2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジャズ系作曲家

1 :7分74秒:2007/11/20(火) 12:17:16 ID:ryJhiTfj
について教えて

2 :7分74秒:2007/11/20(火) 14:32:47 ID:d5Hrvgid
ジャズ板でやれ

3 :7分74秒:2007/11/20(火) 16:39:45 ID:QAL0l9e7
日本だと水野修孝や吉松隆はジャズ風の曲をいくつか書いている。まあ、あくまでも風だという事を忘れずに。
影響程度なら、三善や間宮の曲聴いていればいくらでもあるし合唱や吹奏楽もクオリティを気にしなければいくらでもある。
海外なら、Bernhard Langやターネジあたりがジャズ的な曲を書いているし、ミッテラーも実験ジャズみたいな曲があるな。

4 :7分74秒:2007/11/20(火) 16:41:49 ID:QAL0l9e7
日本だと水野修孝や吉松隆はジャズ風の曲をいくつか書いている。まあ、あくまでも風だという事を忘れずに。
影響程度なら、三善や間宮の曲聴いていればいくらでもあるし合唱や吹奏楽もクオリティを気にしなければいくらでもある。
海外なら、Bernhard Langやターネジあたりがジャズ的な曲を書いているし、ミッテラーも実験ジャズみたいな曲があるな。

5 :7分74秒:2007/11/20(火) 17:43:41 ID:j4ySyLY9
やっぱりベニー・ゴルソンでしょ

6 :7分74秒:2007/11/20(火) 17:59:30 ID:/fG8s2q0
久保田利伸!!!

7 :7分74秒:2007/11/21(水) 01:29:03 ID:dC7d2fch
テリー・ライリーなんてほぼジャズの人。

8 :7分74秒:2007/11/23(金) 20:22:07 ID:duVgOoII
黛敏郎もでしょ

9 :7分74秒:2007/11/23(金) 22:16:00 ID:HAEyMPt/
B.A.ツィンマーマン

10 :7分74秒:2007/11/24(土) 13:58:43 ID:Pezm56B5
たとえばアンソニー・ブラクストンみたいな人はここではどういう位置付け?

>>4
水野修孝はまるっきりジャズなものもかいてるでしょ
ジャズ奏者が演奏してるくらいだし


11 :7分74秒:2007/11/24(土) 14:26:49 ID:svPOWlpu
>>10
完璧に書かれている(楽譜に定着されてる)時点で本当の意味での「完全にジャズ」とは言えないんじゃない?
ジャズっぽさをうまくコントロールしながらアカデミックな音楽と混ぜていけるのが「ジャズ系作曲家」なんじゃないかな?
ジャズの奏者がやってるからジャズ、なんていってたら武満は歌謡曲作曲家になっちゃうでしょ。
まぁ、武満の場合はゴーストライターはやってたが。
そういった意味では、テリー・ライリーや小杉武久なんかはフリージャズに含めても良い気がする。

12 :7分74秒:2007/11/25(日) 09:54:44 ID:817voH2L
>>11
う〜〜む
「この人はこう」ではなく、一曲一曲によってジャンルが違うという見方をしてはいけないかなあ?
武満徹はクラシック作曲家であるし、また別の時には歌謡曲作曲家である。


13 :7分74秒:2007/11/25(日) 14:53:38 ID:dqPX9vxF
>>11
う〜〜む
「この人はこう」ではなく、一曲一曲によってジャンルが違うという見方をしてはいけないかなあ?
黛敏郎はクラシック作曲家であるし、また別の時には歌謡曲作曲家である。

14 :7分74秒:2007/11/26(月) 18:41:05 ID:fh5YtDtv
ボルコム
カプースチン
ウィリアム・ウォルトン
しかしらん

15 :7分74秒:2007/12/01(土) 19:02:12 ID:j8/A+21f
ギャビン・ブライヤーズは?

16 :7分74秒:2007/12/14(金) 11:49:09 ID:z8NjyffG
M. ラヴェル

17 :7分74秒:2007/12/19(水) 01:08:59 ID:HYB8ydQq
レナード・バーンスタイン

18 :7分74秒:2007/12/19(水) 01:11:55 ID:HYB8ydQq
コンロン・ナンカロウ

19 :7分74秒:2007/12/19(水) 18:30:44 ID:F8H4fEa/
>>14
どこがジャズよ?w

つうか、曲にジャズ風なんてねえよ。
ジャズ風になるかどうかは、演奏方法に依って決まるのだから。

20 :7分74秒:2007/12/19(水) 19:27:40 ID:G6EbhU7o
だそうです

21 :7分74秒:2008/01/06(日) 02:12:28 ID:sujk1z28
エシュパイとかシチェドリンとか?

22 :7分74秒:2008/01/24(木) 16:34:08 ID:Sr2ZAENI
ジャズに著作権ってないの?
あどりぶフレーズぱくり砲台?


23 :7分74秒:2008/03/10(月) 23:03:33 ID:VcpNtQr2
邪頭刑殺極歌

24 :7分74秒:2008/05/12(月) 22:47:28 ID:W/aSIm94
ああ

25 :7分74秒:2008/05/14(水) 20:22:44 ID:U+uPBDfn
シュラー

26 :7分74秒:2008/05/27(火) 17:55:15 ID:x+7OWTo+
良スレ

27 :DTMER 221x255x100x130.ap221.ftth.ucom.ne.jp:2008/05/28(水) 01:40:02 ID:27QvBsGo
ニルスペッターモルヴァルとか最近ラジオでかかってるけど流行ってんの?
ベンニールの朴李じゃね?

28 :7分74秒:2008/05/29(木) 11:03:30 ID:FHZyvqUm
ライヒはECM
フュージョンに影響与えた

29 :7分74秒:2008/06/11(水) 21:31:35 ID:2h/xXplG
あげあげ

30 :7分74秒:2008/06/12(木) 06:56:57 ID:P9rsxj/U
カプースチン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm199804

31 :7分74秒:2008/06/14(土) 12:51:57 ID:uD8AHpWe
プロコフィエフとストラヴィンスキーはジャズが好きだった
そうだが、プーランクを聴くと影響をかんじる。
特に弦楽4重奏。

32 :DTMER:2008/06/16(月) 14:31:18 ID:/GPO04TW
ANTHONY BRAXTONて最近はMaxつかってんのか

33 :DTMER:2008/06/16(月) 14:43:12 ID:/GPO04TW
Supercolliderだった


34 :7分74秒:2008/06/22(日) 23:45:40 ID:owP+XPaQ
>>30
ジャズ屋がみると失笑モノなんだよな、これがw

35 :7分74秒:2008/06/23(月) 21:43:43 ID:IG5s5gx0
>>34

そんな蛇頭屋、いらねえw

36 :7分74秒:2008/06/24(火) 02:27:04 ID:52CEtHRk
プーランクに弦楽四重奏ってあったか?

