 ID:TBnwRVab
まあ、ブランド化してる事は確かだな。

969 :7分74秒:2010/04/09(金) 18:28:36 ID:zM9AsbAG
これを当たり前に思わないのは、
出典とかいって、
ないと勝手に決めつけアクセス禁止にする、
Wikipediaの管理人の水準かな?


970 :7分74秒:2010/04/09(金) 18:32:24 ID:WaLTR45A
だからamazonとかwikipediaのリンクをクリックしまくれば誰でも見つけられる固有名詞を並べて何が楽しいかってんだがなw
グッチやシャネルをありがたがる有閑おばちゃんよりも、貧しい分輪をかけて惨めな奴だ。

971 :7分74秒:2010/04/09(金) 19:16:12 ID:zM9AsbAG
日本語以外のWikipediaの水準は管理人は自国人でやっているので、
ちゃんと真面目に書いてあり、
みんなに信頼されていますね。

972 :7分74秒:2010/04/09(金) 22:53:38 ID:zCu37KJD
権威主義的だなあ!

973 :7分74秒:2010/04/10(土) 05:12:18 ID:oA6i6K4w
要するに作曲の異端たちが長年がんばって正統派を勝ち取ったのだね。
したがって今日では英語のような世界標準となった。
ケージなんかもそうだね。
そういうのを知らんやつは知らないね。

日本版のウィキペディアだけが問題多すぎるよな。

974 :7分74秒:2010/04/10(土) 06:08:57 ID:x01BYyxE
「ね。」「なあ!」「だ!」の輩は本当に一人なのか?(>>972は除く)
ブロントのような(おそらく複数人による)ネタの擬人化であるにせよ何にせよ、
あれぐらいのユーモアを頼む。

975 :7分74秒:2010/04/10(土) 11:55:40 ID:mhskOfEj
>>974
某民族特有の日本語かもしれない

976 :7分74秒:2010/04/10(土) 12:01:03 ID:mhskOfEj
虎の威を借る狐じゃないが
他人の創ったイノベーションに乗っかって
「○○でない奴はダメ」
とか言って得意がる輩を見ると
イラッ#とするのは自分がいけないのだろうか。

977 :7分74秒:2010/04/10(土) 14:16:03 ID:WH3A7nXX
もうそこにしか拠り所がないと思っている。
そんなところには最初から拠り所なんかなかったのだけれども。
あるいは、掲示板で好き勝手言っているうちに
夢想・妄想しているうちに現実と憧れの区別がつかなくなったとか。

先にあるのは他者からの評価ではなくて
自分は何をするか、何ができるか…なのにね。

978 :7分74秒:2010/04/10(土) 21:03:14 ID:tKpkyWGw
とにかく無知というものは恐ろしいね。
芸大教育の名残かどうか知らんけれどもちょっと恥ずかしすぎない?
日本にはまだ中国的なエコノミック・アニマルが生息しているようだ。


979 :7分74秒:2010/05/15(土) 04:41:25 ID:eDZZXYU8
かみさま

980 :7分74秒:2010/05/15(土) 14:04:16 ID:GMFaUw1J
中国的なエコノミック・アニマルってなに?
北京大学や清華大学ではスパルタ教育が行われているよ。
寝る暇もなくとにかく勉強させる。
学生も18時間勉強し、中学生でも日曜日も授業がある。
でも成績優秀者がどこへ行くかといえば、アメリカの大学。
『日本へ留学するのは二流、アメリカやイギリスが一流』
とか言われている。
技術発展や経済発展が目覚しいのに対して、
大学教育だけは何故か発展しない。
1日に18時間も勉強だから過労死ならぬ「過学死」も続出。
日中学生交流会では日本人学生がクラブ活動に熱中
している様子を見て中国人学生は驚くらしい。
ちなみに漢族以外にウイグル族、カザフ族、朝鮮族は
中国語と自分の民族の言語を学ぶように
バイリンガル教育を受けている。
ウイグル語・カザフ語は中央アジア語・トルコ語に似ており、
朝鮮語・モンゴル語は日本語に似ており、
外国語学ぶのに有利。学んで損なし。

981 :7分74秒:2010/05/16(日) 22:03:48 ID:XoHpVTIy
東大にも二流の中国人留学生しか来ないね。
東大の学部も研究所もレヴェルが落ちてみんな困っている。
それでこの政府の仕分けで研究費削減だろ?
学費が高すぎるし、日本語を学んでも何の価値もないね。
何せ世界大学ランキング万年20位だからね。
だれだってほんとは世界ランキング1位か2位の大学に留学するよ。
大体ノーベル賞の受賞者数に連動するらしいけどね。


982 :7分74秒:2010/05/16(日) 23:20:31 ID:i5xXxAl6
日本は学費は高くないほうだよ
MITなんかは授業料を年間3万ドル取り、平均生徒の年間出費は5万2千ドル

983 :7分74秒:2010/05/17(月) 03:03:46 ID:HWFIAKll
放送大学がえらそうに語るなよおw

256 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)