37 :7分74秒:2008/06/27(金) 01:54:14 ID:TXfSpK4p
>>35
なんで?ジャズヲタじゃなくともジャズを多少なりとも知ってたら笑うしかないじゃん。
ジャズの上っ面だけ真似して書き譜w モダンな和音に田舎くさいストライドのミスマッチ、これが洒落っけなく真剣なのがまた間抜けw
こんな酷いのばっかりだぜ。同じ手合いのヤツだったらローゼンブラットの方が少しはましかな。

38 :7分74秒:2008/06/27(金) 02:36:08 ID:Wuo6QnTz
>>37
上っ面を真似というか…彼自身がJAZZやさんだからな。
アメリカのジャズとロシアのジャズは、毛色が違うから別にどっちも良いんじゃないかと思うけど。
きっと君はドイツに言ってジャズ聴いたら、あんなのジャズじゃねぇwwwwとか言うんだろうなぁ。

39 :7分74秒:2008/06/28(土) 01:48:14 ID:CnM+Ss5M
>>38
> 上っ面を真似というか…彼自身がJAZZやさんだからな。

アドリブもできないカスプー珍がジャズ屋てwww笑わすなってw

>きっと君はドイツに言ってジャズ聴いたら、あんなのジャズじゃねぇwwwwとか言うんだろうなぁ。

何言ってんのこいつw むしろ今のジャズの主流は欧州なのw
ドイツはさほどでもないがオランダ、ポーランド、フランス、デンマーク、イタリア、 etc.
カルデラッツォ、ヤンソン、ピエラヌンティ、ラージュルンド、ローゼンウィンケル、ジェシバンルーラー、大物演奏家だらけ。
無知が背伸びすんなよww

40 :7分74秒:2008/06/28(土) 04:03:14 ID:K4Cf7qxY
マイケル・トーキー

41 :7分74秒:2008/06/28(土) 10:06:54 ID:zGmS2pSO
>>38
うーむ…これはちょっとまずいんじゃ。
まあね、カプースチンはクラシックしか知らない人にとっては斬新なのかも知れないが
ジャズを知ってる人が聴くと凄く古くさいし垢抜けない、とはいえジャズの書法はある程度は身につけているので
このスレタイには沿ってると思うんだが「ジャズや」はちょっと無いんじゃないのw>>39の人が書いてるように
カプはアドリブできないし。自分自身でもアドリブやらない(できない)からジャズ演奏家ではないとはっきり言っている。
カプってハンコックやチック、モード開眼後のマッコイのような60年代以降のジャズの方法論を知らないし
ジャズ系作曲家といわれてもすごい抵抗あるんだけどね。そもそもさジャズって曲じゃなくて
それがジャズに聞こえるかどうかは演奏の内容に依存するんだからこんなカテゴライズおかしいんだよ。
もうひとつ付け加えるとカプの演奏はもちろんジャズではない。ジャズを知っているとどう聴いてもジャズには聞こえない。
あんな頭ノリのジャズはありませんw
それからロシアのジャズ、とか言ってるけどカプが往年やってたのは古き良きあめりか〜んwな前時代的スイングのビッグバンドだよ。
今の欧州のジャズとは似ても似つかないものだよ。39の挙げたのを少し聴いてみて認識不足を改めたらどうだろうか。
あとエンリコ・ラヴァとかケニー・ホイラーとかさ。


42 :7分74秒:2008/06/28(土) 11:46:54 ID:zNSNacKt
上にも出てるけど、ラーシュ=ヤンソンはどう?

43 :7分74秒:2008/06/28(土) 21:28:18 ID:CnM+Ss5M
>>41
> あんな頭ノリのジャズはありませんw
これ一行でいかなる講釈も吹き飛ぶ説得力があるなw

>>42
ゲソヲソとしては聴いたこと無いから分からん

44 :7分74秒:2008/06/29(日) 00:56:48 ID:/cjU30wJ
>>42
ヤンソン、なかなかいいね。
http://jp.youtube.com/watch?v=acTMaNSvPyA&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=oZCS5q9U7gM&feature=related


45 :7分74秒:2008/06/29(日) 01:03:56 ID:rT1Qd7vv
カプが即興できないというのは何かソースが有るの?

個人的に思うことだけど書き譜はある意味アドリブより辛い作業じゃないかと思う。

46 :7分74秒:2008/06/29(日) 01:53:53 ID:XM8McdBM
カプースチンのインタビューはネット上にも溢れてるから検索して読んできたら?
そもそもさ、いわゆるジャズのアドリブが演奏できるなら、
「ジャズの書法」で予め書き上げた「アドリブソロ」を譜面通りに演奏するって方向に行かない。
アドリブできるのであればそれがいかにナンセンスなのか分かるはずだから。「書いたソロ」はその時点でアドリブではない。

>個人的に思うことだけど書き譜はある意味アドリブより辛い作業じゃないかと思う。
ん??書き譜ってどういう意味で言ってるの?
普通は「あるコード進行を下地にメロディやハーモニーを予め書いておき、それを演奏する」ことを指すんだが。
それと、コード進行を下地にメロディやハーモニーを即興で演奏することの比較なら、疑う余地無く当然後者の方が難しいよ。
前者は事前にいくらでも作り込むことができ、何度でも練習が出来る。
いわゆるコルトレーンチェンジのような難易度の高い進行でも書き譜ならば初心者でも創作できるし演奏もできる。
即興ならば初心者では手も足も出ないはず。
そもそも辛い作業なら皆が挙ってやるよ。面白くない、意味がないから誰もやらないんだよ。
「予め書かれたものをクラシック音楽のようにいろいろな演奏家が譜面通りに演奏する」とか
いわゆる作曲つまり主題を創作することを「書き譜」と言ってるなら即興演奏の比較対象としては全く相応しくない、ナンセンス。
どっちにしても>>45の言ってることは意味不明。


47 :7分74秒:2008/06/29(日) 01:57:40 ID:XM8McdBM
改めて>>38を読んでみたが、これって相当にガクブルものの恥ずかしい発言だな…
ジャズを知らない人がジャズを知ってる人相手にジャズを語ってるって絵でしょ。


48 :7分74秒:2008/06/29(日) 02:36:34 ID:va8330vX
ようするにカプースチンの音楽は彫刻に対するCAMみたいなもの
工作機械の扱いは一流なので、彫刻家の手彫りの作品と比べたら仕上がり自体は綺麗。
彼はもともと西洋風の像をCAMで制作するのが本業であった
いつしか魅入られた仏像ばかりを制作するようになったのだが
本職の仏師達の美意識とはかなり乖離しており、彼らの嗜好とはどうも相容れないようだが
仏像に明るくない連中の目は欺けている状態。
果たして彼を彫刻家、仏像彫りのスペシャリスト仏師と呼べるのか?否。
CADで形状データを作成してる時点で彫刻家とは呼べんw

彫る楽しみを知った彫り師が、CAM使って手彫りを凌駕しようって発想にはならない
こんな感じかw

49 :7分74秒:2008/06/29(日) 03:16:23 ID:rT1Qd7vv
46
そうだね…自分が『辛い』というのはその『作りこむこと』だと思うんだ。
書き譜とアドリブが違うのは勿論把握しているよ。
自分はどちらかというとクラ畑の人なんだけれど、
幾らでも分岐のある音のパターンの中から『これだ!』という音を根詰めて選んでいく、
それがクラシックの作曲家のやることだと思っている。(カプもおそらく、そのタイプの作曲家)
自分が書いた『譜面』まで含めて一つの作品、ぐらいに思ってるかも知れない。

もちろん適当に音を選んで書いていくだけならそれこそ『即興的』であり気楽だろうし敷居も低いだろうけど、
あくまで一つの堅固な作品とすべく、自分が想像しうる限りの可能性を検討したうえで音を絞り込んでいく、
そういう作業の意識とかって書き譜やるときに無いかな?
そうなると結構時間と労力は要りそうな気もするけどなぁ。。

自分も即興大好きだからしょっちゅうピアノで遊ぶ(ジャズもどきを含めて)んだけど、
ある意味一発勝負、覚悟こそ要るがその一瞬で終わるアドリブの方が、個人的に気楽な気がしちゃうんだよね。
もちろんアドリブの偉大さも解るよ。ジャズの巨人達の演奏には奇跡としか思えない物も沢山あるし、
書き譜でもこんなのは作れないなぁなんて思うこともざらにあるし。
特にクラシックの記譜だと複雑な連符のオンパレードになるところを、
それだけじゃ伝わらない要素までも含めて一瞬で明確に示せたりするよね。
ああいうのは本当凄いと思う。

>コルトレーンチェンジのような難易度の高い進行でも書き譜ならば初心者でも
流石にそれは出来ないんじゃないかなぁ…音楽理論とかきちんとやってれば別かも知れないけれどさ。
まだ和声理論とか習っていない昔にそういうの作曲した事あるけれど今考えるとなんじゃこりゃなレベルだったよ。。。


とりあえずそういった試行錯誤を沢山やって思ったのは、確かに書き譜の作曲にアドリブみたいな
フレーズは向かないかもなぁ、とは思ったかもね。そういう意味では46に同意する部分も有るよ。
幾らでもパターンが作れるアドリブ的フレーズの中から至上の一つだけを取り出す、
というのはやはり苦しいし結局そういうことをする意味が有るのか、ってなってしまう。
でも個人的には将来的にそういう部分も突き詰めて行きたい気もするんだよね。。

そういえばカプを聴いていてあまり16分音符の羅列とかが見られない事も多いことから、
彼も結局『作りこむ作曲』に向いた音型を選ぶようになったのかも知れないね。

ところで一つ彼の良いところだと思うのはやはり基盤がクラ畑なのか臨時記号の書き方が適切だと思う所。
アドリブ主体の本場ジャズだとどうしても楽譜はメモという認識になるだろうし、
市販のアドリブコピー譜とか見てると結構臨時記号の書き方に違和感を覚えたりする。
ここは本当に個人的な、でも大切なこだわり。

50 :7分74秒:2008/06/29(日) 03:35:40 ID:va8330vX
長文乙だが、その比較自体無意味って事、分からんかね。
しかも幾多のジャズの巨匠達の即興演奏よりはるかに退屈な
カプースチンの書き譜との比較論から始まってる話だし。

> 自分も即興大好きだからしょっちゅうピアノで遊ぶ(ジャズもどきを含めて)んだけど、
> ある意味一発勝負、覚悟こそ要るがその一瞬で終わるアドリブの方が、個人的に気楽な気がしちゃうんだよね。

あんたがイディオムを知らないレベルだから気楽なんだろ。
ジャズ屋の演奏するものは即興であることが大前提で
当然即興演奏そのものを評価されるのだから気楽なわけがないだろうが。
即興だからヘボい、一瞬で終わる、とかが免罪符にならんの。


51 :7分74秒:2008/06/29(日) 08:24:28 ID:GW9E6AOi
出来ない奴が「ジャズ」に憧れちゃってるだけだろ。
カプースチンもそうだろう。
こういう場合その道でやっている連中からみるといつも痛々しい。

52 :7分74秒:2008/06/29(日) 11:46:56 ID:XM8McdBM
>>48
なかなか上手な比喩だね。
でもカプってインタビューで自作の曲を「この作品は紛れもないジャズです」って
言ったりしてるよね。(ジャズ演奏家ではない、とは言ってるのがまだ救い)
完全に勘違いしている。ジャズと標榜する以上、必ず即興が必要だよ。
彼の曲を演奏してジャズを弾いたつもりになってる人って希にいるけど
冷凍ピザをチンしてイタリア料理のコックを名乗ってるようなものだね。

>>49
> そうだね…自分が『辛い』というのはその『作りこむこと』だと思うんだ。

ジャズにおいてもパーツ、パズルのピースは作り込みするんだよ。知らなかった?
何も無いところからは何も出てこないよ。ごく希にそんなことをする必要ない天才がいるけどね。

> そういう作業の意識とかって書き譜やるときに無いかな?
> そうなると結構時間と労力は要りそうな気もするけどなぁ。。

それは分かるけど、だからそれをなんで即興と比較するの?比較する対象じゃないでしょ。
君の書き込みってクラシック(ゲソ)>>>ジャズの優位性を説きたい、という意図がウラに垣間見えて嫌なんだよね。

> >コルトレーンチェンジのような難易度の高い進行でも書き譜ならば初心者でも
> 流石にそれは出来ないんじゃないかなぁ…音楽理論とかきちんとやってれば別かも知れないけれどさ。
え、ジャズの練習者は理論を学んでるってのが大前提だよ。さっきも書いたけど一部の天才以外(ry

> ところで一つ彼の良いところだと思うのはやはり基盤がクラ畑なのか臨時記号の書き方が適切だと思う所。
これ読んでもやっぱり君の書き込みってクラシック(ゲソ)>>>ジャズの優位性を説きたい、という意図が(ry
ちなみに最近のジャズ屋さんでクラシックを学んでない人なんて探す方が難しいよ。

53 :7分74秒:2008/06/29(日) 11:56:49 ID:XM8McdBM
>>51
自分がカプースチンを好きになれないのは音楽性もさることながら
ジャズを習得しているみたいな物言いが気になるから。
「ジャズを知らない人が私の譜面を弾いてもジャズにはならない。
ジャズを弾くにはスイングが必要です」とか。
いや、あんたのにはその「スイング」が決定的に不足してるんだけどw
ジャズの語彙を取り入れたゲソヲソ、まクラシック音楽って評価、
それにご当人はどうも納得いかないようで。
それが嫌なら普通のジャズ演奏家同様に主題部は書いた曲をそのまま使って
ソロの部分はそれをモチーフに即興演奏すればいいだけの話だよ。



54 :7分74秒:2008/06/29(日) 18:17:59 ID:Vw7zQHzu
みんなカプースチンが好きなんですね。
わかります。

55 :7分74秒:2008/06/29(日) 19:33:02 ID:OG12NPpc
カスチンチンがどうしたって?

56 :7分74秒:2008/06/29(日) 22:11:01 ID:XM8McdBM
>>51
しかもカプースチンの場合、あたかもその道の大家面してるからなw

57 :DTMER:2008/06/30(月) 21:05:34 ID:rxqntEB+
ラヴェルのほうが重要じゃね?
属7と属9の和声に短3度をぶつけた(いわゆるブルーノ^ト)を構造的に取り入れた始めたのはラヴェルだし
熱くなるとこ間違えてね?

58 :7分74秒:2008/06/30(月) 23:25:17 ID:IqNAAsHn
>>57
まずブルーノート=ジャズって認識が違う。
ブルーノートの発生はあくまでブルース。
そもそもブルーノートというのは多くの場合、例えば
9th→b3rd→9th→root 等のモーションの中で使ってはじめてブルーノートとしての効果がでるし
示唆が出来る。単独で登場してもそれがオルタード派生のものかブルーノートなのかは特定できない。
クォーター程度音程が上がってたりすると明示的にブルーノートと呼べるかも知れないがね。
よって君の説は適当じゃない思うがな。
ラヴェルのその部分がどこかはおれは知らないがよければ実例を出してほしい。


59 :7分74秒:2008/06/30(月) 23:37:09 ID:IqNAAsHn
>>57
言うまでもないと思うが短三度の音、#9と同じノートは
コンディミ、ホールトーン、オルタードからも導けるから。
さらにしつこく突っ込むと、ブルーノートスケールというのは極論すれば長調、短調、と似た概念で
コードスケールじゃない。よって属7和音に対してはIの和音をルートに採った
ブルーノートスケールが適応される。つまりハ長調だと仮定すると
短三度はミbの音で属7に対してはb13になる。
Vに対してコードスケールのようにそれを主音とするブルーノートスケールをあてがうことはしない。


60 :7分74秒:2008/06/30(月) 23:51:42 ID:IqNAAsHn
何だよ…今HNみて気がついたがこんなスレ立てられてる叩かれ固定なのか…
演奏できないのにネットやら本で付け焼き刃の音楽ネタ仕入れて
知ったかネタを披露するだけの机上君ですね。言うだけ無駄だった(^_^;

【イルカマーへの嫉妬】 DTMER 【オメガポイント大好き】
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1212915009/

61 :DTMER:2008/07/01(火) 09:53:32 ID:jElAn0Ym
ピストン和声のP610くらいに譜例も載ってるし上の説について文句あるならそこ見てくれよ
ぶっちゃけジャズの歴史とかはよく知らない、スマンね
ピアノは子供のころから習ってるし

62 :7分74秒:2008/07/01(火) 10:37:21 ID:cfOs2f5o
>属7と属9の和声に短3度をぶつけた(いわゆるブルーノ^ト)を構造的に取り入れた始めたのはラヴェルだし

「属7と属9の和声に短3度をぶつけた」のはいわゆるブルーノ^トじゃないことと
ブルーノートはジャズ発祥じゃないしジャズ特有のものでもないことは判ったか?
あとピストンの和声法なんて訳違いで何種類も出てるのに版元も書かずにページ数だけ書かれてもなw

それにしてもブルーノート=ジャズってイメージ持ってる奴って本当に多いんだな。ロバジョンとかマディとかライトニンは何なんだよw

63 :7分74秒:2008/07/01(火) 18:17:39 ID:mXaRjxh8
実際にラヴェルの和声のジャズへの影響力が高いことは、エヴァンス以降のジャズピアニストの和声を聴けば分かるが
ジャズ系作曲家ってのとは違うわな。
当然作曲家としての位置づけもカプースチンみたいなパチモンとは比べものにならんほど高いがね。

それはおいといて>>57はやっぱり見当違い。

>>61
> ピストン和声のP610
その譜例うpしてくれよ

64 :DTMER:2008/07/02(水) 06:22:07 ID:wXmBbRmc
はい判りました。
ttp://img1.gazo-ch.net/bbs/1/img/200807/97086.jpg
デジカメとかスキャナないんでね、携帯からだけど

65 :7分74秒:2008/07/02(水) 07:25:26 ID:R11QjDn3
ボレロにはニュアンスとしてのブルーノートがでてくるんじゃない?
半音ひきずりあげる奴。

だってガーシュウィンと同時代って事はさ。

66 :7分74秒:2008/07/02(水) 14:07:26 ID:pu3BjDJN
>>65
実際ラベルがどう解釈してるかは知らんがそれは分かる
>>64
これはブルーノートには聞こえんがな、根拠はおれには分からんが。

67 :DTMER:2008/07/02(水) 16:26:15 ID:wXmBbRmc
文句あるなら自分で読めば?手元にないなら自分の大学の図書館とかさぁ行けよ
つーか訳違いとか知らんし、普通あのカラフルな表紙のでしょう。オッサンなら古いほうに馴染があるのかもしれないけど
ジャズオタしつけー

68 :7分74秒:2008/07/05(土) 02:29:18 ID:vVyO8nxy
>>64
おお、うpありがとう。

それは感謝するけどやっぱりこれはブルーノートとは言えないね。
>>65
ラプソディインブルーだと明示的に使ってるわね。


69 :7分74秒:2008/07/10(木) 12:09:46 ID:hvjU3UIb
カプースチンインタビューって検索したらあっさり出てきたわ。
噴飯したコメントをふたつ抜粋してみた。

楽譜に書かれたものは即興じゃないってw
そしてそれを即興と思わせなければならないというのなら最初から即興でやれとw
「これは練習して覚えた」という印象を与えてしまってはいけないと思うのなら
譜面にするなってw なんですかこの人w 「w」ばっかり使ってしまったがそれほど失笑してしまったってことっす。

以下、引用↓
カ:私の作品の中には楽譜に書かれた即興がたくさんあります。
実際これは即興のようでなければなりません。即興風ですね。これが本当に即興だという幻覚を生み出さないと。
即興かそうでないかという問題は、聞く者が考えればいいですが、自然に聞こえなくてはなりません。
「これは練習して覚えた」という印象を与えてしまってはいけない。




70 :7分74秒:2008/07/11(金) 03:09:59 ID:OctC5G9l
その文章の端っこを検索かけてインタビューハケーンw
これマジヤヴァスギ。。

>大:ここ(69-71小節)でスイングをつけて弾いてらっしゃる。
>カ:ここはもうブギウギの箇所ではないので。ブギウギのところではスイングは要りませんが、ここはもう絶対に要ります。

この書き方だとバウンス=スイングと思ってるらしいな。完全な誤認識w

>大:実際に楽譜をお持ちしました。24のプレリュードとフーガから。3番、5番、8番。5番はバッハにすごく作りが似ているように思います。
>カ:え?ジャズでしょう?どうして似ていますか?

即興ないのに何でジャズなの?w
赤いきつねにお湯入れて4分経って、これは手打ちうどんです、って言ってるみたいなもの?
馬鹿じゃんw


71 :7分74秒:2008/07/12(土) 00:03:08 ID:AuaRhfnM
フリードリヒ・グルダってどう?

72 :7分74秒:2008/07/18(金) 18:10:28 ID:1M40OC/T
偉大なグルダさんもジャズじゃお笑いに過ぎませんでしたね…
ジャズの本質をよく理解していたって点ではカプースチンより全然良いっすけどね。

73 :7分74秒:2008/07/23(水) 09:22:34 ID:FzxITJ7I
ジャズは即興でなければならないって当たり前の事を理解できないカプースチンってもはや池沼だなw

74 :7分74秒:2008/07/24(木) 03:04:28 ID:4NJsAxif
>>73
じゃあなんだ?
オーネットとかブラクストンとかジョンゾーンはジャズではないとでも言うのか?

75 :7分74秒:2008/07/24(木) 11:43:50 ID:cdmVcqS7
>>74
お前バカ?意味分かってんのか?
お前の挙げた三人はジャズは即興でなければならないって当たり前の事を理解できて実践してるじゃないかw

それでも敢えて答えてやるが前2人はドジャズ。メインストリームのジャズ。
オーネットの音楽にはちゃんとイディオムがあるし、ブラクストンはトラディショナルな
ジャズもプレイできるジャズ演奏家だ。パーカープロジェクトを聴いてみろ。
ジョンゾーンはジャズの語彙を知らないからジャズとは認定できません。
ジャズのイディオムを知らない人の即興演奏はフリーミュージックではあるかも知れないが
フリージャズではないw


76 :7分74秒:2008/07/25(金) 00:45:46 ID:bb6a30hb
>>74の突っ込みはおかしいだろwどう考えても。


77 :7分74秒:2008/07/25(金) 09:06:29 ID:tzM43XDl
じゃあジャズは即興でなければならないって当たり前の事を理解できないカプースチンも池沼
この日本語を理解できなかった>>74も池沼。それで丸く収まるんじゃね?? (^^)


78 :7分74秒:2008/07/25(金) 11:20:39 ID:HTiHV2QW
ジャズは別に即興じゃなきゃいけないわけではない。

79 :7分74秒:2008/07/25(金) 20:01:29 ID:bb6a30hb
>>78=ジャズと縁もゆかりもない妄想狂

80 :7分74秒:2008/07/28(月) 01:06:36 ID:FQ1KoRd1
>>78
知らないなら語らない方がいいよ。恥ずかしいわ。

81 :7分74秒:2008/07/29(火) 23:06:50 ID:3jg5pKp1
何かアホが沸いてるね

82 :7分74秒:2008/07/30(水) 03:01:02 ID:ylVhd5bE
74=78のアホっぷりは宇宙レベル。

83 :7分74秒:2008/07/30(水) 03:55:52 ID:L8xmE8yG
「ジャズ的」だったら即興なくてもいいわけよ。
それで素晴らしい現代音楽もいくつもあるわけで。
それを「正真正銘のジャズだ!」とカプースチンがのたまうからおかしくなるんだよ。

84 :7分74秒:2008/08/02(土) 01:17:44 ID:WugSA4u1
全くだ
「スイングをつけて弾く」というクダリだけでも、いかにカプ氏がジャズを理解してないかよく分かるしな。

85 :7分74秒:2008/08/04(月) 00:17:02 ID:DclzVal9
しかし何でそんなジャズであることを強弁するかね
ジャズとゲソオソを上手く取り混ぜて全く新しい音楽を作ってやったぜ!
って語り口の方が利益あると思うんだが。


86 :7分74秒:2008/08/04(月) 02:08:51 ID:K7kfCRxs
カプースチン製麺所の親爺の話
「実際これは手打ちうどんのようでなければなりません。手打ちうどん風ですね。これが本当に手打ちうどんだという幻覚を生み出さないと。
手打ちうどんかそうでないかという問題は、喰う者が考えればいいですが、自然に味わえなくてはなりません。
『これは機械製麺だ』という印象を与えてしまってはいけない」

これよく分かりませんね。
別に味自体が悪くなきゃ機械打ちでもいいと思うんだけど。でもたとえ美味くても機械打ちは機械打ち。
たとえ不味くても手打ちうどんは手打ちうどん。手で打ってるから手打ちなんであって機械で打ったって手打ちにはなり得ない。
なんでこの人はそんなことも分からないんでしょうか。不思議です。
そのうえこの製麺所の「手打ちうどん」って機械打ちのうえに、うどんとは似ても似つかない代物。
明らかにうどんとは別の麺であるのが由々しき問題なんです。。食えない味ではないんですけどね。
うどんだと思わなければ悪い食いもんじゃないですw

87 :7分74秒:2008/08/10(日) 13:03:02 ID:Mw9qtWMx
age

88 :7分74秒:2008/08/12(火) 09:26:28 ID:Zg3KRDUK
アレンジと演奏方法でジャズぽくなるかどうか決まるのに
「ジャズ系作曲家」なんて概念成り立ちませんわなw

89 :7分74秒:2008/08/12(火) 09:28:21 ID:Zg3KRDUK
脊髄反射して書いてしまったが、その後上から読み直して>>38読んで爆笑したw


90 :7分74秒:2008/08/14(木) 15:00:54 ID:aHH3BczU
>>38の間抜けっぷりは本当に歴史的だな。


91 :7分74秒:2008/08/21(木) 20:01:51 ID:aw2XNaEm
 

92 :7分74秒:2008/08/27(水) 22:33:01 ID:dj5c0Q33
 

93 :7分74秒:2008/09/04(木) 12:23:00 ID:Snh7MibJ
 

94 :7分74秒:2008/09/10(水) 01:44:29 ID:C4O8pW6C


95 :7分74秒:2008/09/21(日) 09:14:38 ID:DZV3bX0m
age

96 :7分74秒:2008/10/02(木) 22:38:37 ID:jzgt441/
 

97 :7分74秒:2008/10/14(火) 10:25:10 ID:DgZOYWBT
良スレ

98 :7分74秒:2008/10/21(火) 02:22:40 ID:WyYSMQNV
山下洋輔のブルーノート研究では、ブルーノートの3度7度のフラットは
単独では判断ができなくて、横の機能的な繋がりからブルーノートとしての
機能が顕在化するようなことを言っていた。
つまり単発の3度7度のフラットはブルーノートとはなり得ず、
それらがあつまってブルーノートになる。
また、そのような音楽語法上にできた単発の3度7度のフラットはブルーノート
とみなされるってところか。

それから、例えばビル・エバンスの完全コピなんかやったけど即興じゃないけど
即興に聞こえるわけだか、つまりへたな即興より再現性のある即興の方が
音楽的であり、また即興ではできない技巧的作品もできるわけだ。
自分もそのような理由から作品を作っているのだが・・・
それがジャズであろうとなかろうと、そんなの関係ねー・・・

99 :7分74秒:2008/10/22(水) 05:51:48 ID:Ic8R5lLm
山下洋輔は大嫌いだが、その考え方自体は道理。
直感的には皆分かっていることだがね。

後半の日本語は少々怪しいがw
「再現性のある即興」は既に即興ではないし。
カプースチンも書き譜を「即興にきこえるように演奏しなければ」とか言ってたけどナンセンスだねぇ。



100 :7分74秒:2008/10/23(木) 15:50:43 ID:WKr42Br0
http://jp.youtube.com/watch?v=WSH9sVjpy8g
メシアンの即興

誰か解説してほしい・・・・・

101 :7分74秒:2008/10/23(木) 18:12:38 ID:ZqJJO1m9
クロード・ボリング

102 :7分74秒:2008/11/02(日) 00:49:25 ID:UIe1YFnr
良スレ

103 :7分74秒:2008/11/02(日) 12:48:26 ID:2WmRDpRK
てか、あのパチモン臭いのがカプースチンの魅力じゃねえか!

104 :7分74秒:2008/11/16(日) 03:13:10 ID:GCaqmGvC
 

105 :7分74秒:2008/11/26(水) 20:54:47 ID:mkMVfudF
 

106 :7分74秒:2008/12/08(月) 21:47:44 ID:eqlY2O/8
良スレ

107 :7分74秒:2008/12/20(土) 14:38:29 ID:i7ddAN8J
良スレ

108 :7分74秒:2008/12/27(土) 18:47:20 ID:8AiKW2oV
 

109 :7分74秒:2009/01/05(月) 21:55:11 ID:YQbMCelp
良スレ

110 :7分74秒:2009/01/17(土) 23:56:50 ID:/dbHb9cD
良スレ

111 :7分74秒:2009/01/26(月) 16:32:15 ID:AkTiEn9T
 

112 :7分74秒:2009/01/31(土) 17:05:56 ID:HPA3K5jV
ピアノ専攻音大生が

「カプースチンなんて中身ないしわざわざ苦労してまで弾くようなもんじゃないでしょ」

って言ってたんだけど、身の程を知れと思いませんか?

113 :7分74秒:2009/02/02(月) 12:30:40 ID:UEbDO9NK
思いません。
クラシックとジャズのだめなところを融合させた三流ゲソヲソだしね。
ストライドとかウォーキング(もちろんモドキだけど)クラシックにはない
奏法もあるからエチュードとしては面白いかも知れないが、音楽としては薄っぺらい。

114 :7分74秒:2009/02/02(月) 15:36:04 ID:Y8Suj5JO
戸口純て
岡倉天心台本の「白狐」
どうしたろ

115 :7分74秒:2009/02/09(月) 04:45:06 ID:gPhLkJ+h
良スレ

116 :7分74秒:2009/02/09(月) 13:37:20 ID:qv4XsV7G
確かに「のだめ」なところならshitだな。

117 :7分74秒:2009/02/13(金) 13:14:44 ID:g/BZYQLx
そうなのか?

118 :7分74秒:2009/02/17(火) 17:49:14 ID:caEzCb1a
シュトックハウゼンの「シリウス」ってジャズだよね。

119 :7分74秒:2009/02/18(水) 09:08:34 ID:xGHvN3jL
釣り乙

120 :7分74秒:2009/02/20(金) 19:13:18 ID:ZuiaIUsV
★ Musica Elettronica Viva
"Mev 40" [4CD]
New World / NW 80675
\6500 60年代の実験的即興演奏シーンを代表するMEVは、
あちこちからリリースがあるが、これは80年代以降の
未発表の記録をまとめた珍しい内容。
特に80-90年代のものではAlvin CurranやSteve Lacyの
存在が前面に出て、実験的なクールな音からより解き放たれた感じ。
Sound Poolの激しさだけが有名になってしまったグループの、
本当の姿を知るのに格好の内容。

121 :7分74秒:2009/02/20(金) 19:34:50 ID:yM5FvVdX
Musica Elettronica Viva Mev 40: V / A
輸入盤CD3点買うと25%オフ マルチバイ対象商品です。

マルチバイ特価(税込) : ¥6,451

こちらの商品は送料無料になります!! (注釈)
ポイントについて : 100円に付き1ポイント
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3498275

122 :7分74秒:2009/02/20(金) 19:44:19 ID:yM5FvVdX
Musica Elettronica Viva - MEV 40 (1967-2007)

3 new from $51.98 (¥4,885)


http://www.amazon.com/Musica-Elettronica-Viva-MEV-1967-2007/dp/B001IAISR8


123 :7分74秒:2009/02/20(金) 19:55:21 ID:yM5FvVdX
MEV 40 (Box Set)

Artist: MEV (Musica Elettronica Viva)

Label: New World

Price: $54.95 (¥5,077)

Year: 2008
Format: CD


https://www.jazzloft.com/p-48881-mev-40-box-set.aspx

124 :7分74秒:2009/02/20(金) 19:59:54 ID:yM5FvVdX
Musica Elettronica Viva - MEV 40 4CD (NEW WORLD RECORDS
C $50.00 (¥3,730)

------------------------------------------

Postage: C $8.26
Small Packets - International - Air
Service to Malaysia

Calculate
Post to: Worldwide
Item location: Canada


http://cgi.ebay.com.my/Musica-Elettronica-Viva-MEV-40-4CD-NEW-WORLD-RECORDS_W0QQcmdZViewItemQQitemZ400021652798

125 :7分74秒:2009/02/21(土) 19:39:27 ID:w94Mjw4i
Musica Elettronica Viva
"Mev 40" [4CD]
New World / NW 80675
¥5,580円 60年代の実験的即興演奏シーンを代表するMEVは、
あちこちからリリースがあるが、これは80年代以降の
未発表の記録をまとめた珍しい内容。
特に80-90年代のものではAlvin CurranやSteve Lacyの
存在が前面に出て、実験的なクールな音からより解き放たれた感じ。
Sound Poolの激しさだけが有名になってしまったグループの、
本当の姿を知るのに格好の内容。

price:US $61.00 Buy It Now !!!!!! 値段 ¥5,580円 即決!!!!!!!!

Shipping: Calculate
Ships to: Worldwide
Item location: Garden Grove, California, United States

--------------------------------------------------------------------------------

You can also:
Bid with Bid Assistant

Get SMS or IM alerts | Email to a friend


http://cgi.ebay.com/MUSICA-ELETTRONICA-VIVA-MEV-40-1967-2007-4CD_W0QQitemZ150320464902QQcmdZViewItemQQptZMusic_CDs

126 :7分74秒:2009/02/21(土) 19:43:40 ID:w94Mjw4i

Musica Elettronica Viva
"Mev 40" [4CD]
New World / NW 80675
¥5,673円 60年代の実験的即興演奏シーンを代表するMEVは、
あちこちからリリースがあるが、これは80年代以降の
未発表の記録をまとめた珍しい内容。
特に80-90年代のものではAlvin CurranやSteve Lacyの
存在が前面に出て、実験的なクールな音からより解き放たれた感じ。
Sound Poolの激しさだけが有名になってしまったグループの、
本当の姿を知るのに格好の内容。




http://cgi.ebay.co.uk/MUSICA-ELETTRONICA-VIVA-MEV-40-1967-2007-4CD_W0QQitemZ150320464902QQcmdZViewItemQQptZMusic_CDs?hash=item150320464902


127 :7分74秒:2009/02/21(土) 20:13:54 ID:w94Mjw4i
Musica Elettronica Viva
"Mev 40" [4CD]
New World / NW 80675
¥ 5,336

60年代の実験的即興演奏シーンを代表するMEVは、
あちこちからリリースがあるが、これは80年代以降の
未発表の記録をまとめた珍しい内容。
特に80-90年代のものではAlvin CurranやSteve Lacyの
存在が前面に出て、実験的なクールな音からより解き放たれた感じ。
Sound Poolの激しさだけが有名になってしまったグループの、
本当の姿を知るのに格好の内容。

在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフト包装を利用できます。

新品3点¥ 5,336より 中古商品1点¥ 8,540より

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=music-artist&field-artist=Musica%20Elettronica%20Viva

128 :7分74秒:2009/03/26(木) 17:20:34 ID:cdi56RQi
age

129 :7分74秒:2009/04/04(土) 22:26:17 ID:LjJ8W4eF
良スレ

130 :7分74秒:2009/04/12(日) 16:44:25 ID:pHhBxoe7
良スレ

131 :8分66秒:2009/04/16(木) 00:06:37 ID:hU+j+Tgn
あなたは誰なの?

132 :7分74秒:2009/07/20(月) 01:43:07 ID:u84umFSj
あげ

133 :7分74秒:2009/07/21(火) 14:35:11 ID:Pmhzh3nW
フランツ・コーグルマンがNEOSから曲を出したりして、より現音に近づいてきたよね。


134 :7分74秒:2009/07/22(水) 23:39:48 ID:AiSDgVuj
「あなた誰?」

135 :7分74秒:2009/09/01(火) 11:32:55 ID:6YT+WSE5
良スレ

136 :7分74秒:2009/09/06(日) 21:07:01 ID:/kFADTQf
   

137 :7分74秒:2009/09/22(火) 11:38:57 ID:VN5CPKoo
保守

138 :7分74秒:2009/10/07(水) 23:02:45 ID:aw62Mz9k
良スレ

139 :7分74秒:2009/11/07(土) 20:09:04 ID:UReIK2Vp
良スレ

140 :7分74秒:2009/11/30(月) 23:45:53 ID:tJgRSLp7
良スレ

141 :7分74秒:2009/12/01(火) 02:13:48 ID:97bbo1lx
はいはい、オルガ・ノイボルトってカキコしてもらいたいんしょ?
>>あなたは誰?の人

でもジャズの耳で聴いたら、アドリブは二流以下ですよ。
コンセプチュアルなところに意味があるんだろうけど、おれドイツ語わかんねえから判断つかない。
ドイツ語と英語のバイリンガル向け作品だったら、ちゃんと英訳ライナーノート付けりゃいいのに。
前作も英訳なしのドイツ語朗読作品でムカついた。もう買わない。

142 :7分74秒:2009/12/23(水) 01:23:43 ID:PH3V/CT6
良スレ

143 :7分74秒:2010/01/12(火) 18:36:55 ID:5jX8QgvH
保守

144 :7分74秒:2010/02/22(月) 07:07:53 ID:TD/zOnAY
(´o`)<まぽんもそう思うぽん

145 :7分74秒:2010/02/23(火) 19:22:03 ID:gaB2LJqY
オルガズムノイボルドブスの輸入シーデーなんか中古屋に売っても元の値段の10分の1にもならん
むしろ中古屋の鑑定係が眉をひそめて買い取りたくないよどうしよという顔する
ゲソの需要がそういうものだという現実をしっかり見つめるべきだと思う

146 :7分74秒:2010/03/13(土) 21:36:22 ID:dRP+XdFc
あげますよっと

147 :7分74秒:2010/03/14(日) 12:50:38 ID:oghQaEev
>>145
お前すげーいいこと言った

148 :7分74秒:2010/03/14(日) 20:56:26 ID:+x12M+vr
すごい自作自演を見た。

149 :7分74秒:2010/04/10(土) 11:55:08 ID:0NfZhHaA
(´o`)<ゲソとキースで十分だぽん

150 :7分74秒:2010/04/10(土) 18:16:30 ID:EDchvvOm
「俺の音楽をジャズと呼ぶな」−マイルス・ディヴィス

151 :7分74秒:2010/05/17(月) 22:03:07 ID:HmnnjgnU
老舗ジャズ専門誌「スイングジャーナル」(スイングジャーナル社)
が6月19日発売の7月号で休刊し、約63年の歴史に幕を下ろす
ことが17日、分かった。
編集部によると、広告収入の落ち込みが主な原因という。
5月20日発売の6月号で発表する。(産経新聞)


これはジャズというジャンルが終焉なのか?
菊地さん、大谷さん、どうします??

152 :7分74秒:2010/05/23(日) 15:09:59 ID:DoFep8HV
Guillermo Gregorio いいね。 ところで名前なんと読めばいいのでしょう? グイエルモ?

153 :7分74秒:2010/05/25(火) 19:01:59 ID:HknKLuwv
ageまん

ジャズ専門雑誌なんかがいままでもちこたえたのがむしろ奇跡
東京タワーの下のロシア料理の店の近くの小さいビルに出版社あったよね

154 :7分74秒:2010/05/25(火) 19:10:15 ID:HknKLuwv
ピーター・バラカン

155 :7分74秒:2010/06/04(金) 17:06:52 ID:EcoEtE0n

サクソフォーンやsaxhornはいつまでたってもオケに入れてもらえず
ジャズやブラスバンド用の楽器になてしまった…
なのでジャズ系作曲家に期待しているところです。
ジャンゴ・ベイツのペックホ−ン(E♭テナーホーン)がたまらん。
グイエルモ・グレゴリオのCD少ない・・・

156 :7分74秒:2010/06/22(火) 09:17:32 ID:sNmmGzKt
>>151
広告料払わないと、お褒めの言葉を書いてあげないよ、というスタンスで商売してきたが
個人が簡単にCDを作れるようになったので皆インディーズ化した。粗利がでかくなったため
売り上げ枚数が上がらなくても採算が取れるようになった為、誰もこんな糞雑誌を相手にしなくなった。
広告料激減はその煽りであって、ジャズが斜陽なこととは関係がない。
ジャズは終わった、というのも間違い。なぜなら昔から終わっているから。
それにこの雑誌が潰れたということはヨイショ記事の大本営が淘汰されたわけで
むしろ業界にとっては喜ぶべき事。何しろ岩浪ってオッサンなんて音源渡す前に記事書くからねw
俺のCD2枚ともそうだったw


157 :7分74秒:2010/06/26(土) 21:48:32 ID:NltbsgOI
ジャズって70年代に死亡宣告されてたはず。
だから「お前はすでに死んでいる」のはずなんだ。


・・・なかなかジャンルというものは死滅しないもんだね。
そういやタンゴって死んでないのか?こちとら首都圏外だけど、かなりでかいレコード屋
言ってもピアソラ、ガルデル、アルフレッド・ハウゼ以外ほとんど見かけないのだが。
アルゼンチン本国では有望な新人とか出てきてるのかい?ピアソラばっかり持ち上げる
のも何だかなぁという気持ちなんだが。

158 :7分74秒:2010/06/27(日) 10:47:14 ID:XvsBl3PG
ロルフ・リーバーマンというスイスの作曲家が書いた
「ジャズバンドと管弦楽のための協奏曲」という曲があるのですが、どうなんでしょう?
なにやら十二音音楽とジャズを組み合わせたらしいですが。

159 :7分74秒:2010/07/07(水) 01:19:55 ID:rrzX5uW9
そんなスイスのマイナー作家の曲は知らないけど
ゲソの人がジャズと関わると大抵、ジャズの耳で聴いてお笑いになっちゃうんだよね。
タネジってゲソでもツマンね〜作曲家だと思うけど
ジョンスコとかピーター・アースキンとかの一流ジャズメンを引き連れて
ゲソとの融合を図ったような作品、これがまた酷い。

だからといって、ジャズの側もゲソの積み上げてった遺産を学んで活かそうって動きは
今やヨーロッパですらショボショボ(日本はほぼ皆無。あ、ジャズ系フリーインプロの流れがあるか。でもねえ…)。

160 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 10:44:49 ID:k/e6ckx1
>>158
聴いたことがないんで言うのもなんだが、アイデアとしては今さら感が満々。
十二音音楽なんて一体いつの時代の話なんだか。さらにジャズとの融合なんて半世紀前
遡ったような感覚のずれ。山ほど行われてきたことを今さら蒸し返してるような気がする。

今やスノッブ御用達のゲイジュツ音楽に成り下がってしまったジャズやらタンゴやらとの融合なんぞより、
ヒップホップとの融合を図るとか、レゲエとの融合を図るっていうんだったら聴いてみたいとは思うけど。

今さらだけどゲソもほんと煮詰まってるね。

161 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 23:45:41 ID:/kbPrC6I
あー煮えた煮えた
みんな早く食べよう

162 :7分74秒:2010/07/20(火) 18:47:49 ID:OiMDdlMQ
そりゃジャズバンドと管弦楽のための協奏曲って現に半世紀前に作曲された曲だからな

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